メイク上手は収納上手? 「アガる!コスメ収納」



やっていませんか? NGな収納状況

皆さんは、コスメをどのように収納していますか?
私は先日、洗濯機のなかに、空っぽになった日焼け止めクリームを見つけて呆然としてしまいました。どうやら急いで棚に収納した際、下の脱衣かごに落ちて一緒に洗濯してしまったようです。この失敗の背景には、普段からの雑なコスメの扱いがありました。
思い起こせば、最近は子育てに追われ、化粧はアガるものではなく、面倒な存在にシフトしてしまったような。化粧品会社勤務時代は、コスメが愛おしくて収納や配置にもこだわっていたのに、ダメだなぁ〜と反省。そして読者への取材でも、感度の高いメイクを楽しんでいる人の収納は、コスメへの愛がひしひしと感じられるものだったことを思い出したのです。


メイクスキルより、収納スキル?

「キッチンを見れば、料理上手か否かわかる」と、いわれることがありますが、化粧もしかり。品数やブランドではなく、きちんとメンテナンスされたものが、使いやすいように収納されているかどうかは、その人のキレイさと比例するものです。必要なものが明確にわかり、最適な状態ですぐに使える状態であること。それは、メイクスキル以前の基本であり、はるかに重要な意味をもつことがあります。
たとえば、ファンデーションやルースパウダーをつけるパフは、清潔さが保たれる状態で保管されているか。すでにカピカピになったマスカラが、何本か紛れていないか。たまにしか使わなくなったチークが、奥の方に紛れてしまい「こんなのあったっけ?」と、数年後に気づいたことはないか……などなど。
「汚コスメ収納」であるほど、せっかくのコスメも、力を発揮することなく役目を終えることになるのです。


汚れ方別収納術で、キレイな状態をキープ

だからといって、わざわざドレッサーを買う必要もなければ、メーキャップアーティストのような化粧ボックスを用意する必要もありません。ただ、「どこに何があるか明確にする配置」、「清潔にすること」の2点を押さえるだけでいいのです。
おすすめは100円ショップの収納ボックスやケース。ここで重要なのは、できるだけ細かく収納すること。「マスカラやアイライン」、「ファンデーションやチーク」、「パフやスポンジ」といったように、液漏れするもの、粉散りするもの、と汚れ方が類似するもの同士でまとめることで、メンテナスが楽になります。ちなみに、お箸などを収納するための仕分けケースも、メイクブラシやマスカラといった縦長のコスメ収納に活用できます。
いかにすぐに仕上げられるかが勝負となる、朝のメイク時間。今日の自分の顔に何が必要なのか、すぐわかり、すぐに手に取れる状態なら、メイクはもっと楽しくなるはず。
皆さんも、眠っているコスメはないか、より使いやすくするにはどうしたらよいか、収納を見直してみてはいかがでしょうか。
(ビューティープランナー / 梅野利奈)
【関連記事】
ダイエットに励む前に知りたい!スタイル美人のモテルール
洗顔は「しすぎはNG」「しっかりが大切」どっちを信用する?
顔だけ古くない?メイクもそろそろアップデートの時期です!
時間と戦う女性が美を保つ「賢い時短美容」の取り入れ方
痩せるために必要なのは「運動」?それとも「食事制限」?

このページのトップへ