網膜剥離の検査法とは

視野の欠損や視力の低下は網膜剥離が進行しているサインかもしれません。網膜剥離が疑われる症状が現れたら、症状が進行する前に病院でキチンと検査してもらうことが重要です。


網膜剥離の検査(1)「眼底検査」

眼底検査は、目の奥深くにある眼底の血管や神経を見ることができるもっとも重要な検査です。「眼底カメラ」や「眼底鏡」と呼ばれる特殊な器具を用いて、網膜剥離の症状である出血や網膜裂孔(網膜に空いた孔)、出血の原因となる新生血管ができてないか調べます。
眼底の一部分だけに集中して光を当て、部屋を暗くして光に照らされている部分だけを特殊なレンズを通して観察することで、普段は見ることのできない眼底の様子を観察することができるのです。
眼底検査では、網膜剥離だけでなく「緑内障」や「加齢黄斑変性」、「動脈硬化」の進行具合などを調べることができます。さらに、眼底には脳へつながっている視神経の出入り口があるので、脳と非常に近い位置にあるこの部分の動脈の状態を調べることで、脳内の血管の状態をある程度推測することもできます。


網膜剥離の検査(2)「視野検査」

網膜剥離の主な症状の1つである「視野欠損」を見つけるための検査です。
視野欠損が起こっているとしても、多くの人は初期の段階では気づくことはほとんどありません。それは日常的に私たちが「両目」をつかって景色を見ているからです。右目だけに視野欠損があったとしても、欠けている情報を左目が補ってくれれば、脳で画像として認識される段階では情報が補われているので、多少視力が落ちたかな?と感じることはあっても、視野欠損を起こしていることに気づかないことがよくあります。
そのため検査で大切になるのは、両目ではなく片目ずつ検査を行うことです。そうすることで初期段階でも視野欠損を認識することができます。


網膜剥離の検査(3)「視力検査」

急激な視力な低下が起こっている場合、網膜剥離はかなり進行していると考えられます。急激な視力の低下が起こるのは、中心部分である黄斑部分の網膜剥離が起こっているからであり、この部分で網膜剥離が起こってしまうと失明する可能性も高くなってきます。
この段階まで網膜剥離が進んでいる場合は一刻も早く眼科を受診することをすすめます。また視力低下が急激でない場合でも、黄斑以外の部分で網膜剥離が進行している可能性もあります。特に部分的に視野欠損が起きているときは、視力低下と勘違いしやすいので、片目ずつ視力・視野検査を行うことをすすめます。

【関連記事】
痛みがないので気がつきにくい網膜剥離
網膜剥離の見え方
網膜剥離の症状とはどのようなものか
網膜剥離の予防法とは
網膜剥離の原因となる網膜裂孔とは

このページのトップへ