「釣った魚にエサをやらない」男への正しい対応6つ

付き合う前は熱烈なアプローチをしてきて、付き合ったばかりのころもすごく大切にしてくれたのに、少し経つと、途端に相手をしてくれなくなる「釣った魚にエサをやらない」タイプの男性、世の中には少なくありません。こんな男性に対し、女性はどんな対応をとれば、もっと幸せな関係を築いていけるものなのでしょうか? 男性の生態をよくわかっている女性たちに、その方法を教えてもらいましょう。

■距離を置く

・「離れていく可能性をわからせる。危機感をもってもらうため」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「距離を取る。手に入ったと思って、油断するから、そうなるので」(33歳/学校・教育関連/技術職)

「放っておいてもそばにいてくれる」と思い込んでいるから、男性たちは調子に乗るのです。「放っておいたらどんどん離れていくからね」と態度で示すように距離を取れば男性も危機感を覚えるでしょう。

■こっちだってあげないよ!!

・「こちらもエサをやらない。すり寄っていっても調子に乗るだけだから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「こっちもエサをあげないこと」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

自分はエサをやらないくせに、彼女のほうからはどんどんエサをもらっている、そんな男性も多いでしょうね。甘やかす必要はありません。エサをもらえないなら、自分もやらない、と頑固な姿勢を取ることも効果的です

■ほかの男性の存在をにおわす

・「ほかの男の影をにおわす。言い寄られてそっちに行きそうな雰囲気を出すと焦り出してエサをやりはじめるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ほかの男と遊んでいるのを暗ににおわせる。逃げると思うとまたエサを与えはじめるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

浮気をしろ、というわけではありませんが、「あなたのほかにも異性はいるんだからね」と知らしめる行為は効き目があるでしょうね。実際、エサをくれない彼よりも、素敵な男性がいるのなら、そちらに乗り換えてもいいのです。

■自分の時間を作る

・「自分も相手に依存せずにひとりで過ごせる趣味や時間を作って、ひとりでもやっていけるアピールをする」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「その人にあまり依存しすぎず、自分の生活を楽しむようにする」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

彼との時間ばかりを自分のメインに据えてしまっているから、心が苦しくなるのかもしれません。自分の趣味の時間、気の合う友人との時間を優先的に取っていけば、彼の態度も気にならなくなるでしょうし、次第に彼も焦るはず。

■尽くしすぎない

・「尽くしすぎないこと。男は尽くされるのが当たり前だと思うようになるから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

愛しているから尽くしたい、という気持ちもわかりますが、尽くすばかりで少しも見返りがないと、心はぐったり疲れてしまうもの。だったら、尽くすのを一度やめてみればいいのです。恋人の態度が変われば、彼も少しは自分の非に気づくでしょう。

■浮気するよ!!

・「たまに浮気をするぞと脅してやることが効果的だと思う」(25歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「あまりないがしろにされるようなら浮気をするからと脅してやること」(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

「異性の存在をちらつかせる」ことよりも、もう一歩進んだ行為ですね。「浮気をしてやる!!」と公言されて、何もアクションを起こさない彼ならば、ちょっと今後のことを考えたほうがいいかもしれません。

■まとめ

「釣った魚にエサをやらない」男性は、恋人に対しての愛情と誠実性に欠けている、とも言えます。本当に女性を愛していて、大切にしているのであれば、それなりの行動を起こすはずですからね。エサをくれるように自分が行動を起こすこともいいですが、あんまりにもひどい態度の彼ならば、自分の幸せのためにも、ほかの男性を探すこともひとつの方法かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~2016年10月11日
調査人数:102人(22~34歳の社会人女性)

関連リンク
恋愛心理学講座 第42回「釣った魚に餌はやらない?」
扱いザツすぎ!釣った魚に餌をやらない男子の特徴・5選
釣った魚にエサはやらないって本当!? 付き合ったら変わった「豹変彼氏」の特徴12選

このページのトップへ