集団体恐怖症について知りたい! 原因から詳しい症状まで大特集

集団体恐怖症という言葉を聞いたことがある人もいれば、初めて聞く人もいることでしょう。

一体、集団体恐怖症とはどのような症状があるのでしょうか? ここでは、症状から改善方法まで詳しく紹介していきます。

要チェック項目


□ブツブツしたものを見るのが怖い恐怖症
□病気や精神疾患ではなく恐怖症の1つ
□進行すると重症化するケースもある

集団恐怖症って何ですか?

集団体恐怖症は、たくさんの物質が密集したものを見ると気持ち悪くなったり、吐き気を促す症状です。

とくに、ブツブツとしたいちご、カエルの卵、水玉模様、蓮の実、水玉模様などを見ると症状が出る人が多くいます。

ですが、集団体恐怖症は病気や精神疾患には含まれていません。また、同じ集団体恐怖症の人でも、軽い症状の人から重い症状の人までいます。

軽い症状ですと、あまり生活に困ることはありません。

しかし、症状が進行しますと見えるものすべてが集団体に見えてきて生活するのが困難になったり、うつ症状を引き起こす人も中にはいます。

集団体恐怖症の原因として上げられるものは何ですか?

過去のトラウマ


集団体恐怖症は、生まれつき持っているものではなく何らかの出来事がきっかけで発症することがあります。

とくに幼少期などに、ありの集団を目撃して気持ち悪く感じた、皮膚病のブツブツを見て恐怖を感じた、などがきっっかけになっている場合があります。

幼少期の悪い思い出が、脳に集団体を危険と捉えるようになり、大人になってからも集団体を見ると体調を崩すなどの自覚症状が出てしまう人がいます。

コラージュ画像など


最近では、インターネットを使うことが多くなりました。しかし、インターネットを使うことで見たくもない画像や映像を見てしまうことがたまにあります。

その中には、悪意を持って作られたコラージュ画像や恐怖心を煽る画像があります。そんなたまたま見かけた画像によっても集団体恐怖症は発症してしまうことがあります。

集団体恐怖症の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

恐怖や不安を感じる


集団体恐怖症の中でも1番軽度な症状で、集団体を見ると思わず目そむけたり、近づくことができなくなったりする症状です。

画像などの場合は見ないようにすれば良いですが、日常的にあらゆるものに反応してしまうようになると精神的にもきつくなります。

かゆみ


集団体恐怖症を発症した時に、かゆみが出た人は集団体を見る度にかゆみを伴う場合があります。

かゆみが出なくても、体がむずむずして落ち着かなくなるなどの症状が出る場合もあります。

吐き気やめまい


集団体を見ると恐怖を感じて、心拍数が一気に上がってしまうことがあります。心拍数が一気に上がると、吐き気やめまいなどの症状が出る場合があります。


集団体恐怖症を改善するためにはどうしたら良いのですか?

まずは1つの円から見る


集団体恐怖症は、集団体に慣れることで症状を改善することができる場合があります。無理なく自然に集団体に慣れるためには、まずは1つの円から見ていくことです。

そして、1つずつ円を増やして見ていきます。これを繰り返し行うことによって、目と脳が集団体に慣れてきます。

目と脳を集団体に慣れさせることは、集団体恐怖症を改善して克服するのにとても有効とだ考えられています。

集団体を避ける


インターネットなどの画像や動画には、悪意に作られた集団体があります。とくに、コラージュ画像などの検索には避けるようにして下さい。

閲覧注意と書かれた画像やサイトも、見ないように注意しましょう。また、日常にある集団体に恐怖を感じた場合は、なるべく目に入らない場所に移動するようにすると良いです。

もし見てしまった場合には、目をそらす、目をつむるなどして集中的に見ないように心がけることが症状を改善 するためにもとても大事です。

原因を知ってとらわれを無くす


集団体恐怖症の人は、同じものを見て恐怖を感じるものもあればそうでないものもあります。人によっては、蜂 の巣を見た時だけ症状が現れる場合もあります。

その場合は、なぜ蜂の巣に恐怖を感じるのか原因を掘り下げ ていくのも1つの改善方法です。

原因を掘り下げていくと、命の危険ではない、大した理由ではないということが分かってくるかもしれません。ちゃんと自分の原因が分かり理解すれば、恐怖の対象から徐々に外れていき症状が改善されることがあります。

集団体恐怖症を1人で抱え込まないで下さい
今まで集団体恐怖症を知らなくて、後からそうだったのかと気づく人もいます。なかなか周りに理解されなくて辛い思いをしている人もいることでしょう。

しかし、最近では集団体恐怖症が広まりつつあります。ぜひ、周りと協力しながら改善を目指し、ひどい場合は精神科にも頼ってみて下さい。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
日本人に多い!? 対人恐怖症の原因・症状をチェックリスト共にご紹介
痴漢にあって以来、怖くて怖くて...。悲しき後遺症、「男性恐怖症」の真実。
人前に立つと顔が赤くなる...赤面症になりやすい5つのタイプ

Doctors Me 10/16

このページのトップへ