毎日洗ってるのに…肩が「フケ」だらけ!秋に頭皮が荒れる悪習慣3つ

乾燥が気になるこれからの季節、それは肌だけではなく頭皮も一緒。頭皮が乾燥すると様々な悩みがでてきます。その中でも“フケ”は、暗めの服を着ると目立ったり、不潔な印象になったりしますよね。
毎日シャンプーをしていても、どこからともなく湧いてくるフケ……。
今回は時短美容家の筆者が、毎日シャンプーしていても頭皮が荒れてしまう悪習慣を3つご紹介していきましょう。
 
■1:1日に何回もシャンプーする
フケが気になるからといって、夜も朝も……と1日に何度も髪をシャンプーで洗っていませんか?
洗いすぎは地肌の必要な油分を奪ってしまうので、かえってフケの原因になることがあります。さらに、油分の過剰分泌などターンオーバーが乱れてしまい、フケを引き起こしてしまいます。
ジムやヨガに通ってい方は、汗をかきシャンプーの回数が増えてしまいがちですが、ぬるま湯でゆすぐだけでも汚れは落ちます。シャンプーは1日1回で十分です。
 
■2:爪を立ててゴシゴシ洗っている
シャンプーするときに、爪を立ててゴシゴシ強く洗うとフケの原因になります。
乾燥した頭皮は痒くなる場合もあるので、ついゴシゴシと洗ってしまうことも。しかし頭皮は、とてもデリケート。爪によって傷つき、さらにフケを悪化させる要因になるケースもあるのです。
シャンプーでは指の腹を使って、マッサージするように優しく洗いましょう。そうすることで、頭皮の新陳代謝を促し、正常なターンオーバーに戻してくれる効果が期待できます。
 
■3:フケを目立たなくするためにオイルやワックスを大量に使う
フケが目立つと、乾燥しているからだと思ってしまい、ヘアオイルなどをたっぷりと使ったり、ワックスを大量に使ったりしがち。
しかし、ヘアケア剤によって頭皮に刺激を与え、フケが出やすくなる可能性もあります。オイルやワックスでベタついた頭皮は、ターンオーバーが乱れやすくなっています。
フケを抑えるためには、ヘアケア剤の使用を極力控え、頭皮への刺激を減らす意識が重要です。
 
秋冬は洋服の色が暗めのカラーが増えるので、フケが目立ちやすいことも……。
今回ご紹介した、フケを招く原因に心当たりがあった方は、頭皮のターンオーバーを正常に戻すよう意識してみましょう。それでも、なかなか改善しない場合は、速やかに皮膚科を受診してくださいね。
 

【関連記事】
秋のイメチェン…もう決めた?「秋コーデが際立つ」大人ヘア6選
紗栄子の流し前髪で…可愛く自撮り!「なりたい芸能人別」バングステク
ゲッ!「秋に白髪がごっそり増える人」危険度チェックと予防策
寝る前に塗るのはNG!? 逆効果になる「リップクリーム」の使い方3つ
タバコ吸わないのにヤバッ「顔が老ける」!魔の生活習慣3つ

このページのトップへ