AKBのキャバクラドラマ セクシー衣装が大好評

10月30日にスタートするAKB48グループ主演のドラマ『キャバすか学園』(日本テレビ)。キャバクラを舞台にAKB48グループのメンバーたちがバトルを繰り広げるというその内容が、ネット上で話題となっている。

AKBのメンバーたちがヤンキー女子高生を演じる学園ドラマ『マジすか学園』シリーズの最新作となる『キャバすか学園』。前作までは「馬路須加女学園」(通称・マジ女)という女子高が舞台だったが、今作では廃校となってしまう。そこで、さくら(宮脇咲良)、おたべ(横山由依)、カツゼツ(兒玉 遥)、マジック(木崎ゆりあ)の4人が、マジ女を救うべくキャバクラ嬢に転身する、という内容だ。

ファンが購入したCDの枚数で1位が決まるAKB48総選挙や、グループに対して「まるでキャバクラのよう」という陰口は、ある種定番化した「ネタ」のようなものだった。そんなAKB48グループがついにキャバクラそのものを題材にしてしまうということで、ツイッターでは、

「AKBグループのドラマの舞台がキャバクラとか悪い冗談にしか思えません」
「akbがキャバクラって笑いにならない距離感」

など、冷めた反応も少なくなかった。

そんななか、キャバクラ嬢を演じるメンバーたちは、ツイッターなどに作中の衣装を公開。肩が大きく露出していたり、胸の谷間が見えていたりと、かなりセクシーなものが多く、ファンからは、

「キャバすか学園見たいー! 衣装が。。みんな。。ぴちぴちのお肌が眩しい。。」
「キャバすかのメンバーの衣装すごいね なにがとは言わないけど」
「キャバすかの衣装の画像って基本、胸元がエロいんだけど、はやくドラマを見たくてしょうがない」

などと、そのセクシーさを喜ぶコメントも投稿されている。ドラマに対する期待度も一気に上昇しているようだ。

AKB48のファンたちも、キャバクラさながらのセクシーな“女の武器”にイチコロになっているようだ。
(小浦大生)

(R25編集部)

※当記事は2016年10月15日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
AKBのキャバクラドラマ セクシー衣装が大好評の【もっと大きな画像や図表を見る】

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「entertainment」に関する過去のイチオシ記事
「カワイイ女性店員に声かける」男性会社員○%
若手会社員約4割が「キャバクラ絶対行きたくない」
「パートナーがいる時の風俗利用」男たちの言い分
恋への発展を妄想する瞬間1位「飲み屋で女性と会話」
瀬戸内で「STU48」誕生に疎外感?「高知ハブられた」

R25 10/16

このページのトップへ