脱・重い女!「彼が気になるLINEメッセージ」を作るための工夫



重い女と思われたくない、でも彼とLINEをしたい。
誰しも、そんな風に葛藤したことがあると思います。今回は「うざい」「重い」そんな風に思われない、むしろ彼の心をひきつけてしまうようなLINEの送り方を、ご紹介します。

1.わかりやすい短文で送る


だらだらと長い文章で送ってしまうのはNG。返すのが面倒になるし、結局何が言いたいのか伝わらず、イライラさせてしまう恐れがあります。男性は女性と違って、あまり中身のない会話に時間をかけることは苦手な人が多いようです。
もし聞いて欲しいことや、確認したいことがあるなら、「○○についてなんだけど、○○くんはどう思う?」などなど、端的にわかりやすく送ってみましょう。返事がしやすい内容を作るほどに、彼からの返事は早く受け取れるはずです。

2.ポジティブな発言を意識する


「何度もLINEしてごめんね」など、ネガティブ発言をしないように気をつけましょう。LINEをして迷惑じゃないか、不安で確認したくなる気持ちはわかります。ですが、気を遣って言っているつもりでも、男性からすると「面倒くさい」「重い」と思われてしまいがち。
代わりに、「今日もお疲れ様!」「伝えたいことがあって連絡したよ」など、明るく前向きな発言に変えてみましょう。いさぎよい発言が好感をもたれること間違いなしです。

3.彼が夢中になっていることを引き合いに出す


彼が努力していること、夢中なことはなんでしょう?誰しも、自分の気に入っているものや、大切にしていることを認められたら嬉しいですよね。
彼が仕事で忙しい人なら、“かまってほしい”というアピールよりも、「お疲れ様、今週はどうだった?○○が忙しいって前に言っていたよね」など、“あなたの努力をしっかり見ています“ということを伝えてあげましょう。“自分に関心を持ってもらえている”ということが、彼にとっては嬉しく思えるはずです。
彼がスポーツ好きな人なら、「今日の中継していた○○の試合見たー?すっごく燃えたね!」など、一緒に喜びを分かち合ったり、情報交換をしてみるのも良いでしょう。さりげないけど、些細な喜びを共有することができるので、きっと信頼関係が育めるはずです。

4.少し時間をあけてみよう


毎日定期的に連絡をとったり、マメにコミュニケーションをとることも大切ですが、たまには思い切って間をあけてみるのも良いでしょう。男性は自分にばかり固執されたり、依存されることはあまり好みません。あなたのことを“追いかけたい”と思わせるには、適度な距離感が必要です。
「昨日は高校のときの仲間でカラオケに行っていたんだ」「旅行が趣味で、今日は遠くまで出かけるから、また帰ったら連絡するね」などなど、何かに彼のこと以外に熱中していることを伝えたり、空白の時間を作ってみて。そうやって「あなたの他にも興味がある人や、趣味がありますよ~」というのを、チラつかせる。
そうすると彼は、「誰と行っているんだろう」「自分と話しているより楽しそうだな」と、あなたのことを考えて、気になる時間が増えるでしょう。彼からLINEが来ることが増えるかも・・・?

おわりに


彼がどんなときに楽しそうに話してくれるのか、よく観察してみましょう。無理にダラダラとLINEを続けるよりも、盛り上がる瞬間を大切に、それ以外はお互いの時間を尊重することが、“重くないLINE”をするには大切なことでしょう☆(あやか/ライター)
(ハウコレ編集部)


【関連記事】
付き合う寸前だった彼から久々の連絡…その意図は?
酔っているときの「可愛い」って言葉、信用してもいいの?
今カノを超えろ!彼女持ちの男性を着実にゲットできる4ステップ
長文は絶対にダメ!LINEの返信率がアップする方法
やっぱり声が聞きたい!彼との「電話」を楽しむまでの4ステップ

ハウコレ 10/16

このページのトップへ