一緒にいるとポジティブになる!男性が考える「楽しい女性」の共通点

好きな人ができると毎日の生活が楽しいですよね。仕事にも前向きに取り組めますし、相手の趣味に影響されて、今まで聴かなかった歌手の歌を聞くようにもなるでしょう。インドアだったあなたが遠出の旅行に出掛ける、なんてこともあるでしょうから、いい意味で自分が変われることも多いもの。
おそらくそれは彼も同じ気持ちだと思います。そもそも恋愛は相手と一緒にいて、「楽しい」と感じなければ続かないものです。
そこで今回は、いつまでの良い関係でいるために、男性が付き合っていて「楽しい」と感じる女性の特徴を集めてみました。
◆本音や素顔を気兼ねなく見せられる
男性は、友達同士でお世辞を言わない人が多いもの。それこそ仕事が最優先になっている男性は多いでしょうから、「いま仕事でこんなことをしている」ということを本音で語り、そして仕事のツラさを共有し合い、それをつまみにお酒を飲むこともあるでしょう。そんな風に腹を割ったコミュニケーションから、人間関係を築いている男性は少なくありません。
つまり、付き合っている彼女に対しても同じ気持ちを抱きやすいということ。付き合い当初は恋愛で浮足立っていた彼も、交際とともにふたりの関係が落ち着いてくるので、異性としてというよりもパートナーとしての関係を望むようになってくるのです。
実際、気兼ねなく自分の本音を話せたり、素顔を見せられる相手というのは貴重。それが女性であれば、結婚相手として考えられるひとつの目安にもなるのでしょう。
友達に仕事の愚痴をこぼすように、自分の素顔を見せられるというのは、しんどい毎日を過ごしていても男性が「楽しさ」と感じる瞬間でもあるのです。
好きな人の本音や素顔は、どんな小さなことでも知りたいと思うもの。彼の仕事への理解を示し、そしてなんでも話せられる間柄を目指しながら、あなたが彼の心の拠り所をうまく作ってあげられるといいですよね。
◆一緒にいてポジティブになれる
部屋でくつろぐカップル
上記で挙げたポイント以外でも、彼が落ち込んでいる時にクスッと笑わせられたり、元気づけるためにウィットなひと言を言えることも大切。そういったこともできると、なお一層彼はあなたと一緒にいる時間が楽しくなりそうです。
でも、相手を笑わすことってなかなか難しいですよね。普段彼に冗談を言うことが少ない女性なら、なおさらです。ただ、ユーモアはその場の空気を和ませますし、相手の背中を押したり、彼の気持ちを奮い立たせたり、勇気づけるきっかけにもなります。
「さすが、将来の部長候補!」「次期社長のイスを狙っているあなたなら、絶対やれるよ!」など、ちょっと大げさにお世辞を言うのも楽しい冗談になりそう。
仕事のことなら「どうですか?先輩は……」と彼に意見を聞いてみたり、「あなたは長男だから、やっぱりしっかりしてるな~」と、さりげなく相手を立ててあげるのもいいのでは。
見え透いたお世辞は彼を白けさせてしまうかもしれませんが、本音を混ぜた冗談が言えると、男性もちょっと鼻高々になり、あなたとの話が楽しくなるのではないでしょうか。
◆フットワークが軽くて好奇心旺盛
ピクニック中のカップル
よく恋愛のドキドキは持って3年までと言いますよね。相手との付き合いが長くなると、どんなカップルも落ち着いてきて、デートに物足りなさを感じることも増えてくるといいます。いわゆるマンネリ状態ですね。
そうした状態を避けるために、刺激的なデートをすることって大事だと思います。交際においてデートって最も基本的なこと。それをきっかけにお互いのことを知ったり、ふたりの絆が深まることも多いものです。
ですので、彼が自分からあまりデートに誘わないタイプなら、あなたが積極的に「ここ行こう!」「面白そう!やってみようよ!」と、デートプランを計画してみては。
落ち着いたデートも心が癒されますが、たまにはアクティブなデートに挑んでみるのもGOOD。その姿勢が男性にいい刺激をもたらし、新鮮味を感じて「楽しい」と思えるはず。
男性のタイプによってはお家デートよりも、アクティブに体を動かしたい人も多いでしょう。結婚を意識して付き合っているなら、チャレンジ精神と好奇心旺盛なデートをすることで、ふたりの絆も深まるのでは。
男女によって楽しいと感じるポイントも若干違うでしょう。自分が楽しむこと以上に、大好きな彼が楽しめるデートをすることをちょっと意識してみてくださいね。

【関連記事】

愛だけじゃ、幸せになれない……「結婚前」に確認すべき大切なこと

恋の魔法は3年間!?何年経っても新婚気分でいられるカップルの条件

おばあちゃんの君も好き!死ぬまで「円満カップル」でいられる習慣

新事実、発見!「オタク男とリア充女」がベストカップルになれる理由

愛しすぎたらダメ!?男性に「減点」されるイタ~イ女性の共通点

このページのトップへ