片目だけ二重な場合の二重整形手術の注意点

片目だけ二重で片目は一重という人もいるかと思います。左右のバランスが悪いのは気になってしまうものです。こういった人の中には、左右のバランスを整えるために二重整形を考える人もいるのではないでしょうか。片目だけでも問題なく二重整形手術を行うことは可能です。もしも片目だけ二重の整形手術をする場合にはどのような手術をすればよいのか、注意点なども紹介します。


二重まぶたにするための整形手術の方法

二重まぶた整形には、主に以下の3つの方法があります。
埋没法埋没法による二重まぶたの整形手術はもっともリスクが少ないといわれています。費用も安く、腫れなども早く引くのが特徴。いわゆるプチ整形というものです。埋没法による二重は永久性があるわけではありませんので、目を強く擦ったりしてしまうと二重が取れる可能性があります。
部分切開法部分切開法による二重まぶたの整形手術はメスを使用します。埋没法との大きな違いはメスを使用するか・しないかという点になるでしょう。埋没法はほぼ永久的に二重を維持することができます。術後の腫れは、個人差はありますが1週間程度は続きます。
全切開法部分切開法と同じくメスを使用して二重まぶたの整形を行います。切開する部分が大きいので、目の上の脂肪を多く取り除くことができ、腫れぼったい目の人でも理想の二重を手に入れることができます。ただしダウンタイムは埋没法や部分切開法より長くなります。


片目だけの整形手術で考えられるトラブルとは

片方の目とのバランスが悪くなるトラブルがあります。片目のみの手術を行う時には、左右のバランスが悪くならないように自然な仕上がりになることを目指します。手術に失敗した場合、二重にしたにも関わらず左右のバランスが悪くなってしまうということも。目もとというのは日によって微妙に変化してしまいますので、なかなか左右対称にバランスを整えるのは難しいのです。左右同時に手術する場合にはきちんとバランスを取りながらできるので誤差を最小限に抑えることが可能です。
それ以外にも埋没法などによる手術では目に違和感が残ってしまうことがあります。糸で止める整形手術になりますので、糸は必ず目に残っている状態です。それが角膜を傷つけてしまうこともありますので目もとなどを強く擦らないように気をつけなければいけません。


片目だけの整形手術を成功させるために必要なこと

仕事で忙しい方などは時間が無いため、片目ずつ時期をずらして手術をするという人も少なくありません。もちろん、同時に手術するのが理想ではありますが時間との兼ね合いで無理な方も多くいます。もしも片目ずつ手術をするというのであれば、医師との綿密なカウンセリングが必要です。これは片目だけの手術を行うときにも同じことが言えます。もしも片目だけの手術をするときには、きちんとバランスが取れるのかなどの疑問をできる限り解決してから手術に臨むようにしてください。
(この記事の監修: アーティスクリニック 院長 / 濱田英之輔 先生)
【関連記事】
二重まぶた形成手術・整形手術の種類と内容
二重になる「プチ整形」とは?内容と料金、注意点
不安だから知っておきたい!二重まぶたの整形手術で失敗はある?
二重まぶたにする「全切開法」の特徴と術後の経過
埋没法による二重まぶた整形手術の特徴と術後の経過

このページのトップへ