タンポン初心者が知っておくべき基礎知識・注意点

タンポン初心者は、まず正しい知識を身につけることから始めましょう。


タンポンのしくみ

タンポンには、正しい位置に挿入できるよう誘導するアプリケーターが付いています。アプリケーターは白い筒と透明な筒に分かれており、透明な筒の部分は吸収体を導入するための押し出し用です。吸収体とは、膣内で経血を吸収するもの。吸収体には、取り出すときに使用するヒモが付いています。


タンポンの種類と選び方

タンポンには、アプリケータータイプとフィンガータイプの2種類あります。アプリケータータイプは、筒を押すと吸収体を正しい位置まで誘導するので、初心者でも使いやすいでしょう。フィンガータイプにはアプリケーターがなく、指だけで挿入するため、タンポンを使い慣れた人に向いています。サイズがコンパクトなので、持ち運びに便利です。


タンポンの使用時間・交換するタイミング

タンポンは、ナプキンに比べて長時間使えるのがメリットですが、1回の使用で8時間を超えないようにしてください。就寝時であっても同様です。経血量には個人差がありますが、使用時間の目安は4〜8時間です。できるだけこまめに取り替えるようにしましょう。
タンポンは便利ですが、雑菌の繁殖や感染を起こさないためにも、ナプキンと交互に使うことをおすすめします。なるべくタンポンだけを使い続けないようにしましょう。


タンポンの処理方法

使用済みのタンポンは、決してトイレに流さないでください。備え付けのサニタリーボックスなどに捨てましょう。その際、ペーパーに包んでから捨てるのがマナーです。アプリケーターはプラスチック製ですので、ごみを出すときは各自治体のルールに従ってください。


タンポンの保管方法

タンポンには特に使用期限がありません。未開封の状態で5年を目安に使い切るとよいでしょう。湿度や温度の高い場所、直射日光があたる場所を避けて、箱に入れた状態で保管します。洗剤や薬品類などと同じ場所に保管しないでください。タンポンは湿気を吸収して膨張することがあります。また、劣化破損の原因となるので気をつけましょう。
タンポンの使用方法については、『使い方間違ってる?タンポンを入れると痛い原因と正しい使い方』をご覧ください。
(この記事の監修: 札幌シーズクリニック 院長 / 大久保真 先生)
【関連記事】
洗い方は?取り出す頻度は?月経カップの正しい使い方
生理の血がおかしい?塊やドロッとした血が出る原因
【医師が監修】生理中のナプキンかぶれの予防と対処法
布ナプキンが生理痛にもいいって本当?
多い日なのに…生理の経血が少ない原因

このページのトップへ