ホントは教えたくない!絶対「メイクを崩せない日」の反則級ウラ技3つ

どうしてもメイクを崩したくないときは、あらゆる技を使ってでも化粧崩れを阻止したいですよね。
筆者は、長時間メイク直しができないときは、少し荒技を駆使することもあります。毎日使うのはオススメできないですが、「どうしても崩したくない!」ときに備え、これからご紹介する技を覚えておくと便利かもしれません。
時短美容家の筆者が、絶対にメイクを崩したくない日に使える門外不出の裏技を3つご紹介しましょう。
繰り返しますが今回ご紹介する技は、肌への負担も大きいので絶対に毎日は行わないでくださいね。いざというときの裏技にしてくださいね。
 
■1:メイク完了後にシリコン製フェイスマスクで密着
メイクが完了した後、ちょっと粉っぽく感じるときは、コスメが肌に密着できていない可能性があります。
こんな状態で、長時間メイク直しができないときは不安ですよね。
そんなときは、シートマスクの上から保湿力を高めるために使う“シリコン製のパック”をメイク完了後に被せましょう。肌の水分を閉じ込めて、メイクの“浮き”を解消できます。ファンデーションをしっかり密着させると、崩れにくい肌になりますよ。
ただし、コスメが浸透しやすいのでクレンジングはいつも以上に入念に。
 
■2:眉毛が消えないようヘアスプレーで固める
しっかり眉毛を描いても時間が経つにつれて薄くなってきてしまうこと……、ありますよね。
眉毛が消えかけている顔は、周囲の人もビックリするので、長時間メイク直しができないときは気になりますよね。
こんなときに使える裏技は、スプレー固め。メイク完了後の眉毛にヘアスプレーをシュッとして、固めるテクニックがあります。眉の毛並みを整えてから固めましょう。ホールド力があるので、時間が経っても眉メイクが崩れません。
ただし、肌の弱い方にはオススメできません。さらに、目に入らないように注意し、ヘアスプレーを使った後はクレンジングも入念に行ってくださいね。
 
■3:リップにアイシャドウを混ぜて色を長持ちさせる
知人のヘアメイクさんから教わり、筆者もいざというときに実践しているのが“グロスやリップにアイシャドウを混ぜる”方法です。
唇のシワ部分にアイシャドウの粒子が入ることで、リップの密着度が高まり、落ちにくいリップメイクが完成します。
ただし、粒子が加わることで口紅単体で使うよりも、乾燥しやすくなるので要注意。保湿だけはこまめにしてください。
また、唇のシワに粒子が詰まるので、クレンジングは入念に!
 
以上、絶対にメイクを崩したくない日の裏技を3つご紹介しました。
メイクが崩れやすい理由のひとつには、しっかり密着していないことが挙げられます。しかし、「今日だけはっ!」という日のメイクは、裏技を使ってみてくださいね。
 

【関連記事】
優秀すぎて溺愛!美容ライターが即答「人生を変えた神コスメ」3つ
10歳はサバ読める!シワを消しツヤを生む「ベースメイク」テク
明日の朝からヤメて!メイク上手でも「仕上がりが悪くなる」NG4つ
使う指と位置がキモ!今っぽ目は「指塗りアイシャドウ」で仕上げたい
3位石原さとみより!「メイクを習いたい有名人」超絶テクを誇る1位は…

このページのトップへ