パンツからナプキンが見えちゃう! 生理中、彼氏の前で“絶対やってはいけないこと”

生理中はいつもより感情のコントロールができなくなるため、彼氏といるときでも、ついいつもと違う行動を起こしがちですよね。そこで女性のみなさんに、生理のときに彼氏の前でやってはいけないことについて、お話を聞いてみました。

■イライラする

・「イライラするのを見せること。相手にも不快な思いをさせてしまうから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「イライラを全面に出すこと。ウザイと思う」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

生理中はお腹が痛くなったり、感情の起伏が大きくなってしまい、どうしてもイライラしてしまうもの。でも彼の前でそれをしてしまうと、彼に嫌われてしまうかもしれません。

■ナプキンを隠さない

・「ナプキンをじかのまま取り出してトイレに行く。デリカシーがない感じがするから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「ナプキンとか堂々と出すことかな」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

いくら彼氏だからとはいえ、生理用品を堂々と彼の前で見せるのは避けたいですよね。恥じらいを忘れているように見られてしまうかもしれません。

■下着を見せない

・「足を広げてパンツが見えるような格好はしない。サニタリーショーツだし、万が一ナプキンがはみ出ていたら女を捨てることになるから」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「パンツ一丁で歩き回る。ナプキンが見えるのは恥ずかしい」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

生理中は下着姿になると、ナプキンが見えていることもあるもの。さすがにそんな姿を見ると、彼もウンザリしてしまいそうです。

■横になる

・「一日中ずっと寝ている事。さすがに痛みが分からない人に一日寝ている姿でいたら、けんかになりそうなので。我慢して普通にふるまいます」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

・「痛いからってぐだぐだと横になっていない。だらしなく見える」(28歳/金融・証券/営業職)

生理中はできれば横になって、じっとしておくことが望ましいですよね。でも彼と一緒のときにそれをしてしまうと、彼からぐうたらしているように見られてしまうかもしれませんね。

■白い洋服を着る

・「白いスカートなどをはいて会うことはやめるべき」(33歳/その他/事務系専門職)

・「白い服を着る。血で白が汚れるから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

生理中のデートのときは、どんな洋服を着ていくかは気をつけたいもの。白い洋服を着ていくと、もしものときに恥ずかしい思いをしますものね。

■八つ当たりする

・「イライラしているのを八つ当たりすること。けんかになるから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「八つ当たりをすること。生理中は気持ちが不安定でピリピリしがちだけど、それを彼氏にぶつけるのはお門違いだから」(32歳/自動車関連/技術職)

生理中は情緒不安定になりがちなため、つい彼氏に八つ当たりしてしまうこともあるのではないでしょうか。当たられた彼氏からすると、たまったものじゃありませんよね。

■まとめ

彼氏には生理中のつらさをなるべく分かってほしいと思うもの。でも男性にはどうしても理解できない部分もありますよね。生理の仕組みについて、彼にきちんと説明をしておくと彼も理不尽な行動を許してくれるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数110件(22歳~35歳の働く女性)

関連リンク
生理中の彼女に絶対言ってはいけないこと4つ
女子に聞いた! ズバリ、生理中に気をつけていること11
コレができたらイイ男!? 生理中、彼氏にしてほしいこと4つ

このページのトップへ