きゅんっ! 女性ホルモンを増やすために女子がこっそりしてること・4つ

キレイなお肌や美しいスタイルを作り上げるために、欠かせないのが女性ホルモンではないでしょうか。女性ホルモンを活性化させることで、内面からキレイに変身したいですよね。そこで今回は女性のみなさんに、「女性ホルモンを増やすためにこっそりしていること」について教えてもらいました。

■1.豆乳を飲む

・「大豆イソフラボン(豆乳飲料)を飲むようにしている」(33歳/不動産/専門職)

・「豆乳を飲む。気休め程度に」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「豆乳を飲むようにしている」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

豆乳に含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンと同様の効果をもたらすと言われていますよね。これを意識して、積極的に豆乳を飲んでいるという女性の意見が多く集まりました。豆乳は、健康にもよさそうですよね。

■2.恋をする

・「恋をしようとすること」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「恋愛する。恋愛したら増えると思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「恋愛ゲーム。トキメクし、簡単にできるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

恋愛をすれば、女性ホルモンの分泌を促進できるかもと考える意見も。しかし、実際にはこの効果は証明されていないのだとか。ですが、恋をすることで女性がキレイになるのは事実ですよね!

■3.運動する

・「軽い運動と水分をたくさん摂る」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「体操とマッサージ」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「ストレッチ。体によさそうなので」(26歳/医療・福祉/専門職)

運動をして女性ホルモン活性化に取り組んでいる女性の声もありました。運動によって健康な体が作られれば、体内のホルモンバランスも整うもの。結果として女性ホルモンにもよい影響がありそうですね。

■4.豆腐を食べる

・「豆腐を食べるようにしている。イソフラボンが女性らしさをあげてくれると思うから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「豆腐を食べる」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「豆腐などイソフラボンの入っているものをとる」(27歳/医療・福祉/専門職)

大豆製品を食べることで、大豆イソフラボンを摂取するという声も! こちらは豆乳と同じ効果を期待しての行動なのでしょうね。

<まとめ>

女性ホルモンの増加によって、より女性らしい体になりたいと考える女性は多いはず。そのためには、女性ホルモンのバランスを整える必要がありそうです。豆乳や豆腐などの大豆製品を食べたり、適度な運動をしたり……。女性たちは美しくいるための努力を欠かさないようです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月29日~2016年9月6日
調査人数:107人(22~34歳の女性)

関連リンク
産婦人科医に聞く! 女性ホルモンが「多い女性」と「少ない女性」のちがいとは
産婦人科医に聞く! 「女性ホルモンを増やす方法」ってあるの?
色気がハンパねぇ……! 男性が思う「女性ホルモンが多そうな女性」4選

このページのトップへ