もっと働けよ!! 年収が低い彼氏への女性の本音6つ

男性の年収は女性よりも高い傾向があります。それなのに彼氏の年収が自分よりも低いと、ちょっと気になってしまう人は多いのではないでしょうか。彼氏の年収が自分より低かったときの、女性の本音を見てみましょう。

■正直引く!

・「何かの修行中みたいな感じで低いなら納得。そうでなければちょっと引く」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「引く。なんで男性なのに、女性よりも稼げないんだと疑問に思う」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

社会人同士でお付き合いするからには、それなりに稼いでいるものと思うのでしょうが、もし自分より下回っていれば正直引いてしまいそうです。

■もっと働いて!

・「ぶっちゃけ、もっと働けと思います」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「もうちょっとがんばって稼いでと思ってしまう」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

彼女だからこそ言える言葉ですよね。仕事の仕方を工夫したり、勉強をしたりして昇給するなりすれば、年収はアップするはず。将来のためにはがんばってほしいところです。

■結婚しても苦労しそう!

・「結婚後の生活に、少し不安を感じる。自分もそれほどもらっていないので、それよりも低いとなると、生活費が心配になるから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「結婚したら生活に苦労しそうでガッカリ」(33歳/その他/その他)

結婚を考えているなら、相手の年収だけで切ることはないかもしれませんが、産休中のことなどを考えると、将来に対する不安もチラつきますね。

■会社が悪いのでは?

・「お人よしだなと思う。もっと高く雇ってくれる会社に行ったほうがいいと思う」(34歳/金融・証券/専門職)

・「なんでこれしかもらえてないの? ブラックかな?」(30歳/通信/販売職・サービス系)

年収が低い=必ずしも本人の怠慢ではありませんよね。ただ、働く会社を選ぶことはできるので、彼氏にはできれば基本給やボーナスが高い会社に入ってほしいものです。

■今だけの相手にする!

・「そのうち別れる。自分の年収が低すぎるから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「未来はないなと思い、今が楽しければよし(とする)」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

彼氏の年収が低いと知って、すぐ別れることはできなくても、将来の相手としては見限る女性も。必ずしも恋愛が結婚につながるわけではありませんし、これも一つの選択ですよね。

■一緒にがんばらなきゃ!

・「二人で合わせれば何とかなるかな……と前向きに」(27歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「共に働いてお金をためてがんばっていこう」(23歳/その他/その他)

女性よりも年収が低いとはいっても、無収入でない限りさほど差はなさそうですし、これから年収が上がる可能性もあります。共働き前提なら、将来設計もできるのではないでしょうか。

■まとめ

仕事についてプライドを持っている男性は少なくありませんし、できることなら男性にはたくさん稼いでもらいたいもの。もし彼氏の年収が自分より低くても、それを不安に感じさせないような彼からのフォローがあると安心ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~2016年10月10日
調査人数:133人(22~34歳の女性)

関連リンク
男性に求める「貯金額」「年収」は!?―20代女性「年収450万円」30代女性「年収550万円」
「低収入だけど家庭的な男性」or「高収入だけど家庭的じゃない男性」結婚するならどっち?
女子必見! 男性の収入を割り出す方法3つ

このページのトップへ