あれっ…スイッチ入ってる?「男が発情しているときの態度」4つ

男性と一緒にいると、ふとした瞬間に彼の雰囲気が変わることってありますよね。もしかすると、それは彼の”発情スイッチ”がONになったからなのかもしれません。彼が発情しているのかどうか判断できれば、応じるなり逃げるなり、様々な対策が自由に取れますよね。では一体、男性は発情しているとき、どんな態度を見せるのでしょうか。

1:そわそわと椅子から腰を浮かせる
男性の心と下半身は直結しています。あなたと一緒にいて彼の心が発情したならば、その興奮は下半身へとダイレクトに反映されるのです。
ムクムクと湧き上がった欲望は、彼のズボンの中で膨らみますから、男性はその膨らみを気にしてソワソワと椅子の上で腰を浮かせたりします。
女性にその膨らみがバレないように、男性はもじもじとポケットに手を突っ込んだり、脚を組み替えたりして、興奮している下半身を隠そうとするんです。
デートの最中、急に彼がソワソワし始めたら、彼の心と身体はもうギンギンになっているのかもしれません。
誤解なのにぃ…男の「発情スイッチ」がムクムクとオンになる言動3つ
 
2:ふと無口になる
欲望が心の中で膨らみ始めた男性は、無口になります。
男女がいつまでもペラペラと喋り続けていては、”そういう雰囲気”になりませんよね。発情した男性は女性を口説くのに適した雰囲気を作るため、まずは静かな空気を作り出そうとするんです。
発情スイッチがONになった男性は、本格的に女性を口説くモードに突入しますから、急に口数が少なくなり、態度もどこか落ち着いてきます。
さっきまで笑い話などが多かったのに、急に彼が静かになった場合、それは彼のスイッチが入っちゃった証拠なのかもしれませんよ。
まさかの真実…モテる女への近道は「黙る」ことだった!?
 
3:あなたに触れようとしてくる
発情状態になってしまった男性は”あなたに触れたい”という欲望を我慢することができなくなってしまいます。
頭の中では抑えるべきだとわかっていても、発情スイッチが入ってしまった男性は、その欲望が強すぎて理性では行動を抑えきれず、目の前にいる女性を触ってしまうのです。
特にお酒を飲んだときなどは、理性がさらに弱まっているので、彼も自分の欲求を我慢しきれません。
ボディタッチの頻度が多くなったり、男性があなたの身体に触れてきたりするようならば、もう彼の我慢は限界に近付いてきています。
ビックーン!イケメンなら許せちゃう「ボディタッチの限界」4つ
 
4:語り口が落ち着く
『Journal of Nonverbal Behavior』の調査結果によると、男性がムラムラしているときの声は、普段より低い声になると言われています。
つまり、彼の声が普段よりも低くなったり、語り口が落ち着いてきたような印象を持った場合、それは男性があなたに対して欲情している兆候なのかもしれません。
確かに男性の”甘い声”というのは、どこか音域が低めですよね。語り口や声のトーンでも彼の気持ちを知ることができるんです。
彼がセクシーな声を出してあなたを口説き始めたら、覚悟を決めてください。彼は本気です。
そんなことで?男の「発情スイッチ」が入るデート中の行動3つ
 
5:女性の目を凝視する
男性が女性を本気で口説く場合、言葉だけでは気持ちが伝わりません。彼らは言葉だけでなく、目でも自分の抑えきれない気持ちを伝えようとしてきます。
発情スイッチが入っちゃった男性たちは、目をじっと見つめ、女性を”その気”にさせるために熱い視線を送るのです。
普段、あまり女性と目を合わせない男性でも発情スイッチが入っている状態ならば、堂々と女性の目を見つめてきます。本能的にそうしないと女性は落ちないということを知っているんですね。
急に彼があなたのことをじっと見つめてきたならば、それは彼の発情した気持ちが態度に表れている証拠だと言えるでしょう。
「あなたとエッチしたい!」言葉を使わずに誘惑する2つの方法
 
男性がこういう態度を見せれば、まず間違いなく彼は発情しています。彼の誘いに乗るか乗らないかはあなた次第ですが、彼の欲望ははち切れんばかりに膨らんでいるはずです。その欲望をどう扱うかは、あなた次第ですよ。
 
メディパラソルは効く?効かない?口コミで話題の効果を徹底解明!【PR】
露出できるカラダに…!? GENKING愛用の「青汁」で2週間2kg減【PR】
 

【関連記事】
「合コンの質が下がったから」…!? 男が結婚を考え始める理由4つ
自分が女になって…自分と!? 「男の不思議なエロ妄想」解説3つ
今日はもう帰っていいよ…彼が「エッチを中断したくなる」瞬間5つ
元カレのは何だったの!? 「私がついに経験した」本当のエッチ4つ
えっ…大きいのもダメ?実は知っておくべき「男が悩む下半身事情」

Menjoy! 10/14

このページのトップへ