【ガッテン!】急な減量で脂肪肝に!? 医師が教える肝臓に優しいダイエット

2016年10月12日(水)ガッテン!で放送された「まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇」では、ダイエットによる思わぬ落とし穴が特集されておりました。

なんと急な減量をおこなってしまうと、脂肪肝になってしまうといった恐ろしい事実があったのです。

そこで今回は減量で脂肪肝になるメカニズム、 肝臓に優しいダイエットについて医師に解説していただきました。

ダイエットの脂肪肝の関係性

脂肪肝


肝細胞の30%以上に中性脂肪がたまった状態のものを言います。

脂肪肝の症状


自覚症状はない場合が多いですが、過労や肩こりなどが出る方もいます。放置すると動脈硬化、生活習慣病にかかりやすくなります。

ダイエットによる脂肪肝のメカニズム


急激に摂取カロリーを減らすことによって体が飢餓状態になったと判断し、全身の筋肉や脂肪が蓄えたエネルギーを放出します。

このことによって代謝が下がってしまい、肝細胞に脂肪がたまりやすくなると考えられています。

肝臓に優しいダイエット法

番組で紹介された「半年で10kg減」のメリット


半年で10kgだと、1カ月1~2kgのペースということになりますので、もともとの体重にもよりますが、多くの方に適した無理のないスピードといえるでしょう。

医師がオススメする肝臓に優しいダイエット


やはり無理な食事制限を行うのではなく、少しずつ運動を増やしたり、甘いものや油物を控えめにして、野菜や海藻を多めにとる、といった方法が良いです。

脂肪肝の検査と治療

検査内容


超音波検査や血液検査などを行って診断することになります。

治療内容


食べ過ぎ、運動不足といった生活習慣が原因となる脂肪肝は、食事内容の見直しやエクササイズを始める、アルコールを控えるといったことでずいぶん改善することがあります。

治療期間


患者さんによっては比較的短期間で改善するケースもありますが、よい生活習慣の維持は再発を防ぐ意味でも非常に重要です。

番組で紹介された脂肪肝撃退法

運動


1日30分程度のウォーキングが有効であり、脂肪は筋肉において燃焼されることから筋肉をつけることは大切なポイントです。

食事


食事は少し減らすことが大切で、腹8分目を心がけましょう。 糖質の摂りすぎに気を付けること、また、脂質にも注意が必要です。

睡眠


最低でも6時間以上寝ることで、しっかり脂肪を燃焼することができます。また、寝る前に食事をすると脂肪がへりにくくなるので、控えましょう。

気をつけたい脂肪肝セルフチェック

□肥満である

□ほぼ毎日、お酒を飲む

□甘いものやどんぶりものが好き

□運動習慣がない

□早食い、まとめ食いの習慣がある

医師からのアドバイス
脂肪肝は比較的若い方にもみられることがあります。心当たりがある方は、ぜひ一度検査を受け、自分の肝臓の状態を確認しておきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
若者のガム離れが深刻化...見直したいガムの5つの健康効果とは
青い食器が効果的!? 「視覚」で脳をだますダイエット方法7選
生芋こんにゃくは美肌や骨にも効果アリ!医師推奨のレシピ5選

Doctors Me 10/14

このページのトップへ