10人に1人がピエロ恐怖症!? 全米を襲うピエロが怖くなる原因と症状

2016年10月12日(水)米国のあちこちでピエロの扮装をした人物が目撃されたことから、ピエロに関してヒステリックに反応してしまう人が多数現れ、警察や学校、政府などが対応するという非常事態となっていることが報じられました。

専門家から今回の事態を「ピエロ恐怖症」によるものだとも指摘されています。アメリカの児童青年精神医学科の医師によると、「約10人に1人がピエロ恐怖症を訴えている」ことが述べられていました。

今回はこの「ピエロ恐怖症」について、医師に解説をしていただきました。

ピエロ恐怖症とは

ピエロ恐怖症とはあの独特の真っ白く厚塗りした化粧と、独特の衣装や身のこなしなどをもつピエロの存在に強い恐怖を覚えるもので、人形があるだけでもその場にいられなくなったり、恐怖のあまりピエロを見かけると失神してしまうといったケースまであるようです。

ピエロ恐怖症になる原因
■原因はよくわからないが突然怖くなるケース

■ピエロの出てくる怖い話や映画を見て、それ以降ずっとピエロに恐怖を覚えるケース

■ピエロが武器を持って現れた、といった話が強い印象を与えそれが尾を引いてしまっている場合

■ピエロがいる場所、サーカスなどで怖い思いをした場合

■ピエロ恐怖症やピエロの話題を身近で聞いて影響されてしまったケース

ピエロ恐怖症による症状

■ピエロが怖くてたまらない

■ピエロに関する話題に異常に敏感になる

■ピエロの人形などが置いてあるのに耐えられない

■ピエロが出る演劇や映画などがみられない

■夜道を一人で歩いているときなどにピエロが出てくるのではないかと常に緊張してしまう

ピエロ恐怖症の治療法
日本ではあまりまだ、なじみが少ない恐怖症のようにも思いますが、ほかの対象に対する恐怖症と同じように精神科で、精神療法を中心とした治療が行われるかと思います。

ピエロ恐怖症を克服する方法

◎気持ちの上でピエロは自分に危害を加えるものではないことを意識する

◎カウンセリングなどを受ける

◎ピエロを恐怖の対象として扱った映画などから距離を置くようにする

◎精神的にベースを安定させるため、生活リズムを整える

◎インターネットなどでピエロの事件を検索したりするのを控える

ピエロを悪役として取り扱っている映画作品

IT


スティーブン・キング原作のショッキング・ホラー映画。殺人鬼“イット”により、公開当時「ピエロ恐怖症」が流行しました。

マーダー・ライド・ショー


アメリカパニックホラー映画。ピエロメイクの殺人鬼が登場するショッキングな作品です。

ポルターガイスト


スティーブン・スピルバーグ製作・共同脚本したホラー映画。ピエロの人形がトラウマになっている方も多いのでは。

ピエロ恐怖症を公言しているジョニー・デップ

アメリカの人気俳優、ジョニーデップさんも「ピエロ恐怖症」であったことを公表しております。

克服をするために、部屋にわざとピエロの人形を置いたり、有名作家のピエロの絵を購入するなどを行っていたそうで、現在は自分が道化になったのでどうでもいい、と語っております。

医師からのアドバイス
ピエロ恐怖症は、米国では大きなニュースとなっているようですね。あまり恐怖の対象として意識しすぎないように気を付けていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
トラウマから脱却するためにあなたができる3つの方法
急性ストレス障害(ASD)はどんなことがきっかけで起こるの?
痴漢にあって以来、怖くて怖くて...。悲しき後遺症、「男性恐怖症」の真実。

Doctors Me 10/14

このページのトップへ