あんなに頑張って痩せたのに…!二度とリバウンドしないダイエットのコツとは?



すぐにリバウンドしてしまう!その原因は?

頑張っていったんダイエットを成功させたのに、気がついたらまたも元にもどってしまう…それを繰り返していませんか?実は、ダイエットをしてリバウンドをしてしまう人には、いくつか共通した特徴があります。
体には、内部環境を一定の状態に保とうとする「ホメオスタシス(恒常性)」の機能があるので、1か月に5%以上体重を落ちると、「これ以上体重を落とさないようにしよう」と、省エネモードに入ってしまうのです。省エネモードに入った体は、食事からのエネルギーの吸収率が上昇するとともに、消費エネルギーが抑えられます。
この状態はしばらく続くため、食事量を元に戻すとリバウンドしやすくなります。また、食事制限だけで減量をすると、減らしたいはずの体重だけでなく、筋肉量や基礎代謝まで減ってしまいます。そして、結局、挫折し、またリバウンドするという悪循環に陥りやすいので注意しましょう。
「冷え症」の人は代謝が低い!?


リバウンドしないダイエットのコツを教えて!

では、リバウンドしないダイエット法というのはないのでしょうか?実はダイエットには、ある時期から、体重が急に落ちにくくなる「停滞期」があります。経験した人も多いと思いますが、これは、人間の身体に備えられている「生命維持のために、体内環境を常に一定に保とうとする機能」が関係しています。これを「ホメオスタシス」といいます。

ホメオスタシスは、体重が1か月に5%以上減ると、最大限に働くといわれています。ですから、体重を短期間で一気に落とそうとせず、5%以内の減量に留めましょう。5%以内とは、たとえば50kgの人なら、50kg×0.05=2.5kg以内ということです。
この「停滞期」に我慢できず、ダイエットをやめて食事量を元に戻すのでリバウンドしてしまうのです。リバウンドをしないコツとは、停滞期が来ても、食事量は1か月間そのままにしておくことです。すると、身体が慣れてその食事量を維持することができ、太りにくくなります。
食事は必ず●分以上かけて食べて!


「痩せる脳を」つくってリバウンドを防止!

ダイエットの失敗には、ストレスが関係していることもあります。ダイエットをして食べられないことから、ストレスが溜まって「セロトニン」が減少し、満腹中枢がうまく働かなくなってしまうのです。そこで、脳の観点からリバウンド防止の方法を考えていきましょう。

セロトニンが脳内に増加すると、心が安定して満足感が増し、満腹中枢も刺激されるので、必要以上に食べ過ぎてしまうようなことはありません。しかし、反対に減少してしまうと、いくら食べても満足感や満腹感が得られないため、過食を招いてしまうのです。
 セロトニンを増やすには「トリプトファン」をしっかり摂ることが大切です。トリプトファンは、大豆製品や乳製品、バナナ、アーモンドなどに含まれているので、これらをダイエットに取り入れると効果的です。脳を元気にするとリバウンドしないダイエットが可能になります。
お肉・甘いモノも食べていいの!?
頑張ってダイエットしても、リバウンドしてしまったらもったいないですよね。しかも、リバウンドで済めばいいのですが、さらに、太ってしまう最悪のパターンになるケースもあります。ぜひ、リバウンドの防止を考えつつ、健康的にダイエットを進めていきましょう。

【関連記事】
いまの努力はムダムダ。ドクター監修「確実にヤセちゃう」方法
ダイエットに欠かせない●●を含有!みかんを食べて燃焼させる方法とは?
“ついで”で痩せる!「通勤・通学時間」を活用する3つのエクササイズ
痩せたいのに食べちゃう…。“脳科学”なダイエット方法で解決しましょ
美しく引き締まったボディ、目指すべき体脂肪率はどのくらい?

このページのトップへ