やっぱり基礎が肝心なんです。"すっぴん美女"になる「化粧品」のuseテク



化粧水はコットンを使う派?手で付ける派?

洗顔後にはじめに使う人が多いのが、化粧水です。ポイントは、洗顔後にできるだけ時間を空けず化粧水を付けること。ただし、肌をパチパチ叩いて浸透させるような行為は刺激が強過ぎます。抑え込むように染み込ませるのが、正しい方法です。
手のひらを使う場合、コットンよりも肌への刺激が小さく、手の温もりで自然と毛穴が開き浸透しやすいというメリットがあります。ただし、デメリットとしては、コットンに比べ、ムラなく十分に浸透させることが難しいと言えます。

逆に、コットンを使う場合、優しくパッティングしても手のひらに比べると多少肌へ刺激を与えてしまいますが、ムラなく十分に浸透させることができます。コットンには、ケチらずたっぷりと化粧水を含ませることも大切です。
目的別!化粧品の種類と選び方テク


美容液は"朝晩で違うもの"を使うのが◎

特別なケアをしたいときには、美容液が助けになります。一度に何種類もの美容液を重ね付けするのはおすすめできませんが、朝と晩で使い分けるのは効果的です。

朝は化粧下地兼用美容液、夜は美白用美容液など。化粧下地兼用美容液は、肌の表面を整えメイクのりがよくなるのに加え、紫外線対策にも効果のあるものが多いので、朝のスキンケアにはおすすめです。
美容液にもいろいろありますが、使う人が多いのが保湿美容液です。美白美容液も人気が高く、さまざまな成分を配合した美容液が開発されています。
「肌のゴールデンタイム」はいつ?


もっと効果的に使える「乳液」

乳液はベタつくから使いたくない…という人も多いようです。しかし、乳液は基本のスキンケア。化粧水や美容液の成分を閉じ込める役目も果たしてくれるので、使ったほうがよいでしょう。

ベタつくという場合は、量を加減したり、配合成分を見直してみてはいかがでしょうか。また、肌が乾燥する部分に重点的に使い、Tゾーンには少な目にするなどもおすすめの使い方です。
時短メイクに便利「ティント乳液」


デイリーケアで"すっぴん美女"に生まれ変わる


いかがでしたでしょうか?洗顔後のスキンケアの仕方一つで、肌の状態は変わってくるものです。肌に悩みがある方も、基本的なスキンケア法を見直してみませんか?他にも、スキンケア大学で美容情報のあれこれを探してみてくださいね。
「スキンケア大学」をチェック!

【関連記事】
なんとなく恥ずかしくなっちゃう「赤ら顔」。どうすれば解決するの?
アラサー女子の”あごニキビ”をきれいに治す方法、知りたい!
アボカド大好き女子あつまれー!あなたの知らない簡単レシピやダイエット方法を教えちゃいます!
まつエクがすぐとれちゃう…そんなアナタに朗報!いつもより●倍も長持ちする方法とは?
あごニキビ、まずは原因からチェックしよう!

このページのトップへ