努力してワガママになると?「なぜか男性にモテる」心理学的な理由

彼に好きになってもらうため、あなたはまず何をしますか? おしゃれやダイエット……色んな手段がありますよね。中には「とにかく尽くす!」と意気込んで尽くしまくる女性というのも存在するのですが……実は“尽くす女”って、恋愛心理学的にはモテない傾向にあるんです! 心理学の調査や心理カウンセラーの意見を参考に詳しくご紹介します。

1:人間は尽くすことで好意を強める
人間には、もともと矛盾する2つの事を認識するとストレスを感じるという性質があります。
このストレス状態を解消するために、人は無意識のうちにそのものに対する考え方を変えて、矛盾がなくなるようにし、自分自身を納得させるような心理が働きます。
これを心理学用語で、“認知的不協和”と言います。
“認知的不協和”は恋愛においても当てはまり、例えば、自分が尽くすという行為をした場合、「尽くすのは相手が好きだからだ」という心理が働きます。それは、相手のことが嫌いなのに尽くすという行動に矛盾を感じてしまうから。
なので尽くす側というのは、知らず知らずの内に相手への好意をどんどん強めていくことになります。
つまり尽くされる側にはたいして心理学的影響が無く、むしろ尽くす側の方がどんどん相手にのめり込んでいくだけなのです。
たまに“ダメンズに尽くす美女”という構図を見かけますが、これはこういった心理が働いているからだと思われます。
なるほど!「尽くす女ほど男に嫌われる」その心理学的な理由とは
 
2:男は尽くすことでプライドを満たす
男性は尽くされることで喜びを感じていると勘違いしていませんか?
実は、男性は尽くされるよりも尽くすことで自分のプライドを満たして喜びを感じる生き物なんですよ。
男性は、自分の力量や実績を重視し、それを認められることで喜びを覚える性質を持っています。
女性に尽くすことで男性は、「俺にはこんなこともしてあげられる」「俺は彼女をこんなにも喜ばせられる」と自分の力量を高く評価することができるのです。
逆に尽くされすぎると「自分はこんなこともできない人間だと思われている」「俺の力を信頼してくれていない」というように男性自身の力を低く評価されていると感じるのです。
ハイスペックだけど面倒!「プライドの高い男」上手な扱い方3つ
 
3:尽くすことは自分の価値を下げる
男性に尽くしすぎる女性は、自分に自信がない傾向にあります。
劣等感があるからこそ、男性に好かれたくて、一生懸命に尽くしますが、これでは自分の価値をより低めてしまいます。
なぜなら「尽くさないと愛してもらえない」を裏返すと「尽くさなければ愛される価値もない」ということに繋がってしまうからです。
この考えにも“認知的不協和”が働きます。
彼女がすがるように自分に尽くす姿は、彼女が自分に自信をもっているということと矛盾してしまいます。
すると男性の中で、尽くしてくる=自分に自信がない=尽くさないと価値がない女という図式が成立してしまうのです。
ホスト・ホステスも使う!「尽くすより尽くさせる」心理操作テク
 
このように、心理学的に見ても“尽くす”ことがいかに逆効果なのかよくわかりましたよね。
彼に尽くすなとは言いませんが、なんだかんだモテる女性というのは「これしてほしいな」「あれやっちゃダメかな」と、上手く男性に尽くさせるテクをもっています。
「わがまま=嫌われる」「尽くす=好かれる」という考えは、一度捨ててしまった方がいいかもしれませんね。
 
本気の出会いを見つけたい…!勝ち組女子が使ってる今話題の「婚活サービス」とは【PR】
このジュース飲むだけで!? 「お腹ポッコリ」をスッキリ改善のスゴテク【PR】

【関連記事】
はい消えた~!彼が家族から「大反対される彼女」のNG行動2つ
なんて馬鹿なマネを!「婚期であせった女性」が後悔した行動3つ
エッチはしたくない…?「いい人」でも彼氏ができない女の特徴4つ
少女漫画に学ぶ!「尽くされワガママ女」が悪用してる心理学3つ
今はダメ…!混浴で彼に「イチャついちゃNG」なタイミングとは

Menjoy! 10/14

このページのトップへ