【情熱大陸】ケツメイシRYOJIを襲った難病「特発性大腿骨頭壊死症」

2016年10月9日(日)放送の「情熱大陸」で、ケツメイシのRYOJIさんが特発性大腿骨頭壊死症にかかったことを公表しました。

2年ほど前から足に違和感を感じていており、現在も痛み止めの治療を続けているそうですが、この「特発性大腿骨頭壊死症」とはどのような病気なのでしょうか。

今回は「特発性大腿骨頭壊死症」について、医師に解説をしていただきました。

特発性大腿骨頭壊死症とは
大腿骨頭の一部分の血流が低下してしまうことによって、その部分が壊死してしまうものです。骨壊死が起こった部分がつぶれることによって強い痛みが出てきます。

特発性大腿骨頭壊死症の原因

お酒


大量に飲酒される方に多いです。

ステロイド


何らかの病気の治療目的でステロイドを大量に使用された方に多いですが、はっきりした原因は完全には解明されていません。

特発性大腿骨頭壊死症の症状

初期


壊死が発生しただけの時は、特に自覚症状はないといわれています。

中期


骨壊死に陥った部分が潰れて大腿骨頭に圧潰が生じた場合、急に股関節痛が現れますが、場合により安静にしていることで数週間で痛みが軽くなることもあります。

後期


大腿骨頭の圧潰の進行とともに、だんだん痛みが増し、手術が必要となる場合があります。

特発性大腿骨頭壊死症の治療
整形外科が専門となり、状態に応じて保存的治療や手術療法が選択されます。

特発性大腿骨頭壊死症を患った場合に気をつけること
◎体重を増やさないこと

◎杖を使用して患部への負荷を軽減すること

◎長い距離を歩かないこと

◎安静を心がけること

◎重い荷物を持たないこと

特発性大腿骨頭壊死症を予防することは可能?
原因が完全に解明しているわけではないので、完全に予防することは難しいと思いますが、大量飲酒を避けることは自分でできる、この病気に罹患してしまう確率を低下させる方法です。

医師からのアドバイス

特発性大腿骨頭壊死症はあまり聞きなれない病名である方が多いかもしれません。

お酒を毎日日本酒換算で二合以上飲んでいたり、プレドニン換算でステロイドを一日平均15㎎以上服用したことがある方などは、もし股関節に突然の痛みを感じたら疑ってみるとよいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
股関節の痛みの原因は? 考えられる疾患と治療法をご紹介
骨がスカスカになる? 骨粗しょう症ってどんな病気!?
知らないと骨折り損...?骨粗しょう症の治療薬・注射の注意点

Doctors Me 10/13

このページのトップへ