「本命の女」と「2番目の女」が決定的にちがうこと・6つ

恋人は基本的に1人だけです。ですから、ほかにアタックしてくる異性がいても、本命になれない限りは2番目ということになります。男性が思う「本命にしたい女性」と「2番目になってしまう女性」のちがいをチェックしましょう。

■本命は、一緒にいて疲れない

・「一緒にいてストレスがない、気を遣わないといけないの差」(32歳/その他/その他)

・「一緒にいて疲れない、居心地がいい、性格価値観が合うのが本命、外見、容姿が好みは2番目」(37歳/機械・精密機器/技術職)

いくら美人でも、一緒にいてずっとストレスを感じるような相手であれば本命にはなりにくいかも。本命を狙うなら適度に釣り合いがとれ、気の置けない関係の女性を目指してみては?

■本命は、体の相性だけじゃない!

・「体は素晴らしいけど、性格的にややこしい女性はどうしても2番目になりがち」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「内面と体の相性が合うのが本命。体の相性がよいだけなのは2番目」(38歳/その他/販売職・サービス系)

体の相性だけは2番目で、女性の内面を優先する男性意見も。確かに、本命とは会う機会も時間も、2番目よりは長くなる可能性があるので、性格が合わないと居心地が悪そうです。

■価値観が合えば、本命

・「価値観が合うかどうかが一番ですよ」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「自分との価値観の一致度合いだと思う」(33歳/その他/事務系専門職)

価値観にはいろいろなものの見方が含まれますよね。価値観が一致しているということは、似た環境で育ったということでもあるでしょう。本命になれるくらい気が合う異性ということになるでしょうね。

■いつでも会えてしまうと、2番目

・「気軽にいつでも話せる相手は2番目。気後れしそうになるほど敷居が高めな人は1番目」(32歳/アパレル・繊維/技術職)

・「いつどんなときも誘ったら来る人は、2番目になってしまう子。がんばって努力しないと手に入らないような子は本命」(27歳/小売店/事務系専門職)

いわゆる都合のいい女といえば、いつでも誘えば会えてしまう人。自分のことを好きなのはわかっていますので、本命とは別にキープされてしまう可能性がアリ。要注意ですよ!

■結婚につながりそうなら、本命

・「家庭的な人が本命になりやすい」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚を前提に付き合っているかどうか」(29歳/情報・IT/その他)

女性に家庭的な面を求めるのは、家庭を持つことを想定しているためかもしれません。すると結婚につながると思われる人ほど、本命になりやすいということになります。

■相手も本気なら、本命

・「相手の本気度とまじめさを考える」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「相手がどれだけ自分のことを思ってくれているか」(35歳/自動車関連/技術職)

人のことをどれだけ思っても、相手が自分に興味を持っていなければ関係が発展する可能性がないため、本命にはできませんよね。恋愛ではお互いの好きな気持ちが重要なようです。

■まとめ

本当に好きな人の2番目以下になってしまうのは悲しいことですが、相手にも事情があるなら仕方ありません。本命に選ばれるちがいをおさえた上で、チャンスを狙ってみましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月27日~9月29日
調査人数:154人(22歳~39歳の働く男性)

関連リンク
「本命の男」と「2番目の男」が決定的にちがうこと・6つ
遊びか知りたいならコレをチェック! 男性が「本命彼女には絶対にしないこと」10選
女子にはわからない!? 「本命がいるのに男性が浮気する理由」

このページのトップへ