清涼感と果実感が楽しめる次世代の最新デバイス! 手のひらサイズの薄くて軽い『Frienbr AIR』がスタイリッシュ

電子タバコの国産メーカーでも、高い人気を集める『Frienbr(フレンバー)』。これまで『Frienbr ONE』『CLOUD17』など数々の製品を発表してきましたが、2018年2月15日からは新作となる『Frienbr AIR』が登場。本体とカートリッジ含め、わずか約18g・96×19×7mmというサイズで、水蒸気のフレーバーとテイストを楽しむことができます。

今回発表されたフレーバーは、「ストロングメンソール」と「マスカット」の2種類。パッケージもおしゃれです。

本体のバッテリーにはUSB充電器が付属しています。

「ストロングメンソール」「マスカット」のフレーバーには、それぞれ3個のカートリッジがセットになっています。『AIR』はカートリッジタイプで、コイル交換など面倒なメンテナンスが一切不要なのが嬉しいところ。タール・ニコチンが0%というのも重要なポイントです。

使い方は簡単。まず本体を充電器に立たせるようにセット。LEDが青く光っていれば充電中のサイン。緑色になれば満充電です。

充電が完了したら、カートリッジを本体に差し込みます。

あとはカートリッジ吸い口のシリコンを外して、そのまま吸うだけです。『フレンバー』の中でも人気な「ストロングメンソール」は清涼感があり、普段紙巻きたばこのメンソールを吸っている人にとっても「スーッ」とした香りと味を楽しみたい場合におすすめ。

「マスカット」は甘めの香りと味で、フルーツ感が口の中に広がります。後味は引かずにすっきりとしているので、こちらもリフレッシュに良いのではないでしょうか。ニコチンが含まれている加熱式タバコよりも手軽でコンパクトながら、水蒸気の煙を十分に楽しむことができます。

普段から胸ポケットなどに入れておくのに最適な『AIR』。本体とカートリッジのセットが2980円(税抜き)ですが、公式サイトのリリースキャンペーンでは、2018年2月28日まで500円引きの2480円(税抜き)で購入できます。紙タバコを禁煙したいというニーズはもちろん、ガムがわりに口をすっきりさせたいという人も要チェックです。

Frienbr AIR(公式サイト)
https://frienbr.jp/lp/air/

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ