肌がガサガサ乾燥する原因と対策!効果的なうるおいスキンケアで目指せ改善

空気が乾燥する季節は特に肌の水分量が低下することで、乾燥肌を招いてしまう可能性があります。肌触りがガサガサし、女性が目指す美肌とは程遠くなってしまから避けたいところ。そこで今回は乾燥肌を引き起こす原因と、オススメの対策法をご紹介します。


肌がガサガサ乾燥する!種類と原因は?

実は肌のつっぱり感や、ガサガサしてしまう乾燥肌には種類があります。それぞれを引き起こす原因も異なる場合もあるので、自分の乾燥肌はどんな種類のものなのかを理解する必要があります。
一般的な乾燥肌冷房・暖房によって空気が乾燥することや、紫外線による肌ダメージが原因だとされています。角質層にある水分や皮脂の分泌量が少なくなることで、保湿物質である天然保湿因子(NMF)、セラミドなどが減少しています。肌のガサガサはもちろん、ツッパリ感や、皮が剥けてしまう方もいます。
脂性乾燥肌皮脂が過剰に分泌して肌が脂っぽくなっていることが気になり、あぶらとり紙の使用や過剰な洗顔でついつい皮脂を取ってしまう方がいます。しかし、これは肌にとって逆効果で、さらに乾燥した状態を招いてしまうのです。
別名「インナードライ肌」ともいわれており、肌の水分蒸発を防ぐために、皮脂が大量に分泌してしまっているのです。その結果、顔のテカリが目立つのに内側は乾いている状態になります。
皮脂が過剰に分泌することから、オイリー肌だと勘違いしてしまう方が多いのも特徴です。
老人性乾皮症年齢を重ねるごとに皮脂の分泌が低下してしまうことが原因です。加齢などによって皮脂の分泌が低下すると、皮脂膜が薄くなり、角質の水分が減少しやすく、乾燥肌になりやすくなっています。これで高齢者は、肌のかゆみを訴えることも多いのです。
アトピー性皮膚炎疾患
ダニやホコリといったアレルゲンの侵入、環境の変化によるストレスで症状が現れている状態です。かゆみが気になる湿疹、改善されたり悪化したりを繰り返す、なんらかのアトピー要素がある場合は、アトピー性皮膚炎疾患の可能性が高いとされています。


ガサガサを治す方法やうるおいを与える改善対策

気になる乾燥を改善するためには、さまざまな方法があります。今回はガサガサ肌を改善して、うるおいある肌に導くための改善方法をご紹介します。
【方法1】洗いすぎない洗顔手を清潔にしたら、洗顔料をしっかり泡立てます。皮脂が多いTゾーンや顎から先に洗っていき、や目元、口元の順に洗っていきましょう。
また乾燥の大敵ともいえる、洗いすぎと摩擦には要注意。肌に必要な皮脂までも洗い流してしまいますし、肌への刺激となって逆効果だからです。直接肌をゴシゴシするのではなく、泡を優しく押し当てるように意識します。最後は20回くらいぬるま湯ですすいで、洗顔料が肌に残らないようにしましょう。
【方法2】効果的な保湿ケアをする洗顔した後は、肌の乾燥を避けるためにすぐ化粧水をつけます。肌の水分を保持してくれるヒアルロン酸などの保湿成分を含んだもの。また、肌の角質層が水分を蓄えるようサポートするセラミドを含む化粧水がおすすめです。
使用する化粧水のメーカーが推奨している量を、手のひらに取ったら、、おでこ、顎、鼻筋になじませていき、最後はハンドプレスをします。これで肌の角質層までしっかり水分を浸透させることができます。
【方法3】質のいい睡眠と食事をとる
乾燥している肌は、「成長ホルモン」を分泌して回復させることが大事です。そのため就寝してから3時間は深い眠りにつくことが理想です。寝る1時間ぐらい前は身体を温め、リラックスさせた状態でいるようにしましょう。同様に栄養バランスに偏りのない食事をとることも改善につながります。
 


まとめ


肌がガサガサと乾燥しているだけで、化粧ノリや顔色が悪くなってしまいます。そのため、今回ご紹介した原因と対策法を参考にして、日々のスキンケアを心がけてみましょう。
(この記事の監修: 美容家・美容ライター / 船山葵 先生)
【関連記事】
肌の赤みを解消するスキンケア!悩みの原因と改善方法を解説
赤みのあるヒリヒリした肌荒れにおすすめの化粧水
シミにおすすめの美白美容液5選!肌のくすみやそばかすも防ぐ化粧品
顔がカサカサかゆい!赤みが出る原因と対策方法とは?
生理前に肌荒れがひどくなる原因と改善方法

このページのトップへ