どんなにつらい失恋でも、「1%の幸せ」が今後の恋愛に生きる



みなさんは、過去の恋愛や交際を振り返ってみて「幸せで満たされた恋愛をしてきた!」と胸を張って言えますか?
恋愛で得られる幸せって人それぞれではありますが、世の中には「不幸せな恋愛ばかりだった」「今度こそ幸せになりたい」と口にする人がどうにも多すぎる気がするのです。
それっておそらく、自分で過去の恋を「不幸せなもの」にして、記憶を塗り替えてしまっているからではないでしょうか。

・100%不幸せな恋はない


「浮気をされて乗り換えられた」だとか、「付き合っていた彼のセカンドだった」とか、傍から聞けばそれはもう「お気の毒に・・・」としか言えないような恋愛もあります。
でも、そんな恋愛にだって、数パーセントの幸せはあったはずなんです。
例えば、彼を好きだったときの「相手を愛する気持ち」を感じていたこと。(他に女がいたとは言え)一人では味わうことのできなかった「愛される喜び」を知ったこと。これって、恋愛でしか得られない幸せですよね。
つまり、片思いだろうと両想いだろうと、フろうがフラれまいが、そんなのに関係なく「100%不幸せな恋」なんてものは存在しません。僅かでも確かに存在した幸せを、大きな不幸で隠してしまっているから見えなくなっているだけなのです。

・終わり方に左右されてしまう


「終わり良ければすべて良し」ということわざがあるように、物事の良し悪しは「終わり」注目されてしまいがち。恋愛も「幸せなものだったかどうか」を終わり方で計ってしまいやすいのです。
「不幸せな恋愛だった」と言われる恋愛の終わり方も、そのほとんどがひどいものだったのではないでしょうか。ケンカ別れだったり、浮気だったり、気持ちのすれ違いだったり、理不尽さを伴う別れは、その「終わり方」でそれまでのことをすべて「不幸せ」な方へ引っ張っていってしまうのです。

・過去の恋愛を丸ごと生かす


でも、終わり方に縛られて「幸せだった」記憶や体験を忘れ、「不幸せな恋だった」と決めてつけてしまうのはもったいないこと。
なぜなら、過去の恋愛における「幸せだった瞬間」と「不幸せだった出来事」を切り分けて考えた方が、過去の恋愛を今のあなたと今後の恋愛に生かせるから。「不幸せだったから、こんな恋愛をしないようにしよう」と失敗ばかりにフォーカスしていたのでは、幸せを感じる範囲を狭めてしまうことにもなりかねないのです。
総合的に見れば不幸せだったと言える恋愛も、ぜひ一度細かく客観視してみて。失敗を生かして対策を立てるだけではなく、「どういう状態になれば自分が幸せを感じられるのか」を知ることで、これからの恋愛がもっと楽しくなるはずですよ。

・おわりに


どんな恋だったとしても、過去の恋を不幸で塗りつぶしす必要なんてありません。どんなにつらかった恋にも、過去の自分が「永遠に続けばいいのに」と感じていた幸せな瞬間が、必ずあったはずですから。
「不幸せな恋愛ばかりだった」と嘆く女性より、「恋愛って楽しい!」と言える女性の方がきっと誰からみても魅力的。過去の恋に思いをはせた後は、そこから得た学びを今後の恋愛に生かしていきましょう。(桃花/ライター)
(ハウコレ編集部)(前田怜里/モデル)
島崎雄史/カメラマン)
JYO/ヘアメイク)
辻野祐馬/ディレクション)



【関連記事】
「幸せになってね」って無理にイイ女ぶるぐらいなら「あいつマジ最低!」って言おう
「元カレの悪口は言うな」っていうけれど、わかってくれる人はいます
恋愛ベタ発動!?「失恋」をこじらせてしまわないために大事なこと
失恋から立ち直れないとき みんなが自信を取り戻した方法は?
フラれた片思い。自分に「ありがとう」を贈って次のステップへ

ハウコレ 02/21

このページのトップへ