『DAZN』が2018年オープン戦よりプロ野球11球団の試合を放映 巨人主催の試合は含まず

スポーツチャンネル『DAZN(ダゾーン)』は、2018年に放映予定のスポーツコンテンツとして、プロ野球の追加を発表。サービス開始時より放映しているプロ野球セントラル・リーグの広島東洋カープ、横浜DeNAベイスターズに加え、2018年より読売ジャイアンツを除く計11球団が主催する試合を放映することが決定した。

先日には、プロ野球中継のライブ配信を実施してきた『スポナビライブ』が5月でサービスを終了し、同サービスのコンテンツを『DAZN』に提供するとアナウンスされていた。

それに伴い、『DAZN』では『スポナビライブ』が独占配信を続けてきた海外サッカーのプレミアリーグ、ラ・リーガの毎節全試合を新たに配信開始している。

『DAZN』は、「2018年は“スポーツの新しい本拠地”として日本のスポーツファンの皆様の期待に応えるべく、これまでにない数のスポーツコンテンツをお届けします」としている。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ