せんとくんのストーカー的ゆるキャラ蓮花ちゃん 10歳祝い&バレンタインにウェディングケーキ贈る

奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」のことが大好きなゆるキャラ「蓮花ちゃん」が10年近くもせんとくんにアプローチし続けている。

せんとくんと言えば、頭に鹿の角が生えたリアルな顔立ちのキャラクターデザインで誕生当時かなり注目されたゆるキャラだ。

※すべての画像が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください。
http://getnews.jp/archives/2017051

そんなせんとくんに想いを寄せるのが、奈良県葛城市のマスコットキャラクター、蓮花ちゃん。

蓮花ちゃんはブログやTwitterなどでせんとくんへの熱い想いを隠さず前面に押し出していたり、せんとくんへのアピールが無視され続けても心が折れないため、若干ストーカーチックに感じることもあり話題となった。

せんとくんが他のゆるキャラとのキス報道があった際は、腹いせに自分も他のゆるキャラとデートをするなど愛憎劇が繰り広げられたことも。

ブログでは、「せんとくんって、蓮花とはデートしてくれないのに舞妓さんとはデートするんだ」「かわいさ余って憎さ百倍……なーんちゃって」と嫉妬心をあらわにしたり、

「2月29日は4年に1度の閏日!! 欧州では逆プロポーズの日と言われているんだって! 男性はプロポーズを断ることはできないんだ せんとくん、蓮花の気持ちわかってくれるかな」など、積極的にせんとくんへの恋心を表現している。

せんとくん10歳の誕生日に意気込む蓮花ちゃん

せんとくんは2月12日が誕生日なので、蓮花ちゃんは毎年2月14日に誕生日とバレンタインのプレゼントを渡している。

今年はせんとくんの10回目の誕生日ということもあり、気合いを感じさせた蓮花ちゃん。



2月12日には、【せんとくんお誕生日おめでとう企画♪】と題してTwitterに、2010年~2017年の誕生日&バレンタインをまとめて振り返る写真を投稿。※蓮花ちゃんが誕生したのが2009年後半のため。

そして、「今日は勝負の日!」とせんとくんにプレゼントしたのが、蓮花ちゃんを模したドールがのったウエディングドレス風ケーキ。正式名称『花嫁希望の蓮花が贈る“インスタ映え”ドレスケーキ』。純白のウェディングドレスをイメージしたクリームと、カラフルなエディブルフラワーでせんとくんへの気持ちをあらわしたもの。

ここ数年は桜井市のひみこちゃん、大淀町のよどりちゃんも一緒にせんとくんを祝っているが、恋のライバルの2人を出し抜くためにとった策とも言えそうだ。

その証拠に、

「蓮花、ウェディングドレスケーキから特製ブーケをふたりにプレゼントしたよー(*゚∀゚*) ひみこちゃん、よどりちゃん、蓮花の次に幸せになってねー(╹◡╹)」と、牽制してみせたのだ。


ウェディングドレス風蓮花ちゃんデコレーションケーキとせんとくんのショットに「せんとくんと花嫁蓮花☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」とウキウキのツイート。


ちなみに、せんとくんは「蓮花ちゃんからのプレゼント キレイなお花がいっぱいのケーキ(人´▽`*)♪」と蓮花ちゃんの意図に気づいていない様子。

しかし、最初は無反応&ホワイトデーのお返しもしなかったせんとくんも2013年頃からはお返しをくれ、さらに今ではハート付きのコメントまでしているので、少しは仲が進展しているのかもしれない。

昨年の蓮花ちゃんの誕生日近くには、せんとくんから「もうすぐだね(*^◯^*)」とメッセージが贈られ、蓮花ちゃんも「誕生日覚えてくれてたの(((o(*゚▽゚*)o)))」と大はしゃぎ。


せんとくんの「誕生日は会えるかなぁ(^-^)」の言葉を信じ、「せんとくん、CAN YOU CELEBRATE?」とちょっと重めの誕生日会開催のアピールをする蓮花ちゃん。


そこから、せんとくんからの反応はなく、残念ながら蓮花ちゃんの誕生日会にも顔をだすことはなかったようだ……。


蓮花ちゃんは年末にかけ、

「同じ奈良
それでも遠い
せんとくん (´-`).。oO
蓮花心の俳句
#遠距離恋愛の日」


「今はまだ悲しいLove song〜♪」

といった切なさを綴った投稿を度々している。


「愛してるよなんて 誘ってもくれない〜♪
#ダンシングヒーロー#バブリー」

ちなみに、流行りの平野ノラ風に切ない想いを伝えたものもあるが、(せんとくん関係なく)懐かしの歌シリーズの投稿がたまにある。

想いが強すぎる蓮花ちゃん

2013年には、くまモンからホワイトデーのお返しを貰おうと自ら熊本県まで足を運ぶなど、想いの強さが行動に現れる蓮花ちゃん。

2013年3月31日に恋のライバルで友達でもあったゆるキャラの「やなな」が引退し、その日のブログにはもちろんのこと、そこから2014年、2015年と続けて同じ日に「今日はやななが引退した日」と同じような文章を綴っているのには、少し狂気すら感じる。

2016年はなかったのだが、2017年3月31日に再び「今日はやななが引退した日」のブログがアップされた。

それだけ「やなな」が大事な友達だったのかもしれないが、4年も同じことを書くとは、蓮花ちゃんはかなり執念深いというか、想いが強すぎることが伺えるのではないだろうか。

そんな一面が、せんとくんが未だに蓮花ちゃんを少し遠ざけてしまう理由なのかもしれない。

※画像はせんとくん、蓮花ちゃんの公式Twitter、ブログより

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

  1. リノ(39歳) ID:VpfEu・02/17

    サイコパス

  2. モア(101歳) ID:hBGqu・02/17

    しかまろくんとか言ってる場合じゃないですね…こっちが気になる…

  3. アメジスト(33歳) ID:wVQkb・02/16

    私、漣花ちゃんの市の出身なんだけど、こんなことになってたの…。 恥ずかしいやら、こわいやら…。

    1

  4. アネリ(44歳) ID:yX8ZJ・02/16

    古都奈良で、まさかのゆるキャラ愛憎劇。せんとくん罪な男だな(´・ω・)

    3

  5. ニコラ(99歳) ID:k1Pqh・02/16

    せんとくん、出たばっかりのころは大不評だったのに、追っかけまでつくようになったとは…すごい(^^)

    3

このページのトップへ