ざらつき肌を改善したい人へ。原因や詳細を理解してマシュマロ顔に!

顔に触れてみるとざらざらした肌ざわり…。見た目のツヤやかさは失われ、メイクのノリもイマイチになる肌の「ざらつき」に悩む方は多いようです。これには皮膚の汚れや乾燥など、さまざまな原因が考えられます。しかし、スキンケアや毎日の習慣を変えれば、改善が期待できるので、何気なくやっている日々の習慣を見直して、ハリとつやのある肌を目指しましょう。


あなたの肌の「ざらつき」の悩み

私たち女性が肌のざらつきを感じるのは、手で触れたときや、メイクでファンデーションをのせたときなど。小鼻やあご、ほおや口のまわりなど、ざらつきを感じるパーツはさまざまですが、多くの女性が肌ざわりのざらつきを気にしているようです。
また、ざらつきの感じ方も、「なんとなくなめらかさがないなぁ」という感じ方から、ニキビに似たブツブツを感じる方までさまざま。どのような原因が考えられるのでしょうか。
ざらざらやブツブツなど皮膚の汚れの原因は?肌のざらつきやブツブツはなぜ起こるのでしょうか。下記のようないくつかの原因が考えられます。
乾燥肌の表面で一番外側にある角質層は、水分を保ち外部の刺激から肌を守る機能を持っています。ところが、皮膚のうるおいが不足していたり、乾燥したりしていると、角質層に隙間ができて水分が蒸発しやすくなるという悪循環が起こります。このような肌の乾燥によって肌にざらつきを覚えるようになります。さらに、肌が乾燥していると外部からの刺激を受けやすく、赤みやかゆみなどの肌トラブルを招く要因にもなります。
古い角質通常は、ターンオーバーによって肌が生まれ変わるときに、古い角質も一緒にはがれ落ちます。ところが、ターンオーバーが乱れていたり、肌の汚れがたまっていたりする状態だと、古い角質がはがれず残ったままに。これにより、肌にざらつきを感じるようになります。毛穴のつまり上記の古い角質がたまり、皮脂と混ざって毛穴につまると角栓になります。この角栓が毛穴につまっている状態も、ざらざらした肌の原因に。毛穴の内部には、皮脂を分泌する「皮脂腺」がありますが、その皮脂腺から分泌された皮脂と周囲の角質が毛穴の中で凝固して「角栓」となり、毛穴につまってざらつきを引き起こすのです。放っておくとニキビなどの肌トラブルに発展する可能性も考えられます。

ざらつきを発生させる生活習慣

前述した肌のざらつきの原因には、何気ない生活習慣が関係している場合もあります。スキンケアをしっかりしているつもりの方も、ぜひ見直してみましょう。
保湿・うるおいが足りない肌のうるおい不足は乾燥を引き起こし、さまざまな肌トラブルのもとに。常に肌がざらつきがちだという人は、日常的に肌の保湿が不十分なのかもしれません。毎日のスキンケアに、もっと保湿をプラスして、うるおいを与えることを意識してみましょう。
過剰な洗顔・クレンジング皮膚の汚れは肌のトラブルのもとですが、汚れを落としたいあまり過剰な洗顔やクレンジングを続けると逆効果になります。皮脂には肌の表面から水分が蒸発するのを防ぐ役割もあるので、皮脂を落としすぎてしまうと肌が乾燥しやすくなります。また、クレンジングのしすぎによって肌の保湿成分がうばわれると、肌が乾燥しがちになり、乾燥肌や敏感肌になってしまうリスクもあるので注意しましょう。
睡眠不足
肌のざらざらは、ターンオーバーの乱れで古い角質が排出されないのが原因のひとつです。肌トラブルを改善するためには、新しい肌へと生まれ変わるターンオーバーのサイクルを維持することがポイントです。新陳代謝がもっとも活発に行われるのは、夜眠っている時間帯。慢性的な睡眠不足はターンオーバーを乱し、肌のざらざらをはじめとする肌トラブルにつながりやすくなるので注意が必要です。
栄養の偏った食事
「肌は内臓の鏡」ともいわれるほど、栄養状態が反映される箇所。肌のざらつきが気になる人は、食生活を振り返ってみましょう。何か特定の栄養素ばかりを意識するのではなく、バランスよくとり入れることが大切です。
また、肌によくないといわれる食品の摂りすぎにも注意したいところ。たとえば、コーヒーなどカフェインには血管を収縮させる働きがあり、代謝が悪くなってターンオーバーを乱す要因になるといわれています。適度に飲む分には問題ありませんが、過剰に摂取しないように注意しましょう。ほかにも、脂質を多く含むスナック菓子やファストフード、冷たいものの摂りすぎにも気をつけましょう。
運動不足すこやかな肌づくりには適度な運動が不可欠です。日頃からあまり身体を動かす機会がないと、血液が滞り、新しい細胞をつくるための栄養が体に行き渡りにくくなります。これにより、肌のターンオーバーの機能が低下、古い角質が溜まり、そこから肌トラブルを引き起こす可能性も。
肌のざらつきに関連する生活習慣は、簡単にピックアップしてもこれだけあります。では、どのような点を改善すると肌のざらつきの改善につながるのでしょうか。


ざらつき改善のためのスキンケアやお手入れ方法

肌のざらつきを改善するためには、コツコツ毎日のスキンケアやお手入れ、生活習慣の積み重ねがポイントです。できることから始めて、ざらつきのないつややかな肌を目指しましょう。
【ポイント1】古い角質をピーリングで解消!古くなった角質を取り除くのに有効なのがピーリングです。ピーリングには、市販のピーリング剤を使って自宅で行う方法と、美容皮膚科などで施術を受けるメディカルピーリングがあります。どちらも、薬品の力で肌表面の角質をはがす作用があるため、肌を柔らかくし、角栓を取り除きやすくする作用が期待されます。
美容皮膚科でのピーリングは何度か通う必要があることが多いので、まずは自宅でピーリングを試してみるのもよいでしょう。ただし、肌のざらつきが気になるからといって頻繁に行うと、肌を痛める原因となるため、やりすぎには要注意。製品の説明書をよく読んで、回数や使用量を守りましょう。
【ポイント2】紫外線対策はしっかりと!
紫外線対策は、1年中行うことが大切です。紫外線は肌にダメージを与え、かさつきやくすみなどの肌トラブルを招きます。米国皮膚科学会では、老化の80%は紫外線が原因と考えられるほど、紫外線の影響は大きいと言えるのです。
また、肌の奥にまでダメージを与えるため、ハリや弾力の衰えにも影響を及ぼします。紫外線は、季節によって強さは異なるものの1年中降り注いでいます。夏だけではなく、冬でも油断せず、日焼け止めを塗りましょう。また、UVカット効果のある化粧下地やファンデーションなどの活用もおすすめ。紫外線の強いシーズンは、帽子や日傘などのUV対策グッズをプラスして万全を期しましょう。
【ポイント3】正しいスキンケア正しいスキンケアを行うことで、肌のざらつき改善が期待できます。毎日のことなので、正しい方法を身につけましょう。特にピーリングやスクラブ洗顔を行った後は、肌が敏感になっているので念入りに保湿を。
肌のためには、できれば夜のクレンジングと朝のぬるま湯洗顔の2回までがベスト。洗顔時は、洗顔料をたっぷり泡立て、手や指で顔をこすりすぎないように、やさしく洗い上げるのがポイントです。洗顔後は、どんどん水分が蒸発していくので、遅くとも5分以内にスキンケアを行ってうるおいを保ちましょう。まずは化粧水で水分を補い、その後美容液や乳液でたっぷりと保湿を。保湿におすすめの美容成分は、ヒアルロン酸やセラミド、イソフラボンなど。特にヒト型セラミドは、人間の肌が本来持っている保湿成分であるセラミドと同じような形をしているため角層へのなじみがよく、高い保水力を期待できるといわれています。スキンケアの最後にはクリームで、保湿成分が逃げないようにフタをします。ベタつきが気になる場合は、テクスチャーのさらっとしたクリームを選ぶか、夜だけでもクリームを塗るのがおすすめです。

まとめ


肌のざらつきは、古い角質が残っていたり、角質や皮脂などの汚れが毛穴につまったりすることで起こります。肌のターンオーバーが乱れているとざらざらしやすくなるので、サイクルを正常に戻すことを意識しましょう。
肌の乾燥も肌のざらつきの原因のひとつですが、ざらつきだけではなくあらゆる肌トラブルの元になるので、肌の保湿はマスト。洗顔後の保湿ケアを行っていないという場合は、今回ご紹介した成分を参考に、保湿ケアを行いましょう。このような日常の正しいスキンケアに加え、ピーリングやスクラブ洗顔などスペシャルケアをとり入れることもおすすめです。
また、ざらざら肌は日常の何気ない生活習慣からも引き起こされます。食生活や睡眠時間、適度な運動などを心がけることが大切です。スキンケアや生活習慣を見直して、ざらつきのないマシュマロ肌を目指しましょう。
(この記事の監修: Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 / 江波戸恵美 先生)
【関連記事】
赤みのあるヒリヒリした肌荒れにおすすめの化粧水
顔がカサカサかゆい!赤みが出る原因と対策方法とは?
花粉による肌荒れの対策方法!肌のぶつぶつ、赤みを美容液で予防
生理前に肌荒れがひどくなる原因と改善方法
ピーリングとは?ニキビ跡・シミ・肌荒れの改善効果と種類

このページのトップへ