赤ちゃんにできる「新生児ニキビ」原因とケア方法

おおむね生後2週間から3か月の赤ちゃんにできるニキビのことを新生児ニキビと呼びます。ここでは、赤ちゃんのニキビの原因は一体何なのか、具体的なケアはどうしたらいいのか見てみましょう。


赤ちゃんにニキビが!原因は?

大人や思春期のニキビは、毛穴に皮脂がつまって炎症を起こす、アクネ菌が繁殖するというのが代表的な原因です。赤ちゃんに関しても、たっぷりと汗をかいた後に毛穴がつまると、ニキビや湿疹などの赤いブツブツができてしまいます。他にも、肌に触れる寝具のちょっとした汚れなどでも、赤ちゃんの肌は過敏に反応してしまいます。
これらよりも、強く影響するのは出生時に受け継いだ母親のホルモンの影響です。赤ちゃんの毛穴は未発達で、ホルモンに対応しきれず、皮脂や汚れを毛穴に停滞させてしまいます。それが皮脂腺を刺激して、ニキビができてしまうのです。体内のホルモンが原因なので、ニキビができていないほかの部分が乾燥していてもできる場合があります。このように、ホルモンが影響しているニキビは、身体が発達してくると順応できるようになるため、自然に消えていく傾向にあります。


新生児ニキビのケア方法

赤ちゃんをお風呂に入れたり、着替えさせてあげたりする際に、オムツや洋服でムレたりかぶれたりしやすい部分をチェックしてあげましょう。赤ちゃんのニキビはあまりに赤く腫れ上がったり広範囲に広がったりしない限り、特別に治療は必要ありません。ただ、清潔を保ち、傷つけないようにしていれば、ほとんどは自然に消えていきます。
予防策としては、身体を清潔に保ってあげることです。お風呂では必ず石けんを使ってやさしく洗いましょう。このとき、キメ細かい泡にすると肌へのダメージが抑えられます。泡が残らないように洗い流して、やわらかいタオルでふいてあげてください。
そしてお風呂上りには必ず保湿をします。低刺激のベビーローションやクリームを使いましょう。他にも、日中は汗をこまめにふきとってあげたり、爪を切ってひっかかないようにしてあげたりと、細かいですがケアをしてあげてください。寝具や衣類、タオルはやさしい風合いのものを使用します。


あまり神経質になりすぎなくても大丈夫

一言で赤ちゃんのニキビと言っても、その原因はさまざま。「いくら清潔にしていてもニキビが治らない」と神経質になりすぎるよりも、少し気長に、でもしっかりと清潔を保ってあげることが大切です。ただし、症状がひどい場合はすぐに皮膚科を受診するようにしてください。
(この記事の監修: 千春皮フ科クリニック 院長 / 渡邊千春 先生)
【関連記事】
乳児湿疹の原因と正しいケア方法|湿疹のタイプ別に見る赤ちゃんへの対処法
乳児湿疹の保湿と薬(ステロイドなど)、石鹸洗浄の正しいやり方
乳児湿疹のピークと完治までの期間はいつまで?
乳児湿疹の保湿と薬(ステロイドなど)、石鹸洗浄の正しいやり方
乳児脂漏性湿疹の症状とケアのしかた

このページのトップへ