プロのメイク&撮影で「これが私……?」が叶う! 『変身写真館』で中国映画のヒロインになりきってみた

皆さんは「変身写真館」って知っていますか? 台湾旅行で見かけた方や、コスプレイヤーさんなんかはよくご存知かもしれません。その名のとおり“変身した写真”が撮れる写真館のことで、テレビや新聞で取り上げられるなどじわじわと注目を集めています。

検索すると、色々なお店が出てきて、どれもとっても楽しそう。でも実際にどんなことをして、どんな感じになっちゃうの?! ってハテナがたくさんの方も多いと思います。という事で、今回は「変身写真館 Metalily(メタリリー)」での変身の様子をレポートしちゃいます!

「変身写真館 Metalily(メタリリー)」さんは、東京メトロ、京成線押上駅から徒歩約8分、スカイツリーから2分ほどの場所にあります。お店の方によると「写真を撮った後にスカイツリーでご飯を食べたりお買い物する方も多いんですよ」とのこと。

プランは、「お気軽変身写真コース」が衣装1着でメイク込み。20〜30カット撮った中から、2枚をデータとプリントでもらえて13,800円。その他、衣装数が増えたり、アルバムがついたり、とプランによって値段が変わってきます。

こちらの写真館では手作りの衣装もたくさんあって、プリンセスチックなドレス、アイドルの様な衣装、和装などなど盛りだくさん。思わず目移りしてしまいます。

今回は、2月10日に公開となる映画『悟空伝』と、『修羅 黒衣の反逆』に出てくるヒロインの様な、中国のべっぴんさんに挑戦です!

『悟空伝』のニー・ニージェン・シュアン。

『修羅 黒衣の反逆』のヤン・ミー。

変身写真に挑戦するのは、『悟空伝』『修羅 黒衣の反逆』の両作品を担当する、Tさん。これは衣装を着てノーメイクの状態です。このままでもとっても可愛らしいのですが……、

プロのヘアメイクさんにばっちりお化粧してもらって、髪型や装飾も盛り盛りにやってもらって、

どん!!

どどん!! こーんなに大変身しちゃいました!

来店から、受付や衣装選び(5分)、メイク(40〜50分)、撮影(15分)と、1時間半ほどでこの変身っぷりです。すごすぎる!

ポーズもキマっていますが、これはカメラマンさんが的確に指示してくれるので、自分で悩む必要は無し!

色々な角度から、美しく、可愛く、写真を撮ってくれるので、まるで自分がモデルになった気分になっちゃうかも。

撮影後、着替えて帰宅になりますが、メイク落としとメイクセットは完備されているので、終わった後にメイク落とししたり、お直ししてそのままおでかけできます!

体験したTさんによると、「最初は変身写真ってどんな感じなのだろう、と思ったけど、メイクをしているうちにどんどん自分じゃなくなっていくみたいで本当に楽しかったです。出来上がった写真を見て、我ながらヤン・ミーの様になれたのではないでしょうか?!」と大満足の様子。た、確かにこれはやってみたい……!

お店の方によると「お母さんへのプレゼント」や「親子三世代」で訪れる方もいるそうで、こんな素敵な写真撮ってもらったら若返り必至。母の日の贈り物にもいいかもしれませんね。

写真プラン詳細や予約などは、公式サイトをご覧ください。

変身写真館 Metalily(メタリリー)
住所〒131-0045 東京都墨田区押上3-1-8大宮ビル2階
電話・FAX:03-6657-1662 
E-mail:metalily@metalily.com
営業時間10:00〜20:00 (18:00までにご来店ください)
http://metalily.com [リンク]

映画『悟空伝』は、あの孫悟空がダークヒーローとなって活躍する様子を描いたアクションファンタジー。天地境界の橋の上での激しいバトルは必見で、ニー・ニージェン・シュアン演じる「阿紫(あし)阿月」の美しさにもご注目です。

また、『修羅 黒衣の反逆』は『レッドクリフ』などで知られるスター、チャン・チェン主演のアクション映画。明時代の末期を舞台に、チャン・チェン演じる「沈煉(しんれん)」とヤン・ミー演じる「北斎(ほくさい)」が戦いに巻き込まれていく様子を壮大に描いた作品です。映画を観た後はぜひ変身写真館で、べっぴんぺっぴん中国女子になってみてはいかがでしょうか?

『悟空伝』
http://asian-selection-movie.com/

(C)2017 New Classics Media Corporation. All rights reserved.

『修羅 黒衣の反逆』
http://asian-selection-movie.com/

(C)2017 Huanxi Media All Rights Reserved.

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ