アウトローの魅力がビンビン! 映画『孤狼の血』中村倫也が新境地の暴力団構成員役

第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子さんの『孤狼の血』。暴対法成立直前の昭和63年・広島を舞台に暴力団系列の金融会社社員の失踪事件を追う刑事たちの姿や暴力団の抗争模様を描いたこの作品が白石和彌監督によって映画化。2018年5⽉12⽇の公開されます。

暴力団係班長の大上章吾役の役所広司さんをはじめ、松坂桃李さん、真木よう子さん、滝藤賢⼀さん、⾳尾琢真さん、駿河太郎さん、中村獅童さん、⽮島健⼀さん、⽥⼝トモロヲさん、ピエール瀧さん、⽯橋蓮司さん、江⼝洋介さんと豪華なキャストが揃った『孤狼の血』ですが、このほど尾谷組構成員・永川恭二を演じる中村倫也さんの新場面写真が公開となっています。

「こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でした」という中村さんですが、オールバッグにして目の据わった表情で拳銃を見つめる姿や、電話ボックスに座り込んでタバコを吸う様などは、「ザ・ヤクザ」という雰囲気。白石監督曰く「狂犬」という永川ですが、「アウトローなりの正義」を持っているという人物像でもあり、その侠気を中村さんがどのように演じるのか、期待が膨らみます。

映画『孤狼の血』公式サイト
http://www.korou.jp/ [リンク]

(c)2018「孤狼の血」製作委員会

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ