肌の乾燥対策には保湿スキンケア!美容家レコメンドの化粧水も紹介

肌の乾燥は女性の大敵!たっぷり保湿して、うるおいのある女性でいたいですよね。そこで今回は肌が乾燥する原因や乾燥対策ををチェック。美容ライター・松本愛さんオススメの化粧水もご紹介します。お気に入りのアイテムを見つけて、毎日のスキンケアに利用してくださいね。
[ 目次 ]
肌が乾燥する原因肌乾燥を防ぐための保湿ケアのポイント対策肌の保湿におすすめの化粧水まとめ

肌が乾燥する原因

【原因1】乾燥の最大の原因!?肌のバリア機能の低下健やかな肌は、しっかりと水分を保っている状態です。もともと肌には水分を保つための機能が備わっており、これを一般的に「バリア機能」と呼びます。主なポイントは「皮脂」と「細胞間脂質」で、これらが不足することで、肌は乾燥しやすくなります。
皮脂の役割皮脂は毛穴にある皮脂腺から分泌される油分です。この皮脂が皮膚の表面をカバーすることで、皮膚の内側にある水分の蒸発を防ぎます。皮脂の分泌量には個人差があり、過剰になっているとテカリやベタつくため嫌われる存在ですが、肌にとっては重要な役割を果たしています。皮脂のとりすぎや分泌が不足すると肌は乾燥しやすくなります。細胞間脂質の役割肌の表面は小さな角質細胞が集まって作られています。角質細胞をレンガにたとえると、そのすき間を埋めるセメントのような役割を果たすのが「細胞間脂質」です。この細胞間脂質が不足すると肌の表面はスポンジのようにすき間ができ、そこから水分が蒸発していきます。
肌の乾燥を招くさまざまな原因が、皮脂と細胞間脂質の不足につながり、乾燥を招きます。【原因2】間違ったスキンケア本来、スキンケアは肌を保護し健やかに保つためのものですが、間違った方法でスキンケアを行うことは、かえって肌を乾燥させてしまう原因を作ってしまいます。
【原因2】間違ったスキンケア
肌に負担となる過剰な摩擦特によくやってしまいがちなのが、「手による肌への摩擦」です。スキンケアをする際、手は何度も肌に触れることになります。クレンジングや洗顔では、手で汚れを落とそうと、肌をこすることで表皮を傷つけたり、必要な分の皮脂まで落としてしまい、乾燥を招きます。
その他にもピーリング系の石鹸やふき取り用化粧水で、肌を強くこすってしまうこと、タオルで拭くときに肌をゴシゴシこすってしまうことなどがあります。先述の通り水分を守っているのは角質層で、0.2mmよりもはるかに薄い層なのです。この薄い層めがけて強引にこすってしまうと、うるおい成分が簡単に流れ出してしまいます。
【原因3】食事や睡眠などの生活習慣の乱れスキンケアだけでなく、身体の状態を健やかに保つことも美容面においては重要な要素です。ここでは、特に大切な食事と睡眠について触れていきます。
栄養バランスが偏った食事健やかな身体を育み維持するためには、食事から必要な栄養素を吸収することが欠かせません。
しかし、食事メニューが偏ってしまうと、さまざまな不調となって身体に現れます。そのひとつが肌の調子の悪さ。タンパク質やビタミンやミネラル、必須脂肪酸など、今の食生活で不足しているものがないか確認し、食事を見直しましょう。難しい場合はサプリメントを活用する方法もあります。睡眠不足睡眠が不足すると体調が崩れるように、美容のコンディションも著しく低下します。睡眠は、身体の疲れを修復しストレスを回復するための時間でもあります。肌の調子の悪さは水分を維持しようとする肌の機能の低下につながり、乾燥や肌トラブルを招きかねないのです。

肌乾燥を防ぐための保湿ケアのポイント対策

ちゃんとスキンケアをしているつもりでも、すぐに肌が乾燥してしまうことがあります。ケア方法や使用する化粧品が肌に合わないことがないか、改めて見直しをするのも乾燥予防の第一歩です。
より効果的な保湿ケアを説明するには、化粧品成分の話などもありますが、ここでは保湿ケアにおいて重要なポイントをお伝えします。
洗いすぎ、落としすぎに注意!肌に負担を与えない正しいスキンケア
スキンケアはメイクや汚れを落とす「洗浄」から始まります。このときに、落としすぎてしまうことが、肌の乾燥を招くことになります。メイクを落とすクレンジング、汚れを落とす洗顔で注意したいのは、洗いすぎることによる皮脂の落としすぎです。
皮脂は肌から分泌される油分で、テカリやベタつくものというイメージから、洗い落とすことに力を入れてしまいがちです。しかし、皮脂は肌の乾燥を防ぎ、外部からの刺激から守るバリア機能としての役割を持っています。そのため、皮脂をすべて洗い落としてしまうと、肌の水分が蒸発していき、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。
洗顔後、肌がつっぱるのは洗いすぎのサイン!洗顔後、肌がピーンとつっぱるのは皮脂を落としすぎて油分がない状態で、洗いすぎているサインです。クレンジングや洗顔をする時間を調節して、つっぱらない程度に留めましょう。
また、使用する製品よって洗浄力も変わるため、マイルドな洗浄力のものに切り替えるのもポイントです。最近は保湿成分を配合した洗顔料があり、洗い上がりをしっとりとさせてくれるものもあります。保湿ケアは水分と油分のバランスを意識する洗浄した後は、しっかりとうるおいを与え、肌を整えるためのケアが不可欠です。肌のうるおいを与えるだけでなく、うるおいを長く維持することを目的に行ないます。
保湿ケアといえば、しっかり水分を与えて、油分でカバーする!と思う人は多いかもしれませんが、ここで重要なのは水分と油分をバランスよく肌に与えてあげることです。
しかし、水分と油分のバランスはその人の肌質や季節によって変わるため、自分にとってのベストなバランスを見極めてケアをする必要があります。特に乳液、クリーム、オイルなどの種類や製品によって油分の量や質感はバラバラです。
皮脂の多い人が化粧品で油分をたっぷりつければ、過剰な油分が肌に残るため、ベタつきや毛穴詰りを招くのでご注意。逆に皮脂が少ない人は、油分が足りないとすぐに乾燥してしまうので、肌の様子を見て油分の量を少しずつ上げていきましょう。
肌にうるおいを閉じ込める肌にうるおいを閉じ込める
クリームや乳液は、油分を豊富に含んだ化粧品です。保湿ケアは、化粧水で水分を与えるだけではすぐに蒸発してしまい保湿ケアとして不十分です。水分を与えた後は、油分で表面をカバーすることで、内側の水分の蒸発を防ぎます。そのため、クリームや乳液などの油分を含んだ化粧品が必要になるのです。クリームや乳液にも、水分を蓄える性質を持った保湿成分が含まれていることが多いです。
また、水分と油分を両方兼ね備えたオールインワン化粧品というものもあります。こちらは、洗顔後のスキンケアがひとつの化粧品で完了するというものですが、製品によって肌に合うもの合わないものがあるので、使用してうるおいが維持されているようであれば問題ありません。


肌の保湿におすすめの化粧水

それではここからは美容ライター・松本愛さんがおすすめする保湿系化粧水をご紹介します。感想を参考に、ご自身に合うものを探してみてくださいね。
モイストケアローション W(d プログラム)モイストケアローション W(d プログラム)
おすすめの理由乾燥して敏感になっている肌を守って育てる「dプログラム モイストケアローションW」。粉をふいたり、肌荒れするようなバッドコンディションでも、肌のバリア機能にアプローチして美しく整えてくれます。使ってみた感想浸透の良いテクスチャーの化粧水。何度も重ねづけができ、肌のコンディションに合わせて塗布量を調整できます。スッと入っていくので、意識しなくても肌をこすることなくハンドプレスでケアができるのがうれしいポイント。販売価格(編集部調べ):3,780円(税込)
内容量:125mL
医薬部外品
詳しくはこちら
プリマモイスト エクストラモイストローション(アテニア)プリマモイスト エクストラモイストローション(アテニア)
おすすめの理由大人の肌を研究しているアテニアの本格保湿ケアライン「プリマモイスト」。その中でも特に乾燥が気になる人向けのアイテムがこちら。角層のすばやく浸透して奥からしっかり保湿してくれます。キメを整え、渇きにくい肌へ導いてくれます。使ってみた感想白く濁ったとろみのあるローションは肌にスッとなじみます。肌なじみのよさのヒミツは、保湿成分の「ハイドロパワーカプセル」の極小さにあり。うるおいを作り出すという新アプローチのおかげか、しっとりうるおうのにベタつきないので使いやすくおすすめです。販売価格(編集部調べ):3,024円(税込)
内容量:100mL
GEローション モイスト(DHC)GEローション モイスト(DHC)
おすすめの理由美肌をサポートする「水溶性有機ゲルマニウム」を配合した化粧水。「水溶性有機ゲルマニウム」をはじめとして、複合セラミドや12種類のアミノ酸、コラーゲンやエラスチンなど多くの美肌成分がたっぷり配合されています。保湿・ハリ不足が気になる肌も若々しくうるおします。使ってみた感想肌なじみがよく、無理なく肌をうるおしてくれるローション。肌のツヤやハリ感がアップするのはもちろん、メイクのノリも良くなります。厳しい冬の乾燥はもちろん、季節の変わり目で敏感な肌にもおすすめ。販売価格(編集部調べ):5,940円(税込)
内容量:120mL
シスレイヤ エッセンシャル スキンケア ローション(シスレー)シスレイヤ エッセンシャル スキンケア ローション(シスレー)
おすすめの理由大人の肌の乾燥や肌荒れ時に使いたいトリートメントローション。後からのアイテムのなじみを良くするブースターとしても使えます。肌にすっとなじんでしっかりうるおうので、ふっくらとしたキメ肌を目指す人におすすめ。使ってみた感想ローションを手のひらに取り出し、顔全体に伸ばしてからマッサージするようになじませていきます。かなり重めのテクスチャーのローションなのに肌にスーッと入っていき、ふっくらモチモチに。肌のツヤが戻ってくるように、しっかりうるおいます。販売価格(編集部調べ):17,820円(税込)
内容量:150mL


まとめ

肌の乾燥対策には保湿スキンケア!美容家レコメンドの化粧水も紹介
乾燥は女性の肌の印象を損ねてしまいかねません。どんなにメイクがキマっても肌が乾燥していたらテンションも上がりきらないというもの。肌のうるおいは心のうるおい…に通じるものがあると思いませんか?保湿を心がけ、心も肌もうるおった美しい女性を目指しましょう。
(この記事の監修: writer/editor/美容ライター / 松本愛 先生)
【関連記事】
保湿力が高いファンデーション4選!乾燥や肌荒れを防ぐファンデ
乾燥肌におすすめの乳液ランキング3選!肌をしっとり保湿する乳液
顔がかゆい原因まとめ!乾燥による赤み・ぶつぶつの対策方法
カサカサ肌の原因は乾燥肌!保湿対策におすすめの化粧水
顔が乾燥する原因と皮むけ・かゆみのケア方法

このページのトップへ