子供の入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

地方自治体の設けた乳幼児、義務教育就学児の医療費補助制度が有効な期間は特段問題ではありませんが、医療費補助制度に該当しなくなった場合は、子供の医療保険を検討する必要が出てきます。子供の病気に備えた保険にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、子供の医療保険についてご紹介します。
保険に入るメリットとは?

子供の医療費は自治体によっては十分な助成制度が設けられているところもあります。制度に該当しなくなった場合や、自治体の制度では不十分である場合には、民間の子供用の医療保険を検討する必要があります。民間の医療保険に加入するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?
子供が入院する際には様々な費用が
子供が病気で入院が必要になった際には、自治体の乳幼児、義務教育就学児の医療費補助制度を利用することで治療費をある程度はまかなうことができますが、入院は治療費以外にもさまざまな出費が必要になることがよくあります。

例えば、病院までの交通費や食事代、個室にした場合の差額ベッド代など病気の子供にかかる費用はもちろんのこと、付き添い人の食事代など目に見えにくいお金も必要になります。入院する日数によっては、ある程度まとまったお金が必要となることもあり、請求をみて驚いたという方も少なくありません。民間の医療保険に加入している場合には、そういった出費の補てんに充てることができるため安心です。
どのような保険があるか

子供の医療保険には実際にどのような商品があるのでしょうか?おおよその金額やその保険の特徴などをご紹介します。
コープ共済 たすけあい「ジュニア20コース」
コープ共済「たすけあい」のジュニア20コースは、月々の掛け金がわずか1000円で加入できる子供の共済保険です。入院日額6,000円、ケガ通院は1日目から2,000円の補償があります。そけいヘルニアや虫垂炎(盲腸など)日帰り手術や、後遺障害、重度障害、子供や契約者の死亡等への補償もあります。

●コープ共済ホームページより

http://coopkyosai.coop/thinking/lineup/tasukeai/jr/feature.html
全労災 こくみん共済「キッズタイプ」
コープ共済と並んで人気があるのが全労済のこくみん共済「キッズタイプ」です。月々の掛け金わずか900円で、病気やケガ、損害賠償責任までをしっかりカバーしてくれます。個人賠償責任は自己負担金5000円で最高100万円が補償されます。

●全労済ホームページより

http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/kids/kids.html
全国生協連 生命共済「こども型」
生命共済「こども型」は、月掛け金1000円で入院日額5000円、ケガ通院1日目より2000円の補償が受けられます。手術や後遺障害などに対応しているだけでなく、がんと診断された場合には50万円、先進医療を受けた場合には1~150万円の補償があるなど対応の幅が広い点に注目です。

●全国生協連ホームページより

http://www.kyosai-cc.or.jp/mutual/product/child.html
アフラック 「ちゃんと応える医療保険EVER」
アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」は子供に特化した保険ではありませんが、一般的な生命保険会社の中でも比較的月々の保険料を抑えながら、厚い補償が受けられるとして人気があります。子供の場合、月の保険料も安く抑えられ、5日未満の入院や日帰り入院でも、入院給付金日額×5日分がまとめて支払われます。

●アフラックホームページより

http://www.aflac.co.jp/iryo/cever/
オリックス生命保険 医療保険「新CURE」
月額保険料1032円~で入院日額5000円、約1000種類の手術に対応している点、3大疾病による入院は支払い日数が無制限である点などが特徴です。がん一時金50万円を特約でつけることも可能など、3大疾病に対する補償が厚いため、子供時代に限らず長い目で見た場合に安心感の大きい保険だといえるでしょう。

●オリックス生命保険ホームページより

http://www.orixlife.co.jp/medical/n_cure/
マニュライフ生命「こだわり医療保険v2」
月保険料976円~で入院日額5000円の補償が受けられます。支払限度を45日・60日・120日型から選べる点や、先進医療に対応した補償、七大生活習慣病の際の入院限度日数を延長できるなどさまざまな特約がある点が特徴です。また、病気の際の体の状態だけでなく、セカンドオピニオンの電話相談や、医師や看護師にメンタルに関する電話相談ができるサポートなども整っています。

●マニュライフ生命ホームページより

https://www.manulife.co.jp/kodawari-iryo02
意外に少ない?子供が入院する可能性

子どもの医療保険は加入していると安心ですが、実際に子どもが病気で入院することは他の年代よりも少ないものです。厚生労働省は肺炎などの病気や怪我で入院した患者数の統計データを取っています。2014年の年齢階級別の入院者数によると、総数は1318.8千人に対し、0~19歳で入院した人数はわずか35.1千人でした。

子どもの医療保険を検討している場合には、そういった面も視野に入れながら月々の掛け金や保険料とのバランスを考えて加入することをおすすめします。

●厚生労働省ホームページ「平成26年(2014年)患者調査の概況」

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/14/index.html
国や自治体の医療費補助

子供の入院患者数は他の年代に比べて少な目ですが、子供が病気になると体が小さいことや抵抗力が弱いことなどから様態が急変することもよくあります。子供の遊びにはケガがつきもので、子供の医療に関して考えることは必要なことだとも言えるでしょう。そのため、国や自治体では子供の医療に関する助成金の制度を設けています。
子供の医療費補助制度
自治体では「乳幼児医療助成制度」や「子ども医療費助成」などと呼ばれる子供の医療費補助制度を設けています。内容や対象となる年齢、自己負担金などは各自治体によってさまざまです。子供が比較的小さなうちは、内容が充実しているケースが多いものですが、部活に参加したり行動範囲が広がる高校生くらいでは、自治体の医療費費助成度だけでは、医療費が賄えないというケースもあります。

自分の住んでいる地域の自治体が子供の医療費補助制度について、何歳まで対象としているのか、どのような場合に使えるのか、自己負担額がいくらなのかをチェックし、必要であれば民間の医療保険を検討してみてはいかがでしょうか?
まとめ

子どもの病気やケガは親にとっては自分のこと以上に心配になるものです。子どもの心配だけでなく、治療にかかるお金の心配も同時にやってきます。国や自治体の子どもに関する医療費補助制度である程度はまかなうことができますが、完全であるとは言い切れません。そんな場合は、必要があれば民間の子ども医療保険を検討してみてはいかがでしょうか?

関連リンク
【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は? | マイナビウーマン子育て
【医師監修】胎嚢と胎芽が確認できる時期は?見えない時の原因について | マイナビウーマン子育て
100均のベビー用品が予想以上に使える!通販対応のショップを紹介 | マイナビウーマン子育て

このページのトップへ