子供の怪我の保険はどれがおすすめ?保障内容やポイントをそれぞれ紹介

子どものケガ保険には自転車保険など内容の特定されたものもありますが、ケガ全般に備える「傷害保険」があるのをご存じでしょうか?今回はおすすめ傷害保険を比較して保険料が安いものやそれぞれの補償内容などをご紹介します。
子供の怪我の保険、傷害保険とは?

子供の怪我に備える傷害保険、加入するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?どのような場面で傷害保険が役に立つのかチェックしてみましょう。
子供の怪我に備えた保険
子供が保育園が幼稚園、小学校に入学すると行動範囲も広がります。遊びの幅も広がり、骨折や脱臼など通院や入院が必要になるほどの大きな怪我をする可能性もあります。そんな時に傷害保険に加入していると保険金で入院費や治療費、交通費などをまかなえるため安心です。傷害保険に加入していると費用の心配をせず、治療に専念できます。
不慮の事故に備える保険
子供の怪我は自身が怪我をするだけでなく、遊びや喧嘩の中で友達に怪我をさせてしまうことが考えられます。自身の子供が加害者の立場となり、相手が怪我をした部分を縫うなどの大きな怪我に発展してしまった場合には、子供とはいえ、損害賠償責任を負うこともあります。傷害保険は自身の怪我だけでなく、そのように他人を傷つけてしまった場合にも備えることができる保険です。

子供の遊びや喧嘩では思わぬ怪我が発生することがあります。傷害保険はそんな万が一の時にサポートとなってくれます。
どういったタイプの保険があるの?
ひとくちに傷害保険といっても、いくつかのタイプに分かれます。それぞれの特徴をご紹介します。

■怪我に特化した傷害保険

病気に対する補償はなく、万が一の怪我に関する内容を補償する保険です。子供本人が補償の対象者となる場合と、家族全員まとめて加入するものの2パターンに分かれます。子供の人数が多い場合や、両親も同時に傷害保険を検討している場合には家族型のほうが保険料が安く済む場合があります。自身の怪我だけでなく賠償責任補償がついているものが大半です。

■子供の総合型保険

怪我だけでなく、病気なども含めた生活全般をトータルに補償する保険もあります。損害賠償責任への補償がついていないものもあるため、特約でつけることができるかどうかもチェックするポイントになります。

■学資保険

祝い金や満期金が受け取れ、子供の将来の教育資金を貯蓄する目的で行う学資保険ですが、商品の中には医療や怪我にも備えた内容になっているものもあります。ただし、医療や傷害に備えている場合は満期金の返戻率が100%を切るものも多いため、返戻率とのバランスを考える必要があります。

■特約としてつける傷害保険

何かしらすでに加入している保険がある場合には、特約として傷害保険を付けることができないか確認しておくことをおすすめします。新規で加入するよりも手続きが簡単に済ませられたり、トータルの保険料が安く済む可能性もあります。
保険の加入時期はいつがおすすめ?
赤ちゃんが歩き始めて子供に成長する頃には、行動範囲が徐々に広がり怪我をする可能性も高くなります。そういった歩き始めの頃に傷害保険の加入を検討してみても良いでしょう。傷害保険の中でも、損害賠償責任を考えた場合には、お友達に怪我をさせてしまう可能性が高まる保育園や幼稚園の入園時期には備えておきたいものです。
子供の怪我の保険、どれがおすすめ?

子供の傷害保険は共済や生命保険会社などが商品を販売していますが、中でもおすすめの傷害保険をいくつかご紹介します。傷害保険選びに迷った場合の参考にしてみてはいかがでしょうか?

コープ「子供のケガ保険」
生協会員であればWebからも加入ができるという手軽さが魅力の「コープ子供のケガ保険」は、コープの団体契約保険なので月々の保険料が手ごろな点が人気の理由のひとつです。

【プランの内容・特徴】

スタンダードなAコースと入院・通院・手術・後遺障害・死亡時の補償を手厚くしたBコースの2種類から選べます。申し込み期間によって保障開始日が異なるため、加入の際には確認しておくことをおすすめします。賠償責任保障がついており、最高1億円まで補償されます。1人の加入で家族全員が補償対象となる家族型です。

●コープライフサービス ホームページより

https://www.coop-lifeservice.co.jp/hoken/shougai/kodomo-kega.php
全国共済「生命共済 こども型」
全国共済の「こども型」はこども1型と補償をより厚くしたこども2型の2種類から選べます。

【プランの内容・特徴】

こどものケガによる入院や通院だけでなく、手術や損賠償責任へのの保障もついています。損害賠償責任は自己負担額1000円が必要ですが、1事故につき100万円まで補償されます。健康保険が適用されない先進医療に対する補償があるのが大きな特徴です。共済なので、決算後に剰余金が生じた場合は、割戻金がかえってくるのはうれしいポイントです。

●都道府県民共済グループ 全国共済ホームページより

http://www.zenkokukyosai.or.jp/product/life/child/security.html
全労災「キッズタイプ」
全労災の「キッズタイプ」は少ない掛け金で子供の怪我だけでなく病気までトータルに補償を受けることができます。補償を厚くした「キッズワイドタイプ」もあります。

【プランの内容・特徴】

一般的なケガだけでなく、病気や事故による手術や入院を補償します。法律上の損害賠償責任を負うとき、自己負担5000円で最高額100万円までの損害賠償責任補償も付いています。共済なので余剰金が出た場合に割戻金が出るのもポイントです。

●全労済ホームページより

http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/kids/kids.html
総合保険センター「小学生総合保険」
「小学生総合保険」は転倒などによるケガだけでなく、地震・噴火・津波などの自然災害によるケガまで補償の対象となる保険です。補償内容によって、節約コース、基本コース、充実コースに分かれます。

【プランの内容・特徴】

ケガだけでなく病気による入院や手術にも対応する総合型保険です。熱中症、ノロウイルスなどでの食中毒やO-157なども補償対象となる幅広さが特徴です。賠償責任補償だけでなく、子供の扶養者が交通事故以外の事故に遭った際に死亡または重度後遺障害を被った場合の育英費用の支払いもあります。

●総合保健センター ホームページより

https://www.sougouhoken.jp/gakuso/eec/syogaku/index.html
まとめ

子供の行動範囲が広がるにつれ、心配になるのが子供の怪我です。子供自身が怪我をした場合の補償はもちろん、他人に怪我をさせてしまった場合の損害賠償責任補償などもトータルに考えていく必要があります。子供の万が一のためにも傷害保険は早めに検討し、加入しておくことをおすすめします。

関連リンク
妊婦さんもコーヒーを飲んでも良い? 正しいカフェイン摂取量を知ろう | マイナビウーマン子育て
【医師監修】葉酸サプリはいつ飲めばいい? 摂取時の3つのポイント | マイナビウーマン子育て
【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は? | マイナビウーマン子育て

このページのトップへ