学資保険に入るメリットとデメリット。選ぶポイントやオススメ商品は?

子どもの将来の教育資金を考えた時に、自分たちで貯金をするのか学資保険を活用するのか迷うという家庭も多いものです。学資保険は必要なのでしょうか?それとも必要ないものでしょうか?学資保険についての参考として、学資保険加入のメリットやデメリットをご紹介します。
学資保険ってそもそもどういうもの?

学資保険とは、将来必要となる子どもの教育資金を、毎月の保険料を納めることで積み立てをしていき、満期やその他のタイミングで保険金として受け取るというものです。保険会社を活用した先取り貯金のようなイメージを持てば分かりやすいでしょう。
学資保険のメリット

確実にお金をためやすい
学資保険の必要性を考えるためには、メリットとデメリットを知ると良いでしょう。学資保険に加入するメリットをご紹介します。
学資保険に加入すると、毎月保険料として引き落とし口座から自動で振り込み手続きが行われます。そのため、半ば強制的に将来の教育資金を貯蓄できることにつながります。貯金が苦手なタイプの方や、まだまだ先のことだからとのんびりと構えてしまうタイプの方には、学資保険は有効な教育資金貯蓄法だと言えるでしょう。
親の死亡保障がある
学資保険の多くは、払込免除特約を付けることができます。払込免除特約とは、契約者(親)が死亡または高度障害状態になった場合に、以後の保険料の払い込みの必要がなく、且つ保険金の受取りは、契約書の内容通りに行われるというものです。万が一、契約者(親)が死亡してしまっても子どもの教育資金が確保できるのは大きなメリットです。
生命保険料控除により税金が少しお得
学資保険は、一般的な医療保険や死亡保険と同様に、年末調整の際に書類を提出することで生命保険料控除が受けられます。普通に教育資金を貯蓄する場合には、お金が戻るということはまずあり得ないため、学資保険に加入して教育資金を貯めるからこそもらえるお金だと言えるでしょう。
契約者貸付が利用できる
貯蓄性の高い学資保険に加入している人は、解約返戻金のうちの定められた範囲内でお金を借りることもできます。「契約者貸付制度」といい、利率が非常に安いのが特徴です。お金を借りながら貯蓄するというのは本末転倒のような気もしますが、万が一の際には、そういった安心があるのもメリットだと言えるでしょう。
定期貯金よりも利率が良い
1年ものの定期預金の利率は現時点(2018年1月17日時点)で0.014%です。もちろん、利息からは利子所得も引かれます。それに対し、学資保険の返戻率は100%以上が基本で、高いところでは110%程度、商品によっては払込期間を短くすることでさらに返戻率を上げることができるものもあります。利率の面で考えても、定期預金よりも学資保険の方がお得だと言えるでしょう。

●日本銀行ホームページ「預金種類別店頭表示金利の平均年利率等 2017年1月17日掲載分」

https://www.boj.or.jp/statistics/dl/depo/tento/index.htm/
学資保険のデメリット

では反対に、学資保険に加入することでどのようなデメリットが生じるのでしょうか?内容だけでなく、メリットとのバランスも検討してみましょう。
長期的に資金が拘束される
学資保険のメリットである、半ば強制的に貯蓄できるということの裏返しとして、子どもが成長するまでの長い間、資金が拘束されるということが言えるでしょう。学資保険の加入は、資金流用の自由度が低いことがデメリットとして挙げられます。また、途中解約すると元本割れしてしまうこともあるため注意が必要です。
インフレに弱い
現時点では、定期預金などの金利は低めで、それに対し学資保険の返戻率は高めですが、将来、インフレになり貯金の金利が高くなった場合には、学資保険に加入している場合のほうが、利回りが悪くなるという可能性もあります。将来の可能性のことであるため、今すぐのデメリットではありませんが、加入の際には考えておく必要があると言えるでしょう。
保険会社が破綻した時にペイオフがない
銀行に貯金している場合、銀行が破綻してしまっても1000万円までは全額補償される(ペイオフ)という法律があります。しかし、学資保険の場合は、生命保険会社を活用しているため、生命保険契約者保護機構によって9割までは保護されますが、残りの1割は補償されない可能性があります。学資保険に加入する際には、生命保険会社選びを慎重に行うことをおすすめします。
まずは教育費で必要な金額を把握

では、実際に子どもにはどのくらいの教育資金を準備しておく必要があるのでしょうか?商品を選びプランを立てる際には、まずは必要な金額を把握しておくことが必要です。
必要な教育資金はいくら?
子どもが社会に出て働くまでに必要となる教育資金は、子どもが選ぶ進路によっても大きく異なります。文部科学省が公表している「学生納付金調査」「私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」によると、国立大学に進学した場合にかかる4年間の費用は242万5200円、公立大学の場合で254万7401円です。私立大学に進学した場合はさらに高くなり、4年間でかかる費用の平均は、376万4401円になります。

金額を見ると子どもの教育資金を確保しておくことがいかに大切かが分かります。

●文部科学省ホームページ「国公私立大学の授業料等の推移」

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/__icsFiles/afieldfile/2017/12/26/1399613_03.pdf
いつから入るべき?

NTTコムリサーチが2013年に行った学資保険の調査によると、10歳未満の子どもがいる家庭における、学資保険に加入率は57.2%と約半数以上にのぼります。学資保険にはいつから入るのがベストなのだろうかと考える方も多いものですが、保険料の多くは、子どもの年齢と契約者(親)の年齢が関係しているため、なるべく早い段階で加入し準備に取り掛かることをおすすめします。

学資保険の商品によっては、妊娠中(出産予定日より140日前頃)から加入できるものもあります。妊娠中から加入する場合は、払込み期間が早めに終わるというメリットもありおすすめです。

●NTTコム リサーチホームページ「学資保険に関する調査」

https://research.nttcoms.com/database/data/001583/
学資保険を選ぶポイント

ひとくちに学資保険といっても、たくさんの保険会社がさまざまな商品を発売しているため、何を基準に選べばよいか迷ってしまうものです。学資保険の選び方のポイントをご紹介します。
返戻率
学資保険に入る目的として、将来の教育資金をためるためという場合は、学資保険の返戻率をチェックしましょう。返戻率が100%である場合には、家でお金を貯めるのと同じく、支払った保険料と満期で戻ってくる保険金が同じ金額になります。100%を超える場合は貯蓄性が高く、支払ったお金よりも多くのお金が返ってくるためお得です。100%を切ると元本割れになるため、貯金目的である場合には不向きです。
学資金受け取りのタイミング
保険金を受け取るタイミングは、商品によってさまざまです。子どもが18歳の時に受け取れるもの、18歳で受け取り、以後4年程度祝金がでるもの、22歳で満期を迎えるものなど、自分が「お金が必要だ」と感じる時期に受け取れるようなプランであるかをチェックしておきましょう。受け取る回数によって返戻率が異なるものもあるため、注意が必要です。
払込方法
保険会社によっては、払込方法が選べるところがあります。毎月銀行口座から引き落としになるという月払で支払うのが一般的ですが、半年払いや年払いで収めることができる場合もあります。年払いや半年払いなど比較的まとまったお金を支払うように設定しておくと、保険料が割引になる場合が多くお得です。
オススメの学資保険

たくさんある学資保険の商品の中で、オススメのものをご紹介します。商品選びに迷った場合には参考にしてみてください。
ソニー生命 学資保険
満期のパターンが4種類あるため、さまざまなニーズに合わせた商品として対応力が高い点が特徴です。育英年金や医療保障がない分、返戻率が高めという点でも貯蓄として学資保険を検討している方におすすめです。払込満了年齢を10歳に設定した場合の返戻率が115.9%と非常に高い点に注目です。

●ソニー生命保険株式会社「ソニー生命の学資保険」

http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/educational/
かんぽ生命 学資保険「はじめのかんぽ」
かんぽ生命に学資保険は、郵便局で手続きができるため、全国的に手続きしやすい点が魅力です。かんぽ生命の学資保険は、プランの練り方によっては返戻率が100%以上にもなるため払い込み満了年齢の設定などは要チェックです。

●株式会社かんぽ生命保険「学資保険 はじめのかんぽ」

http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/gaksi/prd_lu_gks_index.html
日本生命(ニッセイ) 学資保険
ニッセイの学資保険は、保険料の払込期間を最短で5年に設定できる点が特徴です。祝金の受け取りの有無も選択できます。返戻率を意識しながら商品を選ぶことをおすすめします。

● 日本生命保険相互会社「ニッセイ学資保険」

http://www.nissay.co.jp/kojin/gakushi/?utm_source=google-name-complex&utm_medium=cpc&utm_campaign=name-complex&device=c
まとめ

学資保険に入るメリットとデメリットを考え、自分にとってどのような商品が向いているのかを検討してみましょう。学資保険の商品選びに迷ったら、返戻率や保険金を受け取るタイミングなど将来の状態をイメージしてみましょう。口コミなどをチェックしてみても良いでしょう。

関連リンク
【医師監修】葉酸サプリはいつ飲めばいい? 摂取時の3つのポイント | マイナビウーマン子育て
【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は? | マイナビウーマン子育て
【医師監修】胎嚢と胎芽が確認できる時期は?見えない時の原因について | マイナビウーマン子育て

このページのトップへ