子供に共済は必要?おすすめの商品を徹底比較

子供の医療保険を考えた時に、共済保険を考える家庭も多いものです。共済保険は、掛け金が手頃な上に、厚い補償内容があるとして人気があります。子供の共済はいつから入るべきなのでしょうか?いくつかのおすすめの共済をご紹介します。
子供の共済、徹底比較!

子供の共済はどれも一緒だと思っていませんか?子供の共済はいくつくらいから入るべきなのでしょうか?共済は、掛け金が安いと言いますが、掛け金はいくらくらいなのでしょうか?
子供に共済って必要?
子供は大人が想定しているよりも思わぬ行動を取ることもあります。万が一の事故によるケガや病気などに対応するには、何かしらの保険に加入していることが賢明だと言えるでしょう。共済は、掛け金が安いのに補償が充実しているということもあり、子供用の万が一の備えとして加入する方が多くいます。子供の共済保険は、健康保険のように医療的な側面と、傷害保険のように怪我や個人賠償責任に対応している内容が含まれており、少ない掛け金ながら大きな安心が得られるとして人気があります。
子供の共済っていつから入るべき?
共済保険も、一般的な生命保険と同じく加入していなければ補償を受けることができません。赤ちゃん時代は少しの体調の変化だと思っていても、急激に状態が変化することも多いものです。幼稚園や保育園に入ると周りの子供から病気がうつることもあります。小学生になると行動範囲が広がり、思わぬ大きなケガをしてしまう可能性もあります。必要になった時にいつでも対応できるよう、子供が誕生したらすぐに加入しておくと安心です。
子供の共済っていくらくらい?
子供の共済保険は「掛け金が安くて良いよ」という話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?共済保険の掛け金は、一般的な生命保険の保険料よりも比較的手ごろなものが多いものです。子供の共済保険の掛け金は月々1000円前後~2000円程度までというのが一般的です。補償内容は商品によってさまざまなので、内容と掛け金のバランスを見て商品を選ぶことをおすすめします。共済選びに迷ったら、実際に加入している人の口コミをチェックしてみても良いでしょう。
子供の共済、徹底比較!

共済保険はさまざまですが、中でも代表的なものをいくつかチェックしてみましょう。掛け金や補償内容などを見比べて、人気の理由を推測し、自分の求めるものに合うものを探してみましょう。

コープ共済連「コープ共済」
「コープ共済」は月々の掛け金が、1000円・2000円の2コ-スに加えて、持病などの加入条件がゆるやかな月1900円のコースもあります。補償内容とバランスを考えて必要なものを選ぶことができ、+100円で先進医療特約が付けられるなど、カスタマイズも可能です。

●日本コープ共済生活協同組合連合会ホームページ「たすけあい ジュニア20コース」

http://coopkyosai.coop/thinking/lineup/tasukeai/jr/feature.html
全労済「こくみん共済」
月々の掛け金を抑えたい方におすすめなのが全労済の「こくみん共済」キッズタイプです。補償をより厚くしたい場合には、月々1600円のキッズワイドタイプもあります。個人賠償責任に免責があり最高額も100万円までという制限がありますが、個人賠償責任が特約ではなく、通常付帯されている点が特徴です。

●全労済ホームページ「子どもの総合保障 キッズタイプ」

http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/kids/kids.html

全国生活協同組合連合会「都道府県民共済」
埼玉県に本部がある県民共済。名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?都道府県民共済・全国共済「こども型」は、掛け金が月々1000円のコースと2000円のコースの2種類があります。最高100万円までという金額の制限と、自己負担額(1000円)があるものの、個人賠償責任が自動付帯という点が魅力です。高い割戻金がある点も見逃せないポイントです。

●全国生協連ホームページ「生命共済 こども型」

※記事作成用参考サイト:http://www.kyosai-cc.or.jp/mutual/product/child.html
JA「JA共済」
JA共済のこども共済は医療共済保険・健康保険という役割のものではなく、学資保険貯蓄型です。満期以外にも祝い金の受け取りが複数回ありますが、返戻率がいずれも100%を超えるという高い貯蓄性がある点が特徴です。

●JA共済ホームページ「こども共済」

http://www.ja-kyosai.or.jp/okangae/product/human/kodomo.html
まとめ

子供の共済保険は、手ごろな掛け金で厚い補償が受けられるとして人気があります。補償内容は加入する共済によってさまざまです。掛け金や入院補償、個人賠償責任など何を重視するかをまずは自分で整理してから商品を見比べてみましょう。

関連リンク
【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は? | マイナビウーマン子育て
【医師監修】葉酸サプリはいつ飲めばいい? 摂取時の3つのポイント | マイナビウーマン子育て
【医師監修】胎嚢と胎芽が確認できる時期は?見えない時の原因について | マイナビウーマン子育て

このページのトップへ