学資保険は出産前に加入すべき?生まれる前と生まれた後での違いを解説

子供の将来にかかる費用を考えた時に、学資保険に加入するということを検討する方も多いものです。学資保険はどのタイミングで加入するのがベストなのでしょうか?学資保険に加入するメリットやデメリットと共に考えてみましょう。
学資保険にはいつ加入するのがベストか

子供の将来の教育資金を貯めようと、学資保険に加入する方は多いものです。では、学資保険はどのタイミングで加入するのがベストなのでしょうか?妊娠中から加入することは可能なのでしょうか?
子供が生まれる前に入っておくべき?
子供の学資保険は、子供が0歳の時から加入できるものが大半です。より詳しく説明すると、出産140日前頃、すなわち妊娠5カ月目くらいの段階で加入できる保険商品が増えています。

生まれる前から加入する保険?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、保険商品には「出生前加入特則」というものを設定しているものがあり、子供が生まれる予定の時期から逆算して、出生の140日前から加入することができるというわけです。加入時には被保険者の名前を空欄で書類を提出し、出生後に名前を改めて届けることになります。

産後は何かと忙しく、学資保険を検討する時間がないというケースも多いものです。可能であれば妊娠中に加入しておくことをおすすめします。
出産前・妊娠中に学資保険に加入するメリット
妊娠中から学資保険に加入するメリットとしては、保険料の払い込みが繰り上げで少し早く終えることができるという点や、産後に加入するよりも親の年齢が1歳若いため、産後に入るよりも月々に支払う保険料が少しお得になることがあります。

出産後は赤ちゃんのお世話に忙しく、あまりじっくりと学資保険を比較検討する時間が取れないこともありますが、妊娠中であればじっくり検討できるのもメリットとして挙げられます。
出産前・妊娠中に学資保険に加入するデメリット
妊娠中に加入することで生じるデメリットもあります。月々の保険料の支払いは、加入した月からスタートします。そのため、支払いが早い段階からスタートするということがデメリットとして挙げられます。ただし、これは保険料の払い込みが早く終わるというメリットの裏返しでもあるため、デメリットばかりであるとは言い切れません。

ほかには、産後に赤ちゃんの名前や誕生日などを登録する追加手続きが必要になるということも面倒だと感じる方もいます。
学資保険にはどんな特約がある?

学資保険も、一般的な医療保険と同様に特約を付けることができます。学資保険に付けることの多い特約にはどのような種類があるかご紹介します。特約を検討している方は参考にしてみてください。
医療保険特約
子供の万が一の事故によるケガや病気の保障を学資保険に特約として付帯することができます。しかし、保障が受けられる分、満期で受け取れる保険金の返戻率が下がるという点があるため、しっかりと考えてから決断したい特約です。医療保障が自動で付帯している学資保険などもあるため、保険商品の内容をきちんと理解しておく必要があります。
育英年金特約
契約者である子供の親が死亡かまたは所定の内容に該当した場合に、育英年金を所定の期間、受け取れるという特約です。ただし、返戻率が下がるという点に留意する必要があります。また、育英年金で子供が保険金を受け取った場合は、相続税がかかるだけでなく、育英年金の金額が年間間38万円を超えた場合には課税所得が発生してしまうという点にも注意が必要です。
払込免除特約
契約者である子供の親が死亡かまたは所定の内容に該当した場合に、死亡や該当時以降の保険料の支払いが免除されるという特約です。支払いは免除されますが、お祝い金などの保険金を全額受け取ることができるため安心です。この特約を付けるときは、契約者が両親のどちらになるかということがポイントになります。
学資保険でかかる税金について

学資保険に加入していると、定期的に祝い金が受け取れる設定にしている方も多いのではないでしょうか?満期になると保険金がもらえることになります。このお金は一時所得として課税の対象になるのですが、受け取った保険金とこれまでに払い込んだ保険料の差額が50万円を超えた場合に限られています。学資保険の返戻し率は高くても100%前後であるのが一般的であるため、ほとんどの場合で所得税が課せられることはないでしょう。

しかし、保険金の受取人を子供にしている場合は要注意です。子供が受取人になっている場合は、保険金の払い込み負担が親であるため、贈与税の対象としてみなされます。贈与税は所得税とは計算方法が異なり、場合によっては税金を納めなくてはならないという可能性もあります。
出生前学資保険を扱う業者でおすすめは?

出生前に加入できる学資保険で、おすすめの会社の学資保険をそれぞれチェックしてみましょう。
株式会社かんぽ生命保険
かんぽ生命の学資保険は、育英年金をなくし、子供の死亡保障を払込保険料相当額にしたことで、返戻率が改善されつつあります。払込終了年齢などプランの選択の仕方によっては、返戻率が100%以上にもなるためプランの練り方が重要です。

●株式会社かんぽ生命保険ホームページ「学資保険 はじめのかんぽ」

http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/gaksi/prd_lu_gks_index.html

アフラック
アフラックの「夢みるこどもの学資保険」は、保険料の払い込み済みの年齢を選ぶことができ、子供がまだ小さく子供にかかるお金が少ないうちに、将来の学資保険のためのお金を払い終えることができる点がポイントです。

●アフラック ホームページ「アフラックの夢みるこどもの学資保険」

http://www.aflac.co.jp/education/gakushi/
ソニー生命保険株式会社
ソニー生命の学資保険は、満期が4種類ある点が特徴で、状況にマッチした時期が選べる点がポイントです。育英年金や医療保障がない分、返戻率も高めです。

●ソニー生命保険株式会社ホームページ「ソニー生命の学資保険」

http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/educational/

ニッセイ
ニッセイの学資保険は、保険料の払込期間を最短で5年に設定でき、払込期間に応じて支払う保険料の総額や返戻率が変化するのが特徴です。祝い金も受け取りの有無がコースで選べます。

●日本生命保険相互会社ホームページ「ニッセイ学資保険」

https://www.nissay.co.jp/kojin/gakushi/
まとめ

学資保険は、妊娠中に検討し加入しておくことで受けられるメリットがあります。保険金の支払いが早くからスタートしますが、子供が大きくなってお金が必要になるころに、少しでも早く払い込みが終了するというのは実感として非常に大きなメリットとなるでしょう。妊娠がわかったら、学資保険の検討をスタートさせることをおすすめします。

関連リンク
【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は? | マイナビウーマン子育て
【医師監修】葉酸サプリはいつ飲めばいい? 摂取時の3つのポイント | マイナビウーマン子育て
【医師監修】胎嚢と胎芽が確認できる時期は?見えない時の原因について | マイナビウーマン子育て

このページのトップへ