エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンを設置していると、ときどき掃除をしなければならず、ストレスを感じている方もいる事でしょう。そもそもエアコンはなぜ汚れるのかを理解しないと、正しく掃除することはできません。エアコンの汚れの原因から、掃除のコツ、業者に依頼する方法を紹介します。
なぜエアコンは汚れるのか?

そもそもなぜエアコンが汚れてしまうのか、その理由を理解しておきましょう。エアコンはもともと汚れやすい仕組みがあるため、どのように汚れるのか覚えておくことをおすすめします。
エアコンから風が出る仕組みとは?
エアコンを稼働させると、まず本体が周囲の空気を吸い込み、熱交換機、ファン、吹き出し口の順番で風を通します。つまり、室内の空気にホコリや油、タバコの煙などが含まれていれば、必然的にエアコンの内部も汚れてしまうのです。空気中にはたくさんの異物が含まれており、エアコンを稼働させれば汚れは避けられません。
エアコンが汚れる原因とは
エアコンが汚れる原因は、まず周りの空気を吸い込みホコリなども一緒に取りこみ内部が汚れることです。そして、キッチンやダイニングの近くにあるエアコンの場合は、油を含んだ空気に触れること、和室にあるエアコンならお線香の煙の影響を受けること、また喫煙者がいればタバコの煙で汚れてしまうことが原因とされます。なお、エアコンは稼働させていなくても、外側は徐々に汚れてしまいます。
汚れを放っておくと不健康に
エアコンには空気中に含まれていた、カビ、ダニ、花粉なども一緒に取り込んでいます。そのまま掃除をせず放置すれば、それらの物質をエアコンの風と一緒に放出しているようなものです。アレルゲンともなりえますから、子育て中の家庭はとくに注意しなければなりません。そのまま放置すれば不健康で、アレルギーが酷くなる可能性もあります。
汚れが原因でエアコンにも不具合
エアコンに付着した汚れは、エアコンの不具合に発展する可能性があります。風を取り込む力や、放出する力が弱くなり、風量が小さく風ムラになるでしょう。冷房や暖房の効率も悪くなり、最悪なケースでは故障の原因となります。エアコンからの水漏れや、悪臭の原因ともなるため、掃除はこまめにする必要があるのです。
エアコンの汚れを取る方法

エアコンは定期的に掃除が必要といっても、掃除のやり方はわかりにくいでしょう。フィルターと吹き出し口の掃除方法の手順を紹介します。
フィルターの掃除方法
エアコンのフィルターは、月に1回くらい頻度で掃除をしましょう。最初にエアコン本体に付着したホコリを、掃除機を使って吸い込んでおきます。エアコンパネルを外したら、フィルターを丁寧に取り外してください。プラスチックでできているため、無理に外そうとすると割れてしまいます。取り外し方を説明書で確認してから取り外しましょう。

フィルターを外したら掃除機を使ってそっとホコリを吸い込んでください。掃除機は必ず外側からかけて、内側からだと詰まりの原因となります。掃除機だけだと細かいホコリは除去できませんから、洗面所やお風呂でシャワーを使って洗浄しましょう。シャワーは内側から当てると、目詰まりを予防ができます。

吹き出し口の掃除方法
エアコンの吹き出し口の掃除は、内部を触ることになるため、コンセントを抜いておきましょう。吹き出し口のルーバーを回し、布を使って丁寧に拭いていきます。汚れが付着している場合は、布に薄めた中性洗剤を吹き付けてから拭いてください。洗剤を使ったら仕上げに水拭きすることも忘れないようにしましょう。最後にコンセントを入れて送風します。
自分でやる場合は注意が必要
エアコン用洗浄スプレーを使って洗う場合は、電装部分にかからないよう注意してください。精密部分にスプレーがかかると、故障の原因となります。スプレーは冷却フィンの部分に吹き付けて落とすようにしてください。間違ったやり方ですと、スプレーでホコリが内部に入り込んでしまい、結露水が溜まって水漏れの原因となる可能性もあります。やり方がわからない場合は、無理せず業者に任せましょう。
エアコン掃除を業者に頼む場合

自分でお手入れできる外側やフィルターは別として、それ以外の汚れは業者に任せると安心です。汚れが蓄積するとエアコンの性能を落とす原因にもなりますから、定期的に掃除を依頼してみましょう。
エアコンクリーニング業者の料金比較
エアコンクリーニングは壁掛けタイプなら、13,000円くらいが相場です。幅が120cmタイプだと15,000円くらい、お掃除機能付きでは25,000円くらいの費用になります。事前に見積もりを依頼しておくと安心でしょう。
依頼する頻度は?
業者に依頼するエアコンクリーニングは、1年に1回が目安です。ダスキンなら無料見積もりにも対応し、料金が明確に提示されているため、安心して利用できたという口コミが多いようです。汚れが目に見えてわかり、やってよかったという声があります。

●株式会社ダスキン ホームページ

https://www.duskin.jp/
まとめ
エアコンは使っていても、そのまま放置していても汚れてしまうものです。内部に汚れが付着したままだと、アレルギーや故障の原因にもなりかねないため、定期的に掃除をしましょう。自分でエアコンを掃除しながら、業者に依頼する方法も検討してみてください。

関連リンク
基本的なミルク作りのポイントは?正しい作り方と役立つグッズを紹介 | マイナビウーマン子育て
飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事 | マイナビウーマン子育て
室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介 | マイナビウーマン子育て

このページのトップへ