彼に八つ当たりしてしまったら、落ち着いて心がけてほしいこと



生理前や仕事でうまくいかないとき、友達に嫌なことを言われた、などなど・・・。生きていれば、ときにそんな「気分の悪い日」はやってきます。
そういうときは、距離が近い彼についつい攻撃的になってしまう、という女性もいるでしょう。自分でも感情のコントロールがうまくできずに、彼を傷つけてしまって自己嫌悪してしまうことも。
今回は、彼に八つ当たりしてしまったときの対処法4つをご紹介します。

1.気持ちを吐き出すなら早めに


「生理前でイライラしてた」「仕事でイヤなことがあった」という八つ当たりの原因は、伝えるならなるべく早めがベター。
きちんと謝るのは、次項でご紹介するように落ち着いてからでも十分間に合いますので、「八つ当たりだ」という状況を彼に理解してもらうため、取り急ぎ、理由を伝えましょう。
八つ当たりされて戸惑っている彼も、少し落ち着くハズ。意地になってだんまりを貫いていると彼はますます困惑してしまいます。

2.心が落ち着いてからきちんと謝る


八つ当たりしてしまったことを彼に謝るのは当然ですが、しっかりと気持ちが落ち着いてからきちんと謝ること。日を改めても良いですね。心が落ち着いていない状況でムリヤリ謝っても、またひどい言葉を浴びせてしまうかもしれません。
八つ当たりをしてしまって、彼に申し訳ない。そう思ったときに謝るのが一番。手紙でもLINEでも電話でもOK。「大好きなのに、ごめんなさい」「怒らないでくれてありがとう」と傷つけてしまったことに対するフォローも一言添えられるといいですね。

3.謝った後は彼に軽く埋め合わせ


謝ったあとは八つ当たりしてしまったことに対して、埋め合わせしましょう。彼の好きな料理をつくったり、好きなお菓子を買ってきたり、マッサージをしたり。
イヤな思いをさせてしまった彼には、きちんとその後、「良い思い」をしてもらいましょう。「モノで解決するみたいでちょっと・・・」と思うかもしれませんが、「悪かったと思っている」ことも明確に伝わるので、やってみる価値アリです。

4.あらかじめ彼に伝えて予防を


予防策として、気分がすぐれないなと思った日は、彼の顔を見たらすぐに彼に「気分が悪いから八つ当たりするかも、あんまり話しかけないで」と伝えておきましょう。
「気分が悪い」「そっとしておいて」「話しかけないで」とハッキリ伝えておくことで、彼も自分がどうしておけばいいか明確なので戸惑いがありませんし、万が一八つ当たりされてしまっても、心構えができているのといないのとではかなり違うようです。

■おわり


気分がすぐれないときに、目の前に心を許せる彼氏がいれば八つ当たりしてしまうのは仕方がないのかもしれません。ですが、心を許せる、大切な彼のことを傷つけることは避けたいもの。
イライラしてるなーと思ったら、家じゅうの掃除や細かい作業など没頭できることに集中して、マイナスな感情を心の中で消化できるよう試してみるのもひとつの手ですよ。(mashu/ライター)
(ハウコレ編集部)


【関連記事】
次の恋に進むべき?彼と別れるか迷ったときの「自問自答リスト」
後悔しまくり!女子にきいた「お酒の場でやらかしちゃった経験」
「年を取るのが怖い!」この先の自分を心配してしまう女子の本音とは?
男が別れを切り出しそうな「共通のタイミング」がある 
LINEブロックしてくる男性は「所詮その程度」と思うべき

ハウコレ 01/24

このページのトップへ