「復縁できそうかな…」元彼とよりを戻せるかもしれないパターン4つ



いろいろあって別れることになったけど、未練があって元彼のことが頭から離れないということもあると思います。そんなときに考えるのが、彼との「復縁」ですよね。しかし、復縁は自分の希望だけではかなわないもの。
彼はどう思っているのかを確かめる必要があります。ただやっぱり、面と向かって聞くのは難しい。復縁できるそうかを判断するために、「実際に復縁したパターン」をご紹介します。

1.一時的な感情のケンカ別れだった


「ささいなことでケンカしたとき、彼女が勢いで『別れる!』って言って帰っちゃったことがあります。でも後日、彼女から『別れるって言っちゃったこと後悔してる。ごめんなさい』って言われて、すぐよりを戻しました」(27歳/男性/金融)
ケンカなど、一時的な感情の高まりにより勢いで別れるカップルは、冷静さを取り戻したときに「やってしまった・・・」と後悔することも多いものです。そんなときは、できるだけ早めによりを戻しましょう。対応が遅くなると、修復が手遅れになることもあります。このように冷静さを失っている際の別れは、よりを戻しやすいパターンのひとつでしょう。

2.穏便に別れ、その後は友人として良好な関係


「昔、穏便に別れた彼女と友達としてよく一緒に遊んでいました。でもやっぱり友人関係じゃがまんできなくて、もう一度彼女とやり直そうとして告白したことがあります。そのときは彼女も同じ気持ちだったようで、復縁に成功しました」(24歳/男性/建設)
友人関係が良好ということは、一緒に過ごす時間が楽しいという証拠でもあります。そのため、別れ方が比較的穏便であり、その後の関係も良好であるなら、復縁できる可能性は高いでしょう。ただ、なぜ別れることになったのかという点を考えないと、同じ失敗を繰り返すことになりかねませんので注意してください。

3.男側が別れたくなかった


「彼女にフラれる形で一度別れたんですけど、自分はまだ好きだったので別れたくなかったんですよね。彼女にもう一度振り向いてもらおうと、悪いところを直しながらアプローチを続けていました。そしたらついに思いが叶って、改めて付き合うことができました」(22歳/男性/大学生)
別れに至った理由にかかわらず、女性側が一方的に別れを告げた場合、男性にはまだ未練が残っている可能性が高いと言えます。その後、彼がまだあなたとの積極的に関わろうとしている様子がうかがえるのであれば、復縁するかどうかはあなた次第かもしれません。

4.別れてからしばらくして「変わったな」と感じた


「学生のころに付き合っていた彼女と同窓会で再会したとき、いい意味で変わっていたので、すごく惹かれました。お互いフリーだったのでその後何度かデートして、数年ぶりによりを戻しました」(31歳/男性/自動車)
学生時代と社会人では、さまざまな価値観の変化が起こります。そのため、数年ぶりに合った元恋人が、とても魅力的な人物になっていたということもよくあります。もちろん短時間でも「変わった」と感じれば「今度は上手くいくかも」という気持ちになりますから、復縁の際には「相手に自分が変わったことをアピールする」ことがポイントでしょう。

おわりに


復縁できそうなパターンは把握できましたでしょうか。ただ復縁には成功しても、別れた原因が修正されないままでは結局また別れることになりかねないということに注意してください。そこを改善すれば、次はきっと上手くいくと思います。(水林ゆづる/ライター)
(ハウコレ編集部)


【関連記事】
失恋から立ち直るには「付き合った時間と同じだけの時間」が必要です
「なんであんな男と付き合ったんだろ?」女子が記憶から消し去りたい元カレとは?
過去の恋への未練は、「これからの幸せ」へのパワーの無駄遣い
彼にフラれても「彼はあなたのことが嫌いなわけではない」かもしれない
恋が出来なくなった女子へ。もう一度、トキメキを取り戻そう!

ハウコレ 01/22

このページのトップへ