「息子が友達を作るきっかけになれば」と4年以上も紙袋アートを描き続けるお父さん

紙袋に描かれたアニメ、映画、ゲームなどのキャラクターの画像が『Imgur』で公開されています。投稿主は、カリフォルニア州南部のグレンデール在住のグラフィックアーティスト、ドミニク・カバーロ(Dominick Cabalo)さん。紙袋の正体は、アメリカの子供達が学校にもっていくランチ(お弁当)を入れる“ランチバッグ”(ランチパックではありません)です。

I Arted on my Son’s Lunch Bags – 2017 [リンク]
https://imgur.com/gallery/R4Hls

ドミニクさんが紙袋アートを始めた理由は、恥ずかしがり屋の息子のニコラス(Nicholas)君のことを心配してとのこと。新しい友達を作るには、まずは会話をスタートさせるのが必要不可欠です。そこで、ランチタイムにこれまで話したことのない人と会話を始めるきっかけになればと思い、グラフィックアーティストという職業を活かしてランチバッグにイラストを描くようになったそうです。イラストの対象は、子供達の間で話題になりそうなアニメ、映画、ゲームなどのキャラクターが中心となっています。


ロサンゼルス・ドジャースのクレイトン・カーショウ。


スレンダーマン。


映画『スーサイド・スクワッド』のカタナ。


アフロヘアーのトトロ。


『兎用心棒』。

domnx_art 『Instagram』 [リンク]
https://www.instagram.com/domnx_art/

ドミニクさんはすでに4年以上、紙袋アートを描き続けているとのことで、『Imgur』で公開したのは2017年の作品群。『Instagram』でも膨大な数の紙袋アート作品を公開しています。これまでに描いた紙袋アートの作品数は550を超えているとのことです。

Dad draws artwork on son’s lunch bags to help him socialize(YouTube)
https://youtu.be/olbdQ1NuGPM

昨年、ドミニクさんの紙袋アートは話題となり、地元カリフォルニアを中心にテレビ番組でも何度か取り上げられました。


TV出演時の様子。


https://twitter.com/Thomasintokyo/status/951806403731075072

日本でも、アニメクリエーターのロマン・トマさんが息子の落書きをイラスト化して話題になったことがあります。「お父さんの職業ならでは」という特技を活かして子供とコミュニケーションを取るのは、“いいお父さん”になる第一歩なのでしょうね。

※画像:
https://imgur.com/gallery/R4Hls

※ソース:
https://imgur.com/gallery/R4Hls
https://www.youtube.com/watch?v=olbdQ1NuGPM

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ