美肌になるには日焼け対策が大切

シミやそばかすなど、肌トラブルの原因に紫外線が考えられます。正しい紫外線対策をとれば、肌に受けるダメージを減らすことが可能です。本記事で取り上げる紫外線対策方法は、美肌になるためには欠かせないポイント。また、美容家の近藤さやかさんがオススメする紫外線対策の化粧品もあわせてご紹介します。
[ 目次 ]
日焼けは美肌の大敵美肌になるための紫外線対策方法紫外線対策におすすめの化粧下地まとめ

日焼けは美肌の大敵

そもそも、紫外線を浴びて肌が日焼けしてしまうことは、なぜ美肌を遠ざけるのでしょうか。紫外線を浴びることで、皮膚の内側で「メラニン」という茶色い色素が発生し、このメラニンがシミに大きく関係します。
「メラニン」は体を紫外線から守る役割がある
肌の色が黒くなるということは、メラニンが皮膚内に発生している状態を意味します。紫外線には人間の体に刺激を与えるため、メラニンが紫外線を吸収して体内の細胞を守ろうと働いているのです。
肌の新陳代謝「ターンオーバー)でメラニンは排出されていく紫外線を吸収したメラニンは、老廃物として体から排出されるようになっています。人間の皮膚は新陳代謝である「ターンオーバー)という皮膚が生まれ変わるサイクルがあり、新陳代謝が行われる際に、古い肌とともにメラニンが肌から出ていくのです。
肌に残ってしまったメラニンがシミになってしまう発生したメラニンに対して新陳代謝が追いつかないと、肌にメラニンが残ってしまいます。皮膚下に残留したメラニンがやがて肌に沈着し、シミへと姿を変えてしまうのです。
紫外線を過剰に浴びることでメラニンが大量に生成されます。そこに栄養不足、不規則な生活といったターンオーバーを乱す要素が加わり、残ったメラニンがシミになってしまうのです。
特に顔や頭は他の部位に比べて皮膚が薄く、紫外線を一番に浴びやすいため肌へのダメージがとても大きいです。紫外線対策をおこたると、いつの間にかシミができてしまったということにもなりかねません。


美肌になるための紫外線対策方法

肌トラブルの大敵といえる紫外線。普段から意識して対策をとっている方も多いでしょう。おそらく日焼け止めの使用が大半かもしれませんが、その他にもさまざまな方法で紫外線を浴びる量を減らすことができます。また、日焼け止めの正しい使い方のポイントもまとめています。改めて自分の日焼け対策を見直してみましょう。
たったの3ステップでOK!日焼け止めクリームの正しい使い方紫外線からきちんと肌を守るために、日焼け止めクリームの量や塗り方のポイントを押さえておくことが重要です。とても簡単ですので、ぜひ習慣化させましょう。
ステップ1顔は1円玉くらいの量を5カ所に分散1円玉硬貨ほどの大きさのクリームを手のひらに取ります。クリームを乗せた手とは反対の手の指で、額の中心、鼻、あご、左右のの5カ所にクリームを軽く置きましょう。ステップ2顔のすみずみまでクリームを塗り伸ばしていくおいたクリームをまんべんなく伸ばしていきましょう。肌になじませるイメージを忘れずに。眉間や小鼻などは塗り残しやすい部位なので、意識して塗るようにしましょう。ステップ3同量のクリームをもう一度塗るstep1と2を再度繰り返します。髪の生え際もぬり残しやすい部位なので、しっかりカバーしましょう。顔全体をカバーできる帽子を着用
帽子をかぶって外出することも、紫外線対策として有効な方法です。ただし、UV対策用の帽子を選ばなければ効果は期待できません。体の他の部位に比べて、頭や顔は紫外線を浴びやすい部分です。特に頭皮の細胞の破壊は顔全体のたるみなどにもつながり、肌が衰えやすくなってしまいます。
サングラスをかけて、メラニン発生の指令をストップ
サングラスをかけることで、紫外線から目を守ることができます。しかし、最近では目に紫外線が入りこむとで、肌にシミを発生させてしまうという考えもあります。科学的に実証された情報はありませんが、実践してみる価値はありそうです。
室内にいてもシミはできる!窓ガラスをUVカットガラスに外に出かけなければ、紫外線を気にする必要はないと思うことでしょう。しかし実は、紫外線は室内にも侵入するものなのです。一般的な窓ガラスは紫外線が通り抜けやすくなっており、日差しとともに紫外線が部屋に入ります。紫外線の侵入を防ぐために、窓ガラスを「UVガラス」に変えるとよいでしょう。
UVガラスはガラスの中に紫外線を吸収する素材が入っています。UVガラスがフィルターのような役割になって、室内に侵入する紫外線の量をカットしてくれるのです。日当たりの良し悪しや曇り空ということは関係なく、紫外線は入りこむと考えてください。ぜひ対策方法の1つとして、積極的に検討しましょう。
紫外線対策に適した化粧品でメイクアップ化粧品の中には、紫外線対策に最適なものがあり、化粧品によって日焼け止め効果がどれだけ期待できるかも違っています。どれを選べばいいのか、検討がつかない人もいるでしょう。そこで、次の章で紫外線対策にうってつけの化粧品をご紹介します。おすすめする具体的な理由に加え、使用感もまとめています。


紫外線対策におすすめの化粧下地

化粧下地とは名前からわかるように、メイクをする前に使う化粧品です。クリームタイプ、ジェルタイプなどさまざまな種類があります。紫外線対策にいい、メイクがしやすくなる、だけでなく、美肌のために欠かせない成分が含まれているものもあります。ここでは美容家の近藤さやかさんがオススメする紫外線対策の化粧品を紹介します。
アレルバリア エッセンス BB(d プログラム)
おすすめの理由紫外線、赤外線、大気汚染の3大環境要因から肌を守り、高いスキンケア効果で肌のキメを整えます。さらに、赤みやくすみをしっかりカバーしながらも、みずみずしいなめらかな肌に。紫外線からしっかり肌を守り抜くUV効果だけでなく、さまざまな外的要因からも守り、美容液効果で肌を整えてくれる優しい使用感の化粧下地です。使ってみた感想肌が揺らいでいる時期に使用して、今ではトラブル時に使える私のお守り的な化粧下地。クリアとカラーの2色展開でカラーの方はリキッドファンデーションのようなしっかりとカバー力がありながらも、とても軽いつけ心地が特徴です。化粧下地として使用するのもオススメですが、一本でもきちんとカバーしてくれる優秀なカバー力。リーズナブルな価格で、外部からの刺激からもカバーする肌に優しい優秀な一品です。販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:40mL
SPF40・PA+++
詳しくはこちら
UV エクスペール BB(ランコム)
おすすめの理由独自のUVフィルターが紫外線から肌を守り、抜く「アーバン シールド テクノロジー」を採用。多種類のミネラルピグメントを配合しており、ムラのない輝きのある肌をサポートします。ベースとしてもBBとしても使用できる一品です。使ってみた感想紫外線対策だけでなく、大気汚染や炎症などからも肌を守ってくれる優れもの。グレーに近いカラーの下地は日本では珍しく驚く方もいるかと思いますが、色むらや赤みを隠し、内側から湧き出るようなツヤツヤ肌に仕上げてくれます。また保湿力も高く高SPF値なのにキシキシせず滑らかな使用感が日中も保てるのもオススメです。販売価格(編集部調べ):6,264円(税込)
内容量:30mL
BB 明るくツヤのある仕上がり/ BBナチュラルな仕上がり
SPF50・PA++++
DS UV ディフェンス SPF50 PA++++(キールズ)
おすすめの理由100%の人が「快適な使い心地」と使用テストで評価されたスキンケア感覚の下地。ビタミンEと天然由来成分を配合しており、保湿力が1日中持続。使い続けることでスキンケア効果を実感できるでしょう。合成香料フリー・オイルフリー・着色料フリー・ノンコメドジェニックテスト済みで肌に優しい使い心地の下地です。使ってみた感想SPF50 PA++++でしっかり紫外線をカバーしながらも、まるで乳液のようにしっとりと伸びがよく、ベタつかず、くすみを一掃してくれます。日中のメイクが崩れない点も非常に優秀。オイルフリー、ノンコメドジェニックでニキビができにくい点もよく、刺激を感じやすい私の肌にも敏感肌用のテストを行っていて刺激を感じることなく使える点もオススメです。販売価格(編集部調べ):4,104円(税込)
内容量:30mL
WS ダーム・デフィニション UV ローション SPF50 PA+++(SK-II)
おすすめの理由日中もスキンケアし続ける化粧下地。SPF50 PA+++で肌をしっかり守るのはもちろん、長時間にわたる保湿力で、使い続けることでさらに肌に潤いを与えます。使ってみた感想ぷくっとした下地でこっくりした保湿感があり、圧迫感を感じず心地よい使用感。伸ばすと透明になり上に重ねるファンデーションをピタっと密着させてくれます。紫外線防止効果が高いのでアウトドアなどには必須のアイテムです。販売価格(編集部調べ):10,260円(税込)
内容量:30g
SPF50 PA+++
詳しくはこちら
化粧下地を使う際、必ず洗顔をしっかりと行いましょう。肌の汚れが残っている状態でメイクをすると、肌トラブルを引き起こしやすくなります。洗い残しのない丁寧な洗顔をしてからメイクをすることも、美肌になるための重要なポイントです。


まとめ


美肌になるために、紫外線対策における重要なポイントは次のとおりです。
・日焼けによる肌トラブルは、メラニンの残留が原因
・日焼け止めクリームは正しい量と手順で2度行う
・紫外線対策アイテムに帽子とサングラスは欠かせない
・UVガラスで室内への紫外線侵入を阻止
・紫外線対策に適した化粧下地を使ってメイクする
紫外線は夏に限らず、一年中降り注いでいます。日差しが強い日だけでなく、常に対策を意識するようにしましょう。また、肌に直接塗るクリームや化粧品などで紫外線対策を行う際、場合によっては肌に違和感が生じることもあるかもしれません。化粧品などを使用して問題を感じたら、すみやかに皮膚科を受診しましょう。
(この記事の監修: 美容家・インターナショナルメイクアップアーティスト / 近藤 さやか 先生)
【関連記事】
美白効果のあるおすすめ化粧水5選
すっぴん美肌をつくる毎日のスキンケア方法
美白効果のあるおすすめ化粧水5選
コンシーラーを使った目元のクマのタイプ別の隠し方
美白効果のあるおすすめ化粧水5選

このページのトップへ