冷え性と冷えによる肌のトラブル

冷えてくると、顔色がくすんできたり、カサカサになってしまったりと、肌のトラブルが連動して起こります。多くの人は、冷え性だから仕方ないと諦めているかもしれませんが、その仕組みを理解すれば改善策もはっきりしてきます。


冷えが肌トラブルにつながる理由

素肌は、冬の厳しい環境や、体質によって引き起こされる「冷え」と戦っています。冬は外気が冷たいうえ、体質的に冷え性だと、皮膚表面の温度はなかなか上がりません。すると人間の身体は、生命維持に必要な体幹の温度を守ろうとして、末端の血管を収縮させます。つまり血行が悪化するのです。血行の悪化は乾燥を促進させ、悪循環に陥ります。
血行不良から来る症状血液には、水分や酸素、必要な栄養を、身体の隅々まで行き渡らせる役割があります。つまり、冷えで血管が収縮し血行不良の状態になると、心臓から遠いところほど、必要な栄養が不足するわけです。
栄養不足になった細胞は、働きが鈍くなり、皮膚のターンオーバーを遅らせるので、老廃物が排出されないまま、残り続けるというわけです。顔色がくすんできたり、吹き出物ができやすくなったり日光にあたってもいないのにシミができたりするのは、これが一因と考えられています。
肌の乾燥から来る症状日本の冬はただでさえ空気が乾燥しがちです。多くの水分が身体の外へ蒸発し、体内からの補給も少ないのですから、ダブルパンチになってしまいます。外気にさらされ、心臓からも遠いというハンデを持つ顔や手先が、特にカサカサになってしまうのは、こういった理由があるからです。


冬の素肌を守る対策

カサカサでくすんだ素肌を改善するには、特別な方法は必要ありません。まずは基本を抑えた生活習慣を整えることが肝心です。
乾燥対策のスキンケア皮膚の乾燥を防ぎ、バリア機能を守るためには、クリームなどを使うのが効果的です。予防的に使うのであれば、シンプルなもので構いません。しかし、すでにカサカサになっているなど、何かしらの症状がある場合は、薬効のあるものを選ぶとよいでしょう。
また、水分の蒸発を防ぎ、湿度と温度を保つために、できるだけ露出部を少なくしましょう。マスクや手袋を着けるだけで、しっとり感はまったく違ってきます。
水分を十分に補給冬の脱水症状が問題化したように、のどが渇いていなくても、定期的に水分を摂取することは、たいへん重要です。身体を冷やさないよう、温かくした飲み物を手元に置いておき、少しずつこまめに飲むようにしましょう。アルコールは飲んだ水分よりも多くを排出してしまうので、なるべく控えるようにしてください。
また、塩分の摂りすぎにも注意しましょう。塩分は身体のバランスに不可欠ですが、水分を抱えこむ性質があるため、摂れば摂るほど水分不足になりがちです。さらに、むくみなどにもつながりますので、摂りすぎは美容の大敵といっても過言ではありません。
お風呂でケア外が寒いからと、湯船の温度を上げすぎるのも感心しません。皮膚のバリア機能を壊すことにつながり、悪循環になるので、風呂のお湯はなるべくぬるめにして、その代わりゆっくりとつかるようにしてください。
食事と運動もしっかり身体の熱を発生させているのは筋肉です。したがって、筋肉の量が少ないと、発熱量も少なくなります。そうすると、熱が身体の末端まで行き渡らず、手足や顔が冷えてしまうのです。男性より女性に冷え性が多く見られるのは、これが一つの原因となっています。つまり冷え性を根本から解決するには、結局は体質の改善が近道ということです。
まずは、筋肉の材料になるタンパク質を十分に摂るようにしましょう。そして、食べて運動したらしっかり休むことが大切です。
漢方薬を使う体質を改善したいときは、漢方薬も有力な選択肢の一つです。自分の体質に合ったものを医師に相談してみましょう。
(この記事の監修: めじろミサクリニック 院長 / 山川美佐 先生)
【関連記事】
冷えは睡眠の質を下げる!寝るときの冷え対策
冷え性の種類と原因とは?自宅でできる冷え性対策
食べ物で冷え性を改善!体をあたためる食事とは
食べ物で冷え性を改善!体をあたためる食事とは
冷えは睡眠の質を下げる!寝るときの冷え対策

このページのトップへ