彼との幸せは「当たり前」?なんだかギクシャクしているときに考えてほしいこと



付き合っている彼のことは好きだけど、最近正直、仲がうまくいっているとは言いがたい・・・なんて状況に陥っていませんか?気がつけば笑顔でいる時間より、言い合っているときやのほうが多いような・・・。
そこで今回は、そんなケンカが多いみなさんに、してほしいことをまとめてみました!

●確認をマメにする


ケンカの原因のひとつに、「思い込み」があげられます。
「○○してくれると思っていたのに!」「言わなくてもわかるだろ!」「前も言ったじゃない!」
なんてセリフが飛び交っていませんか?たしかに、わざわざ言わなくてもわかってほしいことや、やってほしいことはありますし、ある程度付き合っているなら、なおさらのことかもしれません。それでも、彼氏とあなたの認識や、物事の重要度が同じであるとは限りません。
そんなときには、なにが大切で、どんなことを共有したいのか。その都度、確認してみてはいかがでしょう?付き合いが長いからこそ、お互い見逃していることが増えてきているのかもしれません。

●言いたいことを紙に書きだす


感情的になると、内容が正しかったとしても、それを攻撃的にぶつけてしまいがちです。わかってほしいという気持ちが強いと、ストレートに相手にぶつけたくなってしまいますよね。
しかし、いくら自分の気持ちが強くても、彼の心が受け入れてくれないと、結局なにも変わりません。
そんなときには、彼が受け取りやすいよう、あなたの感情を書きだしてみませんか?こうすることで、自分の気持ち・相手の気持ちを客観的に見ることができ、冷静に判断することができます。
「なんで!」「最悪!」なんて思っていた感情も、一度冷静になれれば、どうってことないかもしれません。

●昔の思い出を語る


付き合っている間に、ふたりは変わってしまったのでしょうか?たいていの場合、愛が冷めたというより、「愛に慣れてしまった」というケースが多いもの。長く一緒にいるからこそ、一番近くにあるものが、当たり前になってしまっているのです。
付き合う前や付き合いたての頃など、ふたりで昔の思い出話をしてみてはいかがでしょう?改まってというより、穏やかなちょっとした時間に話してみるのがおすすめ。
お互い当時は、もっと好きになってもらいたい気持ちでいっぱいだったはず。そんな昔の思い出話をすれば、目の前にいる相手が、かけがえのない人だと再確認できるはずですよ。

●「ありがとう」を2倍に増やす


好きな気持ちと同じく、当たり前にしたくないのが、「感謝の気持ち」です。付き合いたての頃は、夜に何度も思い出すくらい嬉しかったことも、いまでは「やってくれて当たり前」になっていませんか?
たしかに、相手に対して「当たり前にしてあげる」、というのも愛の形のひとつかもしれません。でも、それは「やる側」のお話。優しさや気遣いを受け取る側は、いつだって特別なものとして受け取る必要があるのです。
そこでおすすめなのが、「ありがとう」を2倍に増やすこと。これを目標にすると、自然と「してもらったこと」を探すようになり、彼のやさしさにたくさん気づくことができます。
感謝される彼ももちろん嬉しいですし、ありがとうの言葉は、あなた自身のことも幸せにしてくれるはずですよ!

●おわりに



片思いや付き合いたての頃は、すべてが「好き!」と思えるもの。ですので、時が経って、冷静になり、短所が見えてきたところで、本当の愛が試されます。
みなさんも、もう一度、基本的な、「好き」「大切」「ありがとう」を増やして、ふたりの関係を見つめ直してみてはいかがでしょう?(織留有沙/ライター)
(ハウコレ編集部)(yuzuyuzu@yu1zu/モデル)(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)


【関連記事】
彼も思わずメロメロに!「キスする時」の+1テクニック
男性に聞いた「俺って愛されてるなあ」と感じた彼女のしぐさ
長続きするカップルは「未来と過去」の話をしている
正直めんどくさい!カレが「全く癒されない」彼女のLINE
今カノが元カノの存在を超えた瞬間って?

ハウコレ 10/12

このページのトップへ