彼に愛情を伝えてこそ、「この子と付き合って幸せ」と感じる彼女になる



付き合った以上、お互いに愛情や幸せを感じられる関係になりたいですよね。そこで今回は、「この子と付き合って、本当に幸せだ」と彼に感じさせる、とっておきのセリフをご紹介していきましょう。
あなたに愛されていることを感じてもらえれば、彼自身も、きちんと気持ちを返してくれるはず。どれも日常的に使えるセリフばかりなので、効果的に使って彼をキュンキュンさせちゃいましょう!

●「一緒に食べるとおいしい」


楽しい気持ちで食事できる相手は、男女限らず大切に思えるもの。一緒に食事をとると、親近感・一体感を高めることができます。デートでご飯にいったときは、彼との会話を楽しむのはもちろんのこと、「おいしいね」もしっかり伝えることを心がけましょう。
さらに「(あなたと)一緒に食べるとおいしい」と付け加えることができれば、さらに効果的。おいしいものを共感できる喜びを、あえて口に出す。当たり前のようなことですが、これができるかできないかは大きな差になりますよ!

●「○○なところが好き」


付き合いが長くなってくると、相手の長所について、あえて触れるということも少なくなりますよね。ですので、ここはあえて口に出して言うことを意識してみましょう。
「私にすごく優しいところが好き」「さりげなく見える男らしい部分が好き」「寂しい思いをさせないよう、マメに連絡をくれるところが好き」「仕事に一生懸命な姿が大好き」
「自分の彼氏は、どんなところが魅力?どんなところに『好き』と感じる?」と考えると、彼を喜ばせられるだけでなく、彼への気持ちを再認識できる効果もありますよ。

●「今日もありがとう」


お礼の言葉、挨拶などを自然にできる子は、当たり前にように感じますが、素敵です。付き合いが長くなると、ついおろそかになってしまいがちですが、とくに、デートの帰りの「ありがとう」は必須です。
「送ってくれていつもありがとう」「デートに連れて行ってくれてありがとう」「美味しいご飯をご馳走してくれてありがとう」「私に素敵な時間をくれてありがとう」
できればひとつひとつ伝えるのがベストですが、ちょっとしつこいかも?言いにくい場合には、まとめて「今日もありがとう」でもOK。毎回別れ際に言う癖をつけてみましょう。

●照れくさそうに「・・・すき」


彼氏にしか見せない恥ずかしそうな顔、照れている顔は、彼の心を揺さぶります。「すき」という言葉は軽く多用するより、ここぞというときにとっておいて使う方が、何倍も威力を発揮します。
互いに忙しくて、久しぶりに合えたとき。またロマンティックなデートの帰り際などを狙って言ってみましょう。女の子らしさをアピールできる上目づかいと、恥ずかし気な表情、そして照れながら、「・・・すき」と言えば、彼もキュンキュン。言葉以上の思いを伝えられるはずです。


●おわりに



電話やLINEでも、これらのセリフを使えば、会えない日でも、お互いに愛情を感じられるカップルになれます。
彼氏に「こうしてほしい」「ああしてほしい」と要求ばかりするのではなく、「この子と付き合ってよかった」と思われるには、自分自身も彼に「あなたと付き合ってよかった」という想いを伝えなければいけません。
思いやりの気持ちを持って接すれば、きっと彼も、あなたを愛さずにはいられないはずです。(織留有沙/ライター)
(ハウコレ編集部)(あかねぴ@akanepi0426/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)


【関連記事】
「好き」以上に愛が伝わる彼女のセリフ
お金じゃないのよ。NOリッチな彼氏が大好きな彼女にあげたくなるもの
女性より「あっさり」好み。男性にとっての理想のカップルとは
ケンカは事前に防止せよ!イライラを産まない「彼とのコミュニケーション」
「彼女大好き男子」の彼女と会えない日の過ごし方

ハウコレ 10/08

このページのトップへ