お受験スーツを選ぶポイントは? 着こなしルール&おすすめブランドを紹介

これからお受験を控えている家庭では、受験用のスーツを準備する方もいるでしょう。しかし、どんな色や形がお受験に適しているのか、迷ってしまいますよね。そこで、お受験スーツを選ぶポイントを紹介します。色だけでなく素材や形、着こなしにも注意が必要です。
お受験スーツを選ぶ5つのルールとは

お受験スーツには、最低限取り入れたいルールがあります。これだけ抑えておけば、失敗が少ないというルールをチェックしておきましょう。
紺色が最適
お受験の服装で合否がわかれてしまうことはありませんが、相手にとって失礼がない服装が基本です。紺色は清楚な印象を持ちながら、きちんとした印象もあるため、お受験スーツにおすすめします。幼稚園や小学校で指定がある場合は紺色が多いです。
適切なスカートの長さを選ぼう
スカート丈は座ったときに、膝が見えない丈を選んでください。室内履きでも足がスッキリと見えます。立ったときに膝より少し長めの丈を選んでおくと、座ったときの印象がよくなります。
高級感を与える形が理想
上質な雰囲気が出やすい、アンサンブルのジャケットスタイルが基本です。主役は子供のため、派手過ぎず清楚な印象を与えるものを選びましょう。
シワのできにくい素材がおすすめ
お受験では座ったり立ったりする機会が多く、シワにならない上質なウール素材がおすすめです。ウールは夏に涼しく、冬に温かく着ることができ、1年中使いまわせる素材です。化繊入りのものを選ぶなら、ウール×ポリエステルか、ポリエステル100%がシワになりません。
襟がある方が印象良し
形はシングルジャケットのアンサンブルを選ぶとよいでしょう。清楚な印象にする場合は、ノーカラージャケットを選ぶ方法もあります。襟があると印象が良く、襟は丸みのあるタイプを選ぶと優しい雰囲気になります。
スーツ以外にも注意点が

お受験はスーツ以外にも、髪型や小物などの統一感を持たせる必要があります。バラバラに購入してしまうと、テイストが変わりチグハグに見えることもあるため注意してください。
服装の統一性
お受験スーツを選ぶときには、あくまで子どもが主役であることを忘れないようにしましょう。しかし、面接の際にチェックされるコーディネートのポイントは、パパとママのバランスです。両親の雰囲気があまりにバラバラだと、そのせいで子どもが目立たず、印象が薄くなってしまうかもしれません。パパもママも、上品で誠実な印象で揃えましょう。
髪型と色には注意
髪型は清楚な雰囲気にすることが重要です。ダウンヘアでもアップヘアでも、顔周りをスッキリとまとめるようにしましょう。セミロングやロングの方はハーフアップにしてから毛先を軽く巻くと優しい印象になります。1本結びの場合は地味になり過ぎないよう、ブラックのシュシュを付けるのがおすすめです。

髪色は黒が望ましいでしょう。派手な髪色や髪型は注意が必要です。ヘアカラーをしている方は、お受験用にカラーダウンすると印象が良くなります。

サブバックがあると便利
お受験当日には書類などを入れるサブバッグがあると便利です。床置きしたときに自立すると、中の物が崩れません。
服装に合うスリッパを持参
スリッパはお受験スーツに合わせて、黒を選びます。かかとが多少高いほうがスッキリして見えますが、高すぎると音が出やすいため注意が必要です。合わせてスリッパを入れる袋も同時に用意しておきましょう。

スリッパは幼稚園や学校訪問でも今後使いますから、履きやすいデザインを選んでください。

お受験に適したスーツおすすめ

お受験スーツの選び方を参考にしながら、実際に購入できるお店を比較してみましょう。買える場所やレンタルの方法を紹介します。
どこでお受験スーツを購入できるの?
お受験スーツの購入先は、デパート、ネットショップなどがあります。着た印象もわかりやすいため、試着できるデパートが最適です。デパートでは事前にお受験用スーツカタログを配布してくれるところがあるため、確認しておいてください。

デパートで取り扱う有名ブランドは、ネットショップにも対応しています。お近くのお店で試着してから、お気に入りの洋服をネットショップで買う方法もおすすめです。お受験スーツを取り扱うデパートは、三越や高島屋などです。

お受験スーツおすすめブランドとは
ママ用のお受験ブランドとして人気なのが、デパートでも取り扱う、「FOXEY(フォクシー)」や「Reflect(リフレクト)」、「ミスアシダ」などがあります。子供ブランドとして人気が高いのが、「ファミリア」や「ミルフィーユです。
お受験スーツがレンタルできる?
お受験スーツは高級ブランドだと10万円近くするものもありますから、レンタルの利用も検討してみましょう。レンタルでは安価なものでは5,000円くらいから、ブランドスーツでも1万円台くらいから利用できます。
まとめ

お受験を控えている方は、お受験スーツの情報をチェックしながら、最適な商品を選ぶようにしましょう。スーツはパパ・ママ・子供用を全て揃えると費用がかかるため、レンタルを上手く利用するのもおすすめです。小物の準備もありますから、賢く選ぶことができるといいですね。

関連リンク
韓国の子供服がプチプラでかわいい! おすすめ人気サイト | マイナビウーマン子育て
夫がブラックリストに載ってる!? 家族への影響は?ローンは組める? | マイナビウーマン
【医師監修】自閉症の子は表情や仕草でわかる? 主な症状・特徴とは | マイナビウーマン

このページのトップへ