テーマはSTEM Amazonが『知育・学習玩具大賞2017』を発表

Amazon.co.jp(以下Amazon)は10月6日、子供の知的発達と好奇心を刺激するおもちゃを選定する『Amazon 知育・学習玩具大賞2017』を発表しました。

『Amazon 知育・学習玩具大賞』は、Amazonで販売している国内外の数万点の知育・学習玩具から、Amazonのカスタマーレビューと脳研究、情操教育、プログラミングの分野で深い見識を持つ専門家の意見を基に選定。今回は事前に行った調査を参考に、テーマを“STEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)”に設定した部門賞を新設しています。

審査員は東京大学薬学部教授の池谷裕二氏、NPO法人CANVAS理事長の石戸奈々子氏、NPO法人みんなのコード代表理事の利根川裕太氏が担当。知育・学習玩具大賞、部門賞(プログラミング、ロボット、算数・数学)、審査員特別賞、Amazon特別賞が選出されました。

知育・学習玩具大賞:『ローリーズストーリーキューブス 冒険』(The Creativity Hub)

部門賞 プログラミング:『プリモトイズ キュベット』(プリモトイズ)

部門賞 ロボット:『BOCCO』(ユカイ工学)>

部門賞 算数・数学:『高学年の小学生ピタゴラス』(ピープル)

審査員特別賞:『ブロクセル』(マテル)

審査員特別賞:『KOOV』(ソニー)

審査員特別賞:『Gravity Maze』(CAST Japan)

Amazon特別賞:『COZMO』(タカラトミー)

Amazon特別賞:『チューブロック』(チューブロック)

受賞製品の詳しい情報は、Amazonの特集ページに掲載されています。

Amazon.co.jp: Amazon知育・学習玩具大賞: おもちゃ
http://www.amazon.co.jp/chiiku1

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ