【動画】『ジャスティス・リーグ』2大超人のキャスティング秘話 もちろんアクアマンとサイボーグね!

元祖アメコミ界の超人チームが遂に本格始動! 11 月23 日(木・祝)に映画『ジャスティス・リーグ』が日本公開を迎える。サクッと説明しておくと、正義の象徴スーパーマンが死んだ(?)世界でバットマンが超人スカウトマンとなり、来たる脅威に備えて最強のヒーローチームを結成する物語だ。

否が応でもワクワクするこのビッグプロジェクトにおいて、未だ情報が少ないのがアクアマンサイボーグ(名前だけでも覚えて帰ってね)。それぞれのキャラクターを演じたジェイソン・モモアレイ・フィッシャーが、オファーを受けた瞬間の秘話を明かす映像が到着した。

荒ぶる海の王“アクアマン”

アクアマンが思考停止!? ジェイソン・モモア「コミコン」映像(YouTube)
https://youtu.be/X7jntVxbM40

アクアマンは、海底王国アトランティスの王で、スーパーマンやワンダーウーマンにも匹敵する怪力の持ち主。水を自在に操り、魚と会話することもできる。人間として暮らしていたこともあり、海洋を破壊する陸の民と、それに反発するアトランティスの民との間で板挟みになることもあるのだが、映画ではどのように描かれるのだろうか。

ジェイソン・モモアは、監督のオフィスでアクアマン役のオファーを受けたそうで、「突然言われてフリーズしちゃったよ。人生で一番ぶちアガった瞬間さ」と告白。ワイルドな風貌の大男がニッコニコの笑顔で語る姿が非常にかわいらしい。トレードマークであるトライデント(槍)でエアギターを披露するお茶目な一幕も。

全身デジタルデバイス“サイボーグ”

サイボーグが叫んだ! レイ・フィッシャー「コミコン」映像(YouTube)
https://youtu.be/mlJdvacPcuQ

一方のサイボーグは、不慮の事故で一度は死にかけたものの、ほぼ全身が機械となって蘇った元アスリート。世界中のありとあらゆるデタル情報にハッキングできるという、面接官ウケの良さそうな能力を持っている。こちらもパワー系かと思いきや、痒い所に手が届く系のキャラクターです。

オーディションに落ちたと思っていたと語るレイ・フィッシャーは、合格を耳にした瞬間に「衝撃のあまり叫んじゃったよ!」と明かす。そりゃ、「ウワアァァァァァ!」って絶叫しちゃうよね。

さらにフィッシャーはジャスティス・リーグのメンバーに関して、「それぞれ問題を抱えるキャラクターが集まって、力を合わせて世界を救うところがこの映画のすばらしいところだ。みんな家族や感情的な問題があって、みんなもだれかに共通点を見つけて慰められると思う」と語っている。

バットマンやワンダーウーマン、テレビシリーズも好調のフラッシュに注目がいきがちだが、是非ともアクアマンとサイボーグの新情報にもアンテナを張り巡らせてほしい!

映画『ジャスティス・リーグ』公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/justiceleaguejp/

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ