【インドネシア・コーヒーの旅】コーヒー農場までの凸凹山道で『GoPro HERO5 Black』&『Karma Grip』のスタビライザー性能を検証

キーコーヒーの看板ブランドとしておなじみ、『トアルコ トラジャ』コーヒーの産地を見て回るプレスツアーに参加したガジェット通信。コーヒーの収穫や生産、流通の現場を紹介してきましたが、ツアーの行程で訪れたジャカルタ・マカッサル・トラジャの街ネタのレポートをお届けしていきます。

【インドネシア・コーヒーの旅】記事一覧

スラウェシ島のトラジャにある『トアルコ トラジャ』のコーヒー農場。その農場は、トラジャの観光の中心となるランテパオの街からジープに揺られて約1時間の山の中にあります。道中はけっこうな凸凹道を進むのですが、車中の揺れ具合を『GoPro HERO5 Black』で撮影してみることにしました。

『GoPro HERO5 Black』自体にも電子式手ブレ補正機能があるのですが、それでも映像が揺れるほどの凸凹道。後部座席では天井に頭をぶつけることがあるぐらいなのです。

『GoPro』をマウントできる専用スタビライザー『Karma Grip』を使って撮影してみました。その驚異的な手ブレ補正機能は、動画で是非確認してみてください。

コーヒー農場への凸凹山道でGoPro HERO5 Black & Karma Gripのスタビライザー性能を検証(YouTube)
https://youtu.be/D7btRS5v3ss

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ