Googleがスマートスピーカー『Google Home』と『Google Home Mini』の国内発売で発表会を開催

Google は、スマートスピーカー『Google Home』と『Google Home Mini』の国内発売を発表しました。『Google Home』は10月6日から発売。『Google home Mini』は10月6日から予約受付を開始し、10月23日から『Google Store』などで販売を開始します。

『Google Home』は、音声アシスタント『Google アシスタント』を搭載、音声で動作するスマートスピーカー。「OK Google」と声をかけると、知りたいことを調べたり音楽をかけるなどの操作が可能。

『Google Home』は高出力スピーカーを内蔵し、クリアな高音と重低音の再生が可能なHi-Fiサウンドが特徴。高性能マイクと音声認識技術により、少し離れた場所でも声の聞き取りが可能。デザインはシンプルで、基本のファブリック製スレートは、別売りの3色のベースに交換ができます。

『Google Home Mini』は丸みを帯びたデザインで、コンパクトなサイズの製品。チョーク、チャコール、コーラルの3色をラインアップします。

調べ物をしたり、ちょっとしたタスクを手伝う用途を想定。発表会でのデモでは朝、キッチンでその日の天気や職場までの経路、所要時間、その日の予定を確認したり、最新のニュースとしてNHKラジオニュースを聞いたり、ザッパラスが提供する占いコンテンツでその日の星占いを聞いたりする利用方法を披露。

「楽天レシピと話す」と呼びかけて起動したサービスに必要な材料を告げると、レシピを提案してメールで送ってくれるというデモも。こちらは、外部サービスと連携する“Actions on Google”という機能を利用したもの。日本語版は数週間後にリリースされるとのこと。

最大6人のアカウントを1台のスマートスピーカーに登録でき、ユーザーそれぞれの声を聞き分ける“ボイスマッチ”機能が利用可能。「今日の予定を教えて」と聞いた場合、声を認識してそのユーザーの予定を回答します。

対応するスマートデバイスと接続することにより、照明など宅内の機器を音声操作できるようになります。『Chromecast』と組み合わせることで、『YouTube』『Netflix』のコンテンツをテレビにキャストして楽しむことが可能。

もちろん、音楽を再生するスピーカーとしても利用可能。『Google Play Music』や『Spotify』からお気に入りの楽曲や自分のプレイリストを再生できるほか、『Chromecast』対応の音楽・音声コンテンツをストリーミングして再生が可能。

発表会では、リビングのテレビで『Chromecast』経由で『Netflix』を再生したり、照明のON/OFFをする操作、2人のユーザーそれぞれの声を聞き分けて予定を回答するデモなどが披露されました。

本日付で発表されたパートナーは下記のとおり。10月6日以降順次、『Google Home』からサービスが利用可能になるものとみられます。

・音楽や動画コンテンツを楽しむ

うたパス・ビデオパス(KDDI)
Google Play Music(Google)
Spotify(スポティファイジャパン)
Netflix(Netflix)
ラジコ(radiko)
YouTube(Google)

・ニュースや情報を聞く

朝日新聞アルキキ(朝日新聞社)
NHKラジオニュース(日本放送協会)
公式ITニュース(Voicy)
J-WAVE TOKIO HOT 100(J-WAVE)
スポニチ(スポーツニッポン新聞社)
TBSラジオ(TBSラジオ)
日経電子版NEWS(日本経済新聞社)
ニッポン放送(ニッポン放送)
毎日新聞(毎日新聞社)
ラジオクラウド(博報堂DYメディアパートナーズ)
ラジオNIKKEI(日経ラジオ社)

・スマートホーム

au Home(KDDI)
インテリジェントホーム(イッツ・コミュニケーション)
ダイワハウス(大和ハウス工業)
フィリップスHue(フィリップス ライティング ジャパン)
Roomba(アイロボットジャパン)

・Actions on Google 対応予定のサービス

Ameba(サイバーエージェント)
SUUMO(リクルート住まいカンパニー)
食べログ(カカクコム)
トクバイ(トクバイ)
なみある?(サイバード)
日本史語呂合わせ、絶対音感オーケストラ(WHITE)
ベストティーチャー(ベストティーチャー)
ホットペッパーグルメ(リクルートライフスタイル)
Yahoo! MAP(ヤフー)
楽天レシピ(楽天)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ